キッズ携帯からiPhoneに機種変更、というと
大体「docomo with」対応のiPhone 6sが一番候補なんじゃないかと思います。
やっぱり安いですし、あのiPhoneですからね。
しかも6sって評価いいんですよ。確かに旧機種ではあるけれど
iPhoneの中でも総合的に良いのがdocomo with対応機種になったのは驚きでしたもんね。

それを考えると6sは多くの人の選択肢になる機種といえます。

ではキッズ携帯からiPhoneに機種変更すると、料金や注意点はどんなものか見ていきましょう。

iPhoneに機種変更する時の料金とは

iPhoneはその種類によってかなり価格が変わってきます。
この中でキッズ携帯からiPhone XSにするよっていう人はごく少数、なんならいないくらいだと
個人的には思っているのですが(もしかしていたとしたら凄いけど)
価格のシュミレーションをしておきましょう。

iPhone 6s

iPhone XS

iPhone XR

かなり価格差ありますね~
ここに店舗や家電量販店だと頭金やら事務手数料がとられるので、+1万円は確実ってところでしょうか。
オンラインショップならそれらはないので、上記の金額のみとなります。(オプションなどそういうものに入ればその料金は別途かかります)

こうしてみると圧倒的に6sが安いです。

ただ最新のXRなら月々の総額的に許容範囲になる人もいるかもしれませんね。iPhoneは正直使いやすいと思うし、性能のいいものが欲しいとか、こういったものに敏感で最新のものに触れていたい場合には、XRの選択肢もあるかなって思いますね。

でも6sって評価高い機種なので、ふつうはこの選択肢かなって気もしますが。

※ドコモのキッズ携帯からの機種変更ということで、すべて子回線で考えています。

さらに店舗や家電量販店だと頭金・事務手数料などがかかってきます。
裕福な家庭だったらもしかしたら出せる金額かもしれないけれど
私の家は無理!無理ですよー!大人だって最新は買えないっていうのに!笑

子育てってお金かかりますからね。できれば節約したい、というのならdocomo withの6s一択でしょう。

iPhoneにするときの注意点

iPhoneのOSはご存じiOSです。
しかしOSの違いから、取れるアプリが変わってくるんですね。
アンドロイドはアプリの種類が多く、フィルタリングサービスも多くあります。
iPhone のOSによってアプリが介入できない部分があることで、サービス内容が変わるのが
下記のような事例です。

なのでお子さんに持たせる時にフィルタリングで安全に使わせることができます。
例えばあんしんフィルターfor docomoでは
アンドロイドが

・アプリのインストール/起動制限
・アプリごとの利用時間の制限
・Wi-fi接続制限
・歩きスマホ警告

などが使うことができるのですが、同じあんしんフィルターfor docomo のiPhone版は
これらが非対応になっていて、別のフィルタリングサービスを使う必要性など
ちょっとだけ手間がかかります。

そのためアンドロイドのほうが子供に持たせる際にいいという声もあります。

ただ使い方はどちらにせよ親の指南も必要になると思いますし、iPhoneだから危険だ!というわけでもありません。

子供がiPhoneを使うならファミリー共有がおすすめ

iPhoneを使ってる人ならわかると思いますが
アップルIDを作る際にクレジットカードの登録をすることがあります。

ただこのクレジットカードの紐付はクレジットカードの登録必須というわけではなく
iTunesギフトカードでも利用が可能。
デビットカードでもOKなので、子供が無尽蔵にお金を使う心配をしないでも済みます。

今の時代ってオンラインゲームなどでの課金が結構ありますからね~
私も一時かなり課金してしまったバカな経験ありますけど・・・

ちなみに先日ねほりんはぽりん(NHK)でネトゲ廃人の特集やってましたw
海外などでも時折話題が出ますが、そういうネトゲでの課金がやばい金額になって
クレジットカードの請求がえげつないことで発覚して・・・子供が実は勝手に課金してた
なんていう話も聞きますから、心配な人もいるかもしれませんが
対策としてはきちんと立てることができるので、まずは「知る」ことですね。

またiPhoneにはファミリー共有というものがあり
13歳未満の子供でもアップルIDを作り(13歳未満はアップルIDが作れないことになっている
親のアップルIDと紐つけることができます。

そのため支払は親がすることになるので、
もし子供が課金などをする際には「承認と購入のリクエスト」が届いて
親の承認なしには課金などができないシステムがあります

もし新たに子供がiPhoneを持つ場合には、まず自分のiPhoneの
【設定】→【名前・アップルIDのところをタップ】→【ファミリー共有】→【ファミリーメンバーを追加】→【子供のアカウントを作成】

ここから子供のアップルIDを作ることができます。
順序を追っていけば子供の位置情報を共有することも可能になるので、
もしこれからお子さんにiPhoneを持たせる予定の人は是非参考にしてみてくださいね。

iPhoneの機能制限を使う

ドコモの公式サイトでも機能制限や各種コンテンツの利用制限の方法についてお知らせしています

ドコモ公式サイト iPhone機能制限の設定方法
以下機能制限の方法です


これと同じ手順で、5のパスコードまで同じなのですが
そのあとにAppを選択すると、年齢制限をかけられるページになります

そもそもiOSはアンドロイドとは違ってアプリの審査も厳しめなので
アプリ数はアンドロイドよりも少ないのですが
さらにそこからAppで年齢を絞るので安全性は高いかなと個人的には思います。

安心して使うためには親がiPhoneを使いこなせていないとなんない部分はありますね。

すぐに渡してしまう前に、設定やiPhoneの使い方など
きちんと話あってから渡すことをおすすめしますよ!

ドコモで機種変更するなら

機種変更でお得にiPhoneが欲しい!という人へお勧めの機種変更方法をご紹介します。

ドコモオンラインショップって知ってますか?

マイドコモなどは知られてるのですが意外とドコモオンラインショップって知られてないんですよね。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップとはドコモが直営するネットショップです。

今やネットを使い契約の確認や変更、アクセサリーの購入はもちろん

機種変更もできちゃうんです。

ドコモオンラインショップでの機種変更はかなりおとくなんです。

ドコモを使っており機種変更するならなぜドコモオンラインショップを使わないともったいないです。

そんなメリットをご紹介しましょう。

まずは時間的なメリットが大きいです。

ドコモショップって混んでますよね?今は店舗予約なんかできるようになりましたが

それでも家からドコモショップへ行って、契約してなんかしていると2,3時間はかかりますよね?

しかしドコモオンラインショップだと15分もあれば契約終了しちゃいます。

まずはドコモショップや家電量販店に行く時間の節約、契約にかかる時間の節約ができるんです。

続いては経済的なメリットです。

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金という謎のお金が取られます。

こんなのです。

頭金について詳しく知りたい人はこちら

ドコモで機種変更の時の頭金、これって違法?返金して貰えるの?

これがドコモオンラインショップだと0円お金がかかりません。

またドコモショップや家電量販店だと新規契約や機種変更の際に2000~3000円の機種変更事務手数料がかかります。

それがドコモオンラインショップだと無料なんです。
2018年9月1日(土曜)以降
すべてのお手続きにおいて事務手数料が無料となりました。

ですので金銭的に5000~12000円程度おとくなんです。

時間的なメリット、金銭的なメリットがとても大きいのでぜひドコモで機種変更するなら

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

また今ならオンラインショップ限定特典として5,184円分還元しております。

機種変更ならdポイント、新規やMNPなら機種代金から割り引かれます。

機嫌は2018年11月30日(金曜)までです。是非この期間の機種変更がおすすめです。

ただ機種変更にあたり、初期設定や電話帳の移行が不安。

色々相談したいという人もいるでしょう。

そんな人へおすすめなのがドコモオンラインショップは受取場所を

自宅以外にもドコモショップも選べます。

ですのでドコモショップで受け取りにすれば初期設定や相談などもできるでしょう。

金額はドコモオンラインショップの安いままで

ドコモショップで買ったのと同じようなサービスを受けられるのでおすすめですよ!

まぁ、自宅で受け取って設定できなかったらショップにもっていってもやってもらえるし

詳しい説明書があるんで自分でも十分やることはできると思いますよ。

購入の流れをこちらのマンガで確認しましょう。


Source by ドコモ公式オンラインショップ

ドコモオンラインショップがまだ不安な方の為のメリットデメリット対策を纏めた記事です

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

ドコモオンラインショップはこちらです。

機種変更する人はぜひ使ってみて下さいね。