au docomo(ドコモ) iPhone(アイフォン) ソフトバンク

iPhoneを機種変更する際の準備。データのバックアップや設定、LINEの引継ぎはどうやるか?

更新日:

iPhoneは何かと注目を浴びますよね~
先日はアメリカでまたいきなりSEが売られたなんてニュースを目にしました。
大体の人がSE2を望んでいる気持ちが記事に出ていたと思うのですが笑
アップルは!いつ!SE2を出すのでしょうか!!!(ここにもSE2を願ってる人がいる)

さて今回は機種変更する際の準備についてです。
実際に機種変更をする人は、この記事が役に立つと思うので参考にしてみてくださいね!

iPhoneからiPhoneに機種変更する際の準備

データのバックアップの方法

まず一番に大事になるのが「バックアップ」です。

今あるiPhoneの状態をバックアップすると、次に使うiPhoneにデータを移行したとき
このままの状況でバックアップされます。
つまり、画面もアイコンの配列も、画像もなにもかも次のiPhoneにそのまま反映されます。

なので先日の記事に書いたように「データの整理をしておく」ことが重要になります。
使ってないアプリやいらない画像を消しておくことで、次のiPhoneが読み込むデータが減りますので
できるだけ引っ越し作業が早く終わるようにデータはきちんと整理しておきましょう。

バックアップ方法ですが

・iTunes
・iCloud

の2方法があります。

簡単に言ってしまうと

・iTunes/パソコン上に保存(パソコンの容量が許す限りできる)・パソコンを使ってのバックアップ
データは暗号化ではないが暗号化も可

・iCloud/クラウド上に保存・Wi-fiを使ってのバックアップの作成・iPhoneからできる・最大1TBまで(5GBまでは無料、それ以降は有料)
データは暗号化される

という違いになります。
もし自宅にパソコンもWi-fiもないとしたらWi-fiの通る環境に行った方がいいですね。

パソコンからデータを取り込んでいる場合(音楽などのCDやファイル)には
iCloudではそれらのデータは対象外となるので
iTunesでのバックアップの方が良いということになります。

とにもかくにも情報量が多い!というのであればiTunesの方がいいかもしれません。
もし「カメラとアプリと連絡先がちゃんと移行できればいい」のであれば
iCloudはiPhone一つで完結できるので楽だと思います。

そしておそらく「データは暗号化される」って何?って感じだと思いますが
データの暗号化されたバックアップとは、

・保存したパスワード
・Wi-fi設定
・ウェブサイトの履歴
・LINEのトーク履歴

なども引き継げるということなのです。
これはかなり便利ですよね。
もしWi-fiがある環境ならいちいち設定でパスワードとか入れるの面倒くさいので
そういう意味でも暗号化されるiCloudのバックアップ方法は非常に楽です!

iTunesでのバックアップ方法

事前に確認しておくこと

1・パソコンのitunesを開き、【編集】のタブをクリック、設定を開き【デバイス】をクリック

2・「iPod、iPhone、「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」を選択、OKをクリック

続いてバックアップに移行しましょう。

1・パソコンとiPhoneを接続してiTunesを起動します

2・iPhoneマークを選択し【概要】の「今すぐバックアップ」を選択します。
※もしかしたら持っているパソコンによっては変わってくるかもしれません。
私の場合には「ファイル」から「デバイス」を選択、「バックアップ」をクリックで行いました。

3・バックアップ欄の「今すぐバックアップをする」をクリックするとバックアップができる。
この時にiPhoneのバックアップを暗号化にチェックすることで
上記iCloudのバックアップのようにWi-fi設定や保存したパスワードなども一緒にバックアップできます。

4・左上メニューバーの「編集」から「設定」を選択し、「デバイス」をクリックすると
最終バックアップ日時が表示されるので「バックアップできているか」を確認することができます。

ドコモの公式サイトにても詳しく書いてあります↓

ドコモ公式iTunesバックアップ方法

iPhoneでのバックアップ方法

1・iPhoneの「設定」から「iCloud」を選択する

2・下にスクロールすると「バックアップ」があるので選択

3・iCludバックアップをONにし、バックアップを開始「OK」を選択

4・今すぐバックアップを作成をタップするとバックアップされますが内容量によって時間がかかります。

ただしこのバックアップ、実は
【電源に接続され】【ロックされている】状態で【Wi-fiにつながっている】条件がそろえば
1日1回バックアップされているのです!知ってました?
だから夜寝ている間にバックアップされている人も多いんですよ^^
※ただしONになってなければそれは行われません

もしiPhoneのバックアップが「バックアップ中に利用不可能なファイルがありました」
とエラーが出た場合には正常なバックアップが出来ていないことがあるので
その件に関してはまた別に書こうかなと思います

ドコモ公式iPhoneのバックアップ方法

LINEの引き継ぎ方法

一番大事になってくるのがこのLINEと言う人も多いんじゃないでしょうか。

連絡方法がLINEだ、っていう人多いですよね、私もです。

このLINEが消えてしまうと大変なのでしっかり確認しておきましょう!

 

1・LINEを開きその他を選択

2・右上歯車のマークを選択

3・【アカウント】を開く

4・メールアドレスの登録がされているか、されていなければ登録をする
変更する場合にはメールアドレスを変更する

5・パスワードはメールアドレス登録時に一緒に登録しているものになるが
忘れてしまっている場合には【パスワードの再設定】が必要になるので「パスワード変更」を選択

6・パスワードを忘れた場合を選択し、登録したメールアドレスを入力すると再設定メールが届く

大体はここまででOKなのですが
機種変更する事で電話番号が変わる場合と、フェイスブックログインを利用している人は
「引き継ぎ許可」というのを設定しなければなりません。

LINEの引き継ぎ許可の設定方法

上記1,2までは手順は同じですが【アカウント】ではなく
【アカウント引き継ぎ設定】を選択します。

アカウントを引き継ぐを選択し、ONにすることで引き継ぎが可能になります。

もしトーク履歴も引き継ぎたい場合には【設定】→【トーク】→【トークのバックアップ】からできます。

新しいiPhoneになったらどう設定したらいいのか

iTunesから新しいiPhoneへのバックアップ

1・USBでパソコンとiPhoneを接続します。

2・iPhoneマークを選択、バックアップ欄にある「バックアップを復元」を選択

3・「新しいiPhoneへようこそ」と表示されるので、「このバックアップから復元」を選択し
パスワードを入力すると復元が始まります。

4・バックアップ日時を確認し、続けるを選択

 

画面上部にアップルマークが表示されればバックアップは完了ということになります。

新しいiPhoneでのバックアップ

まず新しいiPhoneを起動させます。
普通に起動させて説明の通りの手順で進みます。

そしてアップルIDとパスワードを入力するだけでOK
非常に簡単ですが、内容によって復元まで時間のかかり方は変わります。

iPhone同士OSが11以上なら更に簡単に出来るクイックスタート

もし今使っているiPhoneも次に用意したiPhoneもOSが11以上であれば
もっと簡単にできます!

1・新しいiPhoneの電源を入れて古いiPhoneの近くに置く

2・「新しいiPhoneを設定」というメッセージが古いiPhoneに表示される

3・「新しいiPhoneを設定するのに【ここに自分のIDが表記】を使う】をと出るので「続ける」を選択
※この時BluetoothがONになっている必要があります

4・新しいiPhoneに青い模様が出現すると「それぞれのiPhoneがお互いを認識した」という事になります。

5・古いiPhoneのカメラを新しいiPhoneの画面に向けて指定された円の中に
青い模様を写します。そうすると「新しいデバイスの設定を完了」となり復元が始まります。

6・画面に従いパスコードの入力などをして進めていけばOK

iPhoneがあればそれだけで解決できてしまうので、とっても楽な方法ですね!
もしiPhone同士で機種変更するのであれば、この方法が一番スマートかもしれません。

アップル公式 クイックスタート他データ移行について

 

 

iPhone買うならオンラインショップ

そして最後にオンラインショップのご紹介です。

この記事を読んでいる人はほとんどの人がもう使っているかと思いますが

今はソフトバンクやauはもちろん、ドコモでもショップや家電量販店には並ばずに予約、購入する時代です。

だってあの混雑しているお店にいって、長い時間かけて機種変更するなんて面倒じゃないですか?

もっと簡単な方法があります。

その方法は各キャリアのオンラインショップです。

ドコモ

ドコモオンラインショップ

au

au Online Shop

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップ

オンラインショップとは各キャリアが直営しているインターネットにて

機種変更ができる便利なサービスです。

このサービスを利用すると店舗に並ばずして、うまく行けば今回の記事のように

発売日にiPhoneを入手する事ができるんです。

iPhoneの予約開始は、どこでもいっしょです。都道府県による差はありますが、

各キャリアショップだから早いという事もなく、全員が一緒にスタートです。

また各キャリアショップも同じようにシステムを使って入力していきます。

店舗だと店員さんが打ち込み、オンラインショップだと自分で打ち込むって事です。

人を通さない分、早く予約できますよね?

新型iPhoneは1分予約が遅れると手元に届くのが2,3日遅くなると言われてます。

少しでも早く予約できる方がいいですよね。

ECショップなので24時間日本全国どこからでも使えます

早く予約できれば、うまく行けば発売日に入手する事も可能です。

また、キャリアショップや量販店では必須だった頭金が

オンラインショップだとなんと0円、無料なんです。

しかも余計なオプション加入もないですよ。

また余計な営業を受ける事もないので自分に必要なものだけを選べます。

時間はかからないし頭金がかからない分端末代金が安いのは分った。

でも初期設定や電話帳の移行が不安だからキャリアショップの方がいいなぁ~

なんて思う人もいるでしょう。

そんな人のおすすめなのが各キャリアショップ受取りです。

オンラインショップでは受取り場所をあなたの都合の良い

キャリアショップに設定する事ができます。

料金プランや端末で不安なら全キャリア

事前にチャットで質問する事もできます。

まだ使った事ない人は是非使ってみて下さいね。

漫画でポイントまとめてみました。

ドコモ

*ドコモの場合、機種変更にかかる事務手数料も無料です。

ドコモオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

au

auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

-au, docomo(ドコモ), iPhone(アイフォン), ソフトバンク
-, , , , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.