スマホニュース

折りたたみスマホってどんなの?ファーウェイとサムスンが発表したが日本では発売されるのか?

投稿日:

たくさんのスマートフォンが販売される中、折りたたみスマホが続々と発表されています。

2019年のITトレンドとなりつつある、折りたたみスマホとは一体なんでしょうか。

スマホ市場に、新たな風が吹き込む予感がします。

モバイル業界ではインパクト大のホットな話題について、今日は話していきます。

折りたたみスマホってどんなの?

現在、最も注目されているのが折りたたむことが出来るスマートフォンです。

折りたたみスマホ=フォルダブル(Foldable)スマホと言われており、

その名の通り、折りたたみができると言う意味です。

フォルダブル端末は、フレキシブルディスプレイを採用することで折りたたみが可能となります。

二枚のパネルを合わせて折りたたむのではなく、一枚のパネルを曲げて折りたたみます。

曲げることができる有機ELのディスプレイの特性を活かして、

大画面のスマホをコンパクトに持ち運びできできるようになります。

本のように開いた状態はタブレットのように、閉じた状態はスマホとして利用することが可能です。

ポケットに入れたり片手で操作ができるのは、魅力的です。

また、複数のアプリを同時に起動して使用できるのも嬉しいです。

長時間スマホを利用することが増え、小さい画面で操作するのが不便に感じるようになってきた中で、

このような開発を多くの人が喜んだことでしょう。

タブレットとスマホを二台持ちしていた人も、一台で済むようになります。

ただ、現実的に何十万回、何百万回と折りたたんでも故障することなく問題なく使えるようになるのは、もっと先かもしれません。

折りたたむことにより、どうしても画面に折り曲がった跡がついてしまうのではないかとの懸念もあります。

つい最近、SamsungやHUAWEIが折りたたみスマホを発表したことで盛り上がりはありますが、

もっともっと技術が進歩するまで、購入は待った方が良いかもしれません。

大部分が画面なので電池消費も激しそうですし、厚みや重みもありそうです。

今ではハイスペックなスマホも、販売当初は不具合が多かったり

優れている部分が少なかったので、それと同じですね。

時代が進めば進むほど、良いものがでてきます。

発表された折りたたみスマホ

MWC19 Barcelonaのイベントで展示され、注目を浴びた折りたたみスマホとは、一体どのようなものだったのでしょうか。

SamsungからGalaxy Fold

7.3インチ有機ELのInfinity Flex Displayを内側に折りたたむことのできるスマホが、「Galaxy Fold」です。

折りたたむと4.6インチになります。

Samsungの最新技術を用いて、何十万回でも折りたたむことができる耐久性を備えたスマホができました。

チップはSnapdragon 855、ROM512GB、RAM12GB、バッテリー容量4,380mhA、

解像度1,536×2,152ピクセル、Android Pieを搭載しています。

メインカメラはトリプルカメラであり、広角・望遠・超広角が1.2M・1.2M・1.6Mとなっています。

そのほかにも、3つのカメラが搭載されています。

レンズが6つ搭載されているのは、今までのスマホとはレベルが違いますね。

カラーバリエーションは、ブラック・シルバー・グリーン・ブルーの4色と豊富です。

あまり詳しいことは、まだ発表していません。

HUAWEIからHUAWEI Mate X

8インチのディスプレイを外側に山折にして折りたたむことができるスマホが、HUAWEI Mate Xです。

折りたたむと6.6インチとなり、厚さは11mmです。

伸縮可能なヒンジと折り曲げ可能な有機ELを採用しており、

開いた状態でも閉じた状態でもディスプレイを操作することができ多くの場面で活用できます。

カメラは、4つ付いているLeica製を採用しています。

7nmプロセス製造のHiSilicon Kirin 980のチップ、RAM8GB、ROM512GB、

バッテリー容量4,500mAh、電源ボタンに指紋センサーが埋め込まれています。

こちらも、詳しいことはまだわかっていません。

日本では発売されるのか?価格は?

2019年の春にGalaxyが、中盤あたりにHUAWEIが世界で発売予定ですが、

日本での発売はまだ未定です。

そして、驚くのが価格です。

Galaxy Foldが1,980ドル(約22万円)、HUAWEI Mate Xが2,299ユーロ(約29万円)とスマホにしては

かなり高額設定となっています。

パソコンやスマホとタブレットの二台購入をしても、この金額にはならないでしょう。

誰でも簡単に手に入るようになるのは、もっと先となるでしょう。

画面を折り曲げると言う技術を実現させるために、コストがかかりすぎています。

Galaxy Foldは最近日本語サイトが公開されたことで、国内発売も期待されています。

5Gに対応か

折りたたみスマートフォンが話題になっている理由の1つとしてあげられるのは、

第5世代移動通信の「5G」に対応するかもしれないからです。

5Gの特徴として、超高速・大容量・低遅延・多接続・高信頼などがあります。

5Gは現在の4Gよりも通信速度は約100倍、通信容量は約1,000倍で大容量のデータ通信が可能とされており、

これまで以上にストレスなく安定して、大画面でインターネット閲覧を楽しめます。

日常生活をさらに便利に、サービスが向上出来るように期待されています。

AI・IoT・スマートカー・ロボット・VRなどが大きく進化して、私たちの生活に必要不可欠になっていきます。

5Gと家電の連携で、快適に生活できる日が来るのでしょう。

5Gが普及していくのは、2019年末から2020年にかけてと言われています。

オリンピックが始まる前に、商用化を目指してキャリアは取り組んでいきます。

さいごに

携帯電話は二つ折りのガラケーから始まり、

現在では一枚板のスマホが主流となりました。

それがまた進化した形で、また二つ折りに戻ろうとしています。

ここ数年、どのスマホも同じ形をしており利用者は飽きつつあります。

新たなモデルの登場は、多くの人の気をひくでしょう。

しかし、価格が高いので簡単に手を出せる商品ではなさそうです。

フォルダブル端末と5Gは、多くの可能性を秘めており、

私たちの生活に大きく影響するでしょう。

数年後には、折りたたみスマホが主流となっているのでしょうか。

楽しみです!

-スマホニュース
-, ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.