2019年も始まり、すでに1月は折り返し地点を過ぎましたね。
今、4月から始まる新生活に向けての準備をしている人も出て来たのではないでしょうか。

新しい学校が決まった、とか、就職先が決まった、とか
もしかしたら引っ越し準備なんかもし始めている人もいるかもしれませんね。
それだけに3月4月は変動の大きな月でもあります。

そこで、今回はドコモの学割をこれからしたほうがいい人はどんな人なのか
また新規の方がお得になるのか?などを紹介したいと思います!

ドコモの学割2019年はどんな内容?

ドコモの学割2019を簡単に言うと

・25歳以下
・カケホーダイ&パケあえるの申込み

という2点が条件となります。
カケホーダイ&パケあえるというのは「カケホーダイライトプラン」または「シンプルプラン」
のことで、家族がドコモの人の場合にはシェアパックに加入することでパケあえるの申込み
という事になります。

まぁふつうの内容で契約すればなんら問題ないって思えば大丈夫だと思います。

これらが適用されると「申込み月+12か月」の間、毎月1500円の割引が受けられます!


更に2019年2月1日までに条件を満たしての契約が成立した場合には
dポイントが1000ポイントもらえ、更にドコモ学割対象の人が
シェアパックに加入することでシェアグループ全員にdポイント2500ポイントがもらえます!
これってかなり大盤振る舞い~!

ドコモの学割2019の注意点

割引が入ってお得になりますが、他の割引が入る
docomo withやウェルカムスマホ割との併用はできません

これらの対象機種を購入した場合には、優先してdocomo withとウェルカムスマホ割が適用されます。

ドコモの学割はどんな人が使うといい?

これから新しくスマホを持つことになった25歳以下のお子さんや
家族がドコモで新たにドコモに転入(MNP)して契約する25歳以下の方は
このドコモの学割2019を利用した割引を受けることができます。

ドコモの学割2019については
2018年12月1日(土曜)から2019年5月31日(金曜)
までが対象になる契約期間となるので、まさにこの3、4月にスマホを持つ人にはうってつけなのです!

実際に子回線で持つとどのくらいの料金がかかるのか

上記のように、基本使用料とSPモード、シェアオプションからドコモの学割の割引で、子回線だと利用料金は280円になります。ここにさらに機種代金が入るイメージとなりますね。

つまり、1500円以下の機種を購入すれば、月額が280円ということ!

13か月の間だけだとしてもこれってかなりお得ですね。選ぶ機種によって13か月以降の価格は変動してきますが、携帯代節約になるのでとっても助かります。

新規契約、機種変更はドコモの学割2019がお得になる?

もし欲しい機種が最新のiPhoneだったりする場合には、この学割も非常にありがたい割引です!

ただdocomo withの機種だったりすれば、自動的に割引期間の長いdocomo withが採用されますし
ガラケーからスマホに変える人(キッズケータイからのスマホなど)なら
ウェルカムスマホ割が適用されますし、もしそのスマホがdocomo with対応機種であれば
docomo withとウェルカムスマホ割の両方の割引が受けられるという相当お得なものに。
※ただしdocomo with対応機種に関してです

しかしやっぱりどうせならいい機種を!安く!使いたいですよね~
例えばiPhone XS/XRや、Galaxy Note9などいい機種だけど価格は高いですよね。
そういった機種を学割で1年間お得に使えればかなり嬉しいと思います。

 

特にiPhoneは毎年いつも新しい機種が出てますけど
もうスマホってかなり進化しきった感はありますからね。
機種代を節約したいから安い機種を選ぶのもアリだと思いますよ^^
ただこの冬は結構さまざまな機種が値下げをしているのでチャンスであることに違いはありません。

特に最新のXSやXRなら申し分なく使っていけるハイスペックな機種といえますが
XRはめっちゃお得。

XRだと通常の機種変更だと以下のようになっています。

それに加えてXRは新規・MNPは割引が大きくて
1080円×24回払いとかなり割引が大きくて購入しやすくなっています。
これだったら1500円割引のほうが割引額が多いので相当安く使えますよね。
13か月目以降には割引はなくなるけれど、子回線の通常料金に+1080円と考えれば
それほど痛い出費にはならないかと思います。

ちなみに通常機種変更だと1431円なのでこちらも割引額の方が大きいです。
13か月は実質機種代金0円でXRを持てるってことになります!

そういうわけで25歳以下の方は今がチャンス!というわけです!

これからの新年度に向けて新しくスマホを持つひとはぜひ、ドコモの学割2019を検討してみてくださいね!

ドコモで機種変更するなら

お得にスマホやiPhoneが欲しい!という人へお勧めの機種変更方法をご紹介します。

ドコモオンラインショップって知ってますか?

マイドコモなどは知られてるのですが意外とドコモオンラインショップって知られてないんですよね。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップとはドコモが直営するネットショップです。

今やネットを使い契約の確認や変更、アクセサリーの購入はもちろん

機種変更もできちゃうんです。

ドコモオンラインショップでの機種変更はかなりおとくなんです。

ドコモを使っており機種変更するならなぜドコモオンラインショップを使わないともったいないです。

そんなメリットをご紹介しましょう。

まずは時間的なメリットが大きいです。

ドコモショップって混んでますよね?今は店舗予約なんかできるようになりましたが

それでも家からドコモショップへ行って、契約してなんかしていると2,3時間はかかりますよね?

しかしドコモオンラインショップだと15分もあれば契約終了しちゃいます。

まずはドコモショップや家電量販店に行く時間の節約、契約にかかる時間の節約ができるんです。

続いては経済的なメリットです。

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金という謎のお金が取られます。

こんなのです。

頭金について詳しく知りたい人はこちら

ドコモで機種変更の時の頭金、これって違法?返金して貰えるの?

これがドコモオンラインショップだと0円お金がかかりません。

またドコモショップや家電量販店だと新規契約や機種変更の際に2000~3000円の機種変更事務手数料がかかります。

それがドコモオンラインショップだと無料なんです。
2018年9月1日(土曜)以降
すべてのお手続きにおいて事務手数料が無料となりました。

ですので金銭的に5000~12000円程度おとくなんです。

時間的なメリット、金銭的なメリットがとても大きいのでぜひドコモで機種変更するなら

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

また2018年12月1日(土曜)~2019年1月31日(木曜)まで
オンラインショップ10周年特典として対象機種をご購入で、機種代金から5,184円(税込)割引しています。

ただ機種変更にあたり、初期設定や電話帳の移行が不安。

色々相談したいという人もいるでしょう。

そんな人へおすすめなのがドコモオンラインショップは受取場所を

自宅以外にもドコモショップも選べます。

ですのでドコモショップで受け取りにすれば初期設定や相談などもできるでしょう。

金額はドコモオンラインショップの安いままで

ドコモショップで買ったのと同じようなサービスを受けられるのでおすすめですよ!

まぁ、自宅で受け取って設定できなかったらショップにもっていってもやってもらえるし

詳しい説明書があるんで自分でも十分やることはできると思いますよ。

購入の流れをこちらのマンガで確認しましょう。


Source by ドコモ公式オンラインショップ

ドコモオンラインショップがまだ不安な方の為のメリットデメリット対策を纏めた記事です

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

ドコモオンラインショップはこちらです。

ドコモオンラインショップの利用方法をこちらの動画でご紹介してます。

PC利用時はこちら

スマホ利用時はこちら

機種変更する人はぜひ使ってみて下さいね。