3月に入ってお得なものが多いな~なんて思っていたのに!
4月からは悲しみの値上げ・・・

ということで、3月は本当にお得な月ということが露呈しました。
といってももう残すは3日!そう!タイムリミットは3日!

4月1日から機種代が~!ということで、4月1日からの機種代金についてを書きますね。

もう変わるのは元号くらいでいいいよ・・・

docomo withも終わっちゃうし、ということでいろいろとどんなタイミングで購入すれば?ということに関しては以下で詳しく触れていますのでご覧ください。
(詳しくはこちらの記事を参考にしてください
docomowithと月々サポートが終了。機種変更は価格改定後まで待つべきか?

4月1日からの機種代金改定内容

iPhone XS / XS Max

まずはiPhone XSとXS Maxから。
これまでも高額といえば高額だったのですが、端末購入サポートになっていた分、
割賦契約が10万越えしない点や、値引きされた金額そのものを24分割にできたところは
やはり購入側としての負担感が少なかったのですが
4月1日からはMNPと新規が端末サポートだったものが月々サポートに変わります。

金額としては変わりません。ただ、元値の割賦契約になるため、審査に通るかな~なんて不安を持つ人は多そうですね。

MNP/新規が端サポから月サポへ 64GB 256GB 512GB
iPhone XS 69.984円 88.128円 112.752円
iPhone XS Max 82.944円 101088円 125.712円

まだまだ金額としては高いのは否めませんが、それだけハイスペックなので仕方ないとしても
やはり総額からの割賦するくらいなら、端末購入サポートからの割賦契約の方が良いですよね~

ちなみに現行、機種変更は月々サポートで金額の変更はありません。

iPhone XR

続いてXR
XRは結構早い段階で値引きが大きくなったり、端末購入サポートに切り替わったことで
XRを選択する人も多かったのではないでしょうか。

今回変わる部分は、MNPの項目。NPが端末購入サポートだったのが月々サポートに切り替わります。

MNP端サポから月サポへ 64GB 128GB 256GB
iPhone XR 31.104円 37.584円 49.248円

こちらもこれ以外の機種変更や新規契約に関しては内容は変わりません。
新規に関しては端末購入サポートが継続されることになっています。
機種変更はこれまでもこれからも月々サポートのままとなります。

iPhone 8

iPhone8は売れ行きいいみたいですね~
物理ボタンのあるアイフォンだし、価格的にも安いので今が買い!なわけですが
そう、それもそのはず、これまで端末購入サポートで10368円という格安でした。

それが4月からは月々サポートに変わります

4月~ MNP端サポ FOMA→Xi(月サポ) Xi→Xi(月サポ) 新規(月サポ)
iPhone8 10.368円 10.368円 19.440円 19.440円

ただし、MNPに関してはまだ端末購入サポートのままでいくことができます。
MNPならお得なまま機種変更することができます。

Google pixel3 / 3XL

グーグルピクセルも現状、端末サポートで非常にお買い得なんですよね。
それが4月1日からは月々サポートに切り替わってしまいます。

3月31日まで 4月1日から
Google Pixcel3 端サポ32.400円 月サポ32.400円
Google Pixcel3 XL 端サポ65.448円 月サポ65.448円

元値が9.8万、XLは12.2万ということでかなり高額なんですよね。
高額な分、割賦契約に踏み切るのがちょっと・・・という人も、端末サポートでかなり良かったのですが
これがまた月々サポートに切り替わる、ということで
負債少なく済ませたい人には端末サポートの今がおすすめとなります。

その他アンドロイド

他にもアンドロイドがかなり変わってきます。

4月1日からの価格となります。

4月1日~ MNP端サポ 新規・機種変更(月サポ)
Galaxy S9+ 37.584円 44.064円
AQUOS R2 22.032円 28.512円
Xperia XZ2 Premium 40.176円 46.656円

まずはざっと3機種。
こちらはMNPは現行そのまま端末購入サポートですが、その他新規、機種変更に関しては月々サポートになります。
まぁ元々XiからXiに関しては月々サポートではありましたが、FOMAからXiや新規は端末購入サポートだったので
FOMAからの切り替えや新規の人は今契約するのが一番賢いかと思います。

他の機種も以下のようになります。

3月31日まで 4月1日から
arrows NX 端サポ648円 月サポ648円
M Z 01-K 端サポ648円 月サポ648円
V30+ 端サポ5832円 月サポ5832円

続いてこちらは648円端末。一括での金額なので相当安いので話題となりました。
これはこのままいくのかな~と思ったら月々サポートの切り替えに・・・

そうか~

一括648円と、総額を割賦契約して実施負担金が648円ではかなり違います。
648円なんてすぐ支払えちゃう金額なので、しかもそれぽっきりで残債が発生しないので
どんな端末でもいいから負債なく済ませたい人には絶対的におすすめ。

といえど、この紹介している端末、どれもいい端末。安いからってスペックが悪いとか使えないということは全くない。
これこそ目玉商品として紹介していた機種なのですから、迷っているのならこの3月中に機種変更しないと、って感じですね。

4月1日からは以下のようになります。

4月1日~ MNP端サポ 新規 (月サポ) FOMA→Xi(月サポ) Xi→Xi(月サポ)
Xperia XZ2 Compact 10.368円 10.368円 10.368円 10.368円

続いてXperia XZ2 Compact
こちらは端末サポートから月々サポートにはなっているのですが、3月31日までは端末購入サポートで15、552円だったものが
月々サポートで10368円になりました。価格的には下げていますが、一括で購入できたよさはなくなってしまいます。

一括で購入して残債を残さない買い方か、24か月使う前提でサポートを多く貰うか、の2択となってきます。

4月1日からは以下のようになります。

4月1日~ MNP端サポ 新規(月サポ) FOMA→Xi(月サポ) Xi→XI(月サポ)
Galaxy S9 15.552円 15.552円 15.552円 15.552円

注目のGalaxy S9ですが、アンドロイドで買うならコレだろ、ってくらい私個人はおすすめしたいのですが
こちらも端末購入サポートが非常によくて一括15552円という破格だったんですよ。
だから絶対的おすすめだったのですが、MNPは現行そのままで機種変更と新規が月々サポートに切り替わります。

総額も99792円とハイエンドならではの価格なので、これを割賦契約して月々の利用料金を割り引いてもらうのか
それとも一括15552円で購入するのか、では相当話が違ってきますよね。

やっぱり端末購入がいいんじゃないでしょうか。

 

4月1日~ FOMA→Xi月サポへ
らくらくホンF-02J 19.440円

最後にらくらくホン。ガラケー、ガラホということでまだ根強く需要はありますね。


こちらはFOMAからのXIが端末購入サポートでした(他は月々サポートでした)
なので、らくらくホンにしようと思っているユーザーの方にはありがたかったのですが
こちらも月々サポートに切り替わってしまいますので、その点は注意ですよ。

特に変わるHUEWEI P20 Pro

注目すべきがこちらの機種。カメラ機能が最高なあの機種ですよ。。。

4月1日からは以下のようになります。

4月1日~ FOMA→Xi(月サポ) Xi→Xi(月サポ) 新規(月サポ) MNP(端サポのまま)
HUAWEI P20Pro 36.286円 36.286円 15.552円 15.552円

いや~もう値上がりなんですよこれ。

MNP,新規、FOMAからXiの機種変更は3月31日までは15,552円の端末購入サポートだったんです。
それが4月1日からは上記の金額になります。

MNPは現行端末購入サポートのままとなりますが、他のオーダーに関しては月々サポートになります。
新規こそ、金額的には同じなのですが、機種変更ですよ・・・

機種変更が端末購入サポートから月々サポートに切り替わっただけでなく実質値上げとなります。
およそ2万円。2万円も値上げします。

そもそもの機種が良いもので総額も103,680円なので高額なのでそれを考慮すれば安いのですが
でも端末購入サポートでこれだけ安いものが値上げしちゃうとなるとな~

購入するなら3月31日まで、というのが明白な1台となってしまいました。

AQUOS ケータイSH-02L

4月1日~ MNP 新規 FOMA→Xi Xi→Xi
AQUOSケータイ 0円 0円 0円 10368円

アクオスケータイはこれまですべて月々サポートでした。
なので変わることはないのですが変わったのは値段。

実はこれまで、すべてのオーダーで月々サポートで10368円でした。

それがMNP,新規、FOMAからXiへの機種変更が0円!となります。
(XiからXiはそのままとなります)

この機種だけがお得が増したといえますね。
アクオスケータイだけは4月からの機種変更がおすすめとなります。

iPad(第6世代)、iPad mini

こちらも実は今までとても安くゲットできてたんですよね~

ということで改定されるのがこちら

MNP/新規(端サポ)3月31日まで 機種変更(F→X、X→X)3月31日まで 4月1日から全オーダー
iPad (第6世代)32GB 5184円 月サポ5184円 月サポ10368円
iPad (第6世代)128GB 10648円 月サポ10648円 月サポ22.032円
iPad mini 6480円 端サポ6480円 月サポ6480円

うーん実質値上げですよね~

iPad第6世代がこれまでかなり安かった、というのもありますが
4月1日からの金額が倍になっているのがね~

iPadはタブレットとしても相当優秀で、私は正直 アンドロイドタブレット<<<<<<iPad
だと思っているので、おすすめしているのですが
それが今なら安く手に入ります。
4月からの値上がりを考えると、迷ってるなら今購入したほうがいいね。

iPad miniは新しく出たものの、旧機種は端末サポートから月々サポートに切り替わった、というだけ。

価格の値上がりはiPad 第6世代だけですね。

でもな~え~値上げしちゃうのかよ~って感じです。残念。
タブレットなのに。

購入するのなら圧倒的3月中がおすすめ

価格の改定の詳細を紹介しましたが、やはりこれは3月中が賢い買い物になりますね。

端末購入サポートから月々サポートに変わる、というのがメインではあったものの
HUAWEIとiPad に関しては実質値上がりになるし
端末購入サポートが一括で残債や負債が発生しないのに対して
月々サポートは残債や負債が発生するのでやはりそれが嫌な人にはつらいですね。

実際機種の購入に関して、端末購入サポートに切り替わった時に売れている感覚はdocomoもあったと思います。
それをなくしてまでの改定なので、利用料金がどれだけ下がるの?って感じだけど
たぶんいうほど下がらんだろうし笑

ともなると、機種代金が安くすむ3月中に購入したほうが賢い。

docomo withもなくなってしまうし、端末購入サポートがぐっと減ってしまう4月・・・

今日を含む3日がタイムリミットになってしまいますが、
4月に入ってからじゃ~遅い!
っていう状況です。

どうぞこの3月中の購入に踏み切られた方がいいかと。

もし残債が数か月残っていたとしても(もちろん機種変更から日が浅いなら残債が大変なのでおすすめしません)
2,3か月分なら一括で支払えると思うんですよね。

なのでちょっとだけ残債が残っててもこのタイミングでの機種変更をしたほうが
お得になる機種が多いと思いますよ。

私はね。。。SEがあと半年残債残ってんですよね・・な、悩まし~!!!!笑

ということで、3月、いまがラストチャンス。

是非、逃さないでください。

またiPadを検討している人は絶対今です。間違いないです。

そんなあなたはお得に機種変更・新規・MNPするためにはオンラインショップからの購入をしてくださいませ。

以下よりオンラインショップの購入方法など動画でも見られますので参考にしてくださいね。

ドコモで機種変更するなら

お得にスマホやiPhoneが欲しい!という人へお勧めの機種変更方法をご紹介します。

ドコモオンラインショップって知ってますか?

マイドコモなどは知られてるのですが意外とドコモオンラインショップって知られてないんですよね。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップとはドコモが直営するネットショップです。

今やネットを使い契約の確認や変更、アクセサリーの購入はもちろん

機種変更もできちゃうんです。

ドコモオンラインショップでの機種変更はかなりおとくなんです。

ドコモを使っており機種変更するならなぜドコモオンラインショップを使わないともったいないです。

そんなメリットをご紹介しましょう。

まずは時間的なメリットが大きいです。

ドコモショップって混んでますよね?今は店舗予約なんかできるようになりましたが

それでも家からドコモショップへ行って、契約してなんかしていると2,3時間はかかりますよね?

しかしドコモオンラインショップだと15分もあれば契約終了しちゃいます。

まずはドコモショップや家電量販店に行く時間の節約、契約にかかる時間の節約ができるんです。

続いては経済的なメリットです。

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金という謎のお金が取られます。

こんなのです。

頭金について詳しく知りたい人はこちら

ドコモで機種変更の時の頭金、これって違法?返金して貰えるの?

これがドコモオンラインショップだと0円お金がかかりません。

またドコモショップや家電量販店だと新規契約や機種変更の際に2000~3000円の機種変更事務手数料がかかります。

それがドコモオンラインショップだと無料なんです。
2018年9月1日(土曜)以降
すべてのお手続きにおいて事務手数料が無料となりました。

ですので金銭的に5000~12000円程度おとくなんです。

時間的なメリット、金銭的なメリットがとても大きいのでぜひドコモで機種変更するなら

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

ただ機種変更にあたり、初期設定や電話帳の移行が不安。

色々相談したいという人もいるでしょう。

そんな人へおすすめなのがドコモオンラインショップは受取場所を

自宅以外にもドコモショップも選べます。

ですのでドコモショップで受け取りにすれば初期設定や相談などもできるでしょう。

金額はドコモオンラインショップの安いままで

ドコモショップで買ったのと同じようなサービスを受けられるのでおすすめですよ!

まぁ、自宅で受け取って設定できなかったらショップにもっていってもやってもらえるし

詳しい説明書があるんで自分でも十分やることはできると思いますよ。

購入の流れをこちらのマンガで確認しましょう。


Source by ドコモ公式オンラインショップ

ドコモオンラインショップがまだ不安な方の為のメリットデメリット対策を纏めた記事です

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

ドコモオンラインショップはこちらです。

ドコモオンラインショップの利用方法をこちらの動画でご紹介してます。

PC利用時はこちら

スマホ利用時はこちら

機種変更する人はぜひ使ってみて下さいね。