ソフトバンク

ソフトバンクの2019年夏モデルのおすすめスマホランキング!

更新日:

ついに!

ソフトバンク2019年夏モデルが発表されました!

待っていました~!

そろそろ機種変更しようと思ってずっと新機種発表を心待ちにしていました。

どうせ機種変更するなら最新のスマホを購入したいですよね。

今回ソフトバンクではスマホ4機種、ケータイ1機種、タブレット1機種、モバイルWi-Fiルーター1機種を発売するとのことでした。

5月下旬から7月まで順次発売していくようですね。

人気機種は発売日にはすでに予約がいっぱいで在庫がない場合も多いのでなるべく

予約をしておいた方がいいですよ。

最初の内は在庫もそんなにないので、次回入荷するまで数週間かかる可能性もありますよ。

海外ではすでに発売されていて、日本でも発売がもうすぐだと噂されていた

Xperia1もついに発売が決定しましたね。

Xperia1に注目が集まっていましたが、AQUOSシリーズ最高品質のAQUOS R3も発表されましたし、

5年ぶりのarrowsシリーズも発表されており、Xperia1だけが目玉とは言えないですよ!

今回はソフトバンク2019夏モデルのおすすめをランキングにして紹介したいと思います。

「どの機種にどんな機能がついているかよく分からない。」

「結局どの機種がおすすめなの?」

と、お悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

1.Xperia1

 

Xperia1 スペック
サイズ(高さ×幅×厚さ)約167㎜×約72㎜×約8.2㎜
質量約178g
CPU2.8GHz+2.4GH+1.7GH オクタコア
メモリ内蔵(ROM/RAM)64GB/6GB

外部microSD/microSDHC/microSDXC(最大512GB)

ディスプレイ約6.5インチ/有機EL/4K(3840×1644)/HDR対応
カメラ26㎜(標準): 約1220万画素

52㎜(望遠): 約1220万画素

16㎜(超広角):約1220万画素

Xperia1の特徴

Xperia1で一番の特徴は世界で初めて4K HDRに対応した有機ELディスプレイを採用したことで、

今まで以上に滑らかで美しい映像を楽しむことができることですね。

さらに、21:9のシネマワイドディスプレイで画面いっぱいの映像を堪能でき、

6.5インチの縦長大画面により2つのアプリを見やすく同時に表示することができるため、動画を見ながらSNSで情報をシェアすることもできます。

縦に2画面表示するようになっていて、マップを見ながらメールをしたり、

動画を見ながらWEBページを閲覧したりと様々な使い方ができます。

6.5インチというとiPhoneⅩS MAXも6.5インチのディスプレイですが、

Xperia1は縦長のディスプレイなので、すっきりしているように見えます。

手になじむラウンド形状になっているので、画面が大きくても持ちやすく操作しやすいようになっています。

Xperiaシリーズ初となる標準・望遠・超広角のトリプルレンズカメラを搭載し、

デジタル一眼カメラの技術を搭載することで、

世界初の瞳を検出してフォーカスを合わせる瞳AFに対応しています。

瞳AFは一眼レフカメラに搭載されていることが多いですが、

その中でもソニーの瞳AFは高精度、高性能でカメラを愛好する人たちからの評価がとても高いです。

プロのカメラマンが人物を撮影する時、

瞳にピントを合わせることが基本なんだそうです。

でも、動いている人を撮影する時に瞳にピントを合わせるのは難しいですよね。

そういった時でも瞳AFがあれば、瞬時にピントを瞳に合わせてくれて、

ブレたりせずに、プロのような写真撮影が可能になるそうです。

子どもの運動会や、スポーツ観戦など一瞬の出来事を撮影した時、

うまく撮れていなかったらとても悲しいですよね。

Xperia1は映像とカメラの機能が非常に優れているので、

ぜひ実機を使って体感してみてくださいね。

バッテリーを長持ちさせる「STAMINAモード」で1回の充電で長く使えて、

充電の習慣を学習して充電速度を調整し、バッテリーの劣化を抑える「いたわり充電」にも対応しているので、

バッテリーの寿命を長持ちさせることが可能になりました。

高速CPU、大容量メモリで動作が早く、快適に使えるようになりました。

2画面同時操作でも処理性能が高く、フリーズしたりすることもなさそうです。

もう、文句つけようがないですね。

デザインもフラットになり、本体カラーも高級感があって男女問わず人気がでるのではないでしょうか。

防水、おサイフケータイ、フルセグにももちろん対応していますので、今期一番おすすめしたい機種です。

Xperia1についてさらに詳しくはこちら

Xperia1について

2.AQUOS R3

AQUOS R3 スペック
サイズ(高さ×幅×厚さ)約156mm×約74mm×約8.9mm
質量約185g
CPU2.8GHz+1.7GHz オクタコア
メモリ内蔵 ROM 128GB/RAM 6GB

外部microSDXC 最大512GB

ディスプレイ約6.2インチPro IGZOディスプレイ
カメラ有効画素数 約1,220万画素 CMOS
フロントカメラ有効画素数 約1,630万画素 CMOS
電池容量3200mAh

AQUOS R3の特徴

個人的にXperia1とAQUOS R3でどちらがおすすめかとても悩みました。

最大表示可能色数が10億色の「Pro IGZOディスプレイ」搭載で、最大輝度が前モデルの約2倍になっているので、

今までよりさらにきれいに写真や動画を楽しめます。

「ハイスピードIGZO」対応で、激しい動きの動画や画像スクロール時の文字の残像を抑えているので、

滑らかに表示することができます。

「アウトドアビュー」機能を搭載し、写真や映像、周囲の明るさに合わせて

自動で輝度とコントラストを最適化してくれるので、屋外でも画面が見やすくなっています。

シャープ独自のAIシステムが更に進化し、AIライブシャッターという動画撮影中にAIが被写体として認識すると、

自動で写真として記録してくれる機能が搭載されています。

笑顔の瞬間や動きに変化があるシーンなどを自動的に抽出してBGMやエフェクトを付けた

15秒のショートムービーを作成してくれるAIライブストーリーという機能も搭載されています。

AQUOS R3はXperia1とはまた違った独自の開発で、今までよりも滑らかできれいな映像を撮影でき、

ライブストーリーなどで思い出を見返すのが楽しめるようになっていますよ。

さらに、シャープ独自の放熱設計で、素早く熱を拡散してくれるので本体が熱を持ちにくくなっています。

そのため、ゲームや動画視聴を長時間楽しんでもバッテリーの劣化が今までより抑えることができます。

処理性能についてもAQUOS R2に比べて高速CPUが約30パーセント向上しましたし、

大容量メモリで複数のアプリを同時に動作させても、ゲームをしてもサクサク快適に操作できます。

こういった処理性能やメモリ容量が向上しているので、

ゲーム操作が多い人にはAQUOS R3の方がXperia1よりもおすすめです。

ゲームしているとやはり処理性能や操作性能は大事ですよね!

ゲームや動画視聴を繰り返しているとどうしてもバッテリーの劣化が目立ちますが、

その点も改善してくれているのがさすがだなと思います。

防水、おサイフケータイ、顔認証や指紋認証にも対応していますし、ワイヤレス充電にも対応していて、

日本人が必要とする機能はすべて入っているので、誰が使っても満足いく機種になっています。

AQUOS R3についてさらに詳しくはこちら

AQUOS R3について

3.arrows U

AQUOS R3 スペック
サイズ(高さ×幅×厚さ)約156mm×約74mm×約8.9mm
質量約185g
CPU2.8GHz+1.7GHz オクタコア
メモリ内蔵 ROM 128GB/RAM 6GB

外部microSDXC 最大512GB

ディスプレイ約6.2インチPro IGZOディスプレイ
カメラ有効画素数 約1,220万画素 CMOS
フロントカメラ有効画素数 約1,630万画素 CMOS
電池容量3200mAh

arrows Uの特徴

約5年振りに登場しましたarrows Uはスマホ初心者に最もおすすめしたい機種です。

「誰でも簡単にできるスマホ」をコンセプトに作られているので、

シニアで初めてスマホを持つ人などに特におすすめです。

Googleアシスタントをワンタッチで立ち上げることができる専用サイドキー「アシスタントキー」を搭載し、

電話帳を表示させたり、アラームの設定やおサイフケータイを起動したりすることができます。

はっきり文字対応なので、WEBページの文字やアプリの文字も大きくはっきりしたフォントにすることができます。

騒音の多い環境でも相手の声が聞きやすいはっきりボイスや、雑音をカットして

相手にクリアに音声を伝えるスーパーダブルマイクを搭載しているので、通話もとても聞き取りやすく、伝わりやすくなっています。

デュアルカメラを搭載しているので、背景をぼかした写真撮影を簡単にでき、

初心者でも手軽に写真撮影を楽しむことができるようになっています。

シニア層でもインスタグラムに投稿する人が増えているようなので

こういった写真機能もついてくれていると嬉しいですよね。

防水にも対応しており、初心者向けではありますが、機能は十分備わっています。

arrows Uについてさらに詳しくはこちら

arrows Uについて

4.LG K50

LG K50 スペック
サイズ(高さ×幅×厚さ)約161×77×8.7mm
質量約172g
CPU2.0GHz+1.5GHz(オクタコア)
メモリ内蔵ROM 32GB / RAM 3GB

外部microSDXC(最大512GB)

ディスプレイ約6.26インチ
カメラ約1,300万画素
フロントカメラ約1,300万画素
電池容量約3,500mAh

LG K50の特徴

大容量バッテリーが魅力のLG K50が登場しました。

WEBページ閲覧、動画視聴やゲームしかしないという限定した使い方の人にはおすすめですね。

バッテリーが大容量な上に、バックグラウンドで使用中のアプリの消費電力をセーブしたり、

「エコプレイ」搭載でYouTubeなどの映像コンテンツを音声だけで聞く場合、画面を暗くして消費電力を抑えてくれます。

画面も大きいので、動画も見やすく、丸みのあるラウンドエッジで手になじむ設計になっているので、

幅があるディスプレーですが、持ちやすいようになっています。

背景をぼかしたポートレート撮影もできるデュアルカメラにも搭載しているので、

たまに写真を撮影する人でも様々な撮影方法で写真を撮ることができます。

本体価格はまだ発表されていませんが、限定した使い方しかできませんので、

その分ほかのスマホに比べて安く設定されると思います。

「大容量バッテリー・大画面を驚きのコストパフォーマンスで」を謳い文句にしているので、

驚きの価格にしてくれるんじゃないでしょうか?

防水機能、ワンセグやフルセグ、おサイフケータイなどには対応していませんので、

あまりスマホに対して多機能性を求めてなくて、安いスマホが欲しい人にはおすすめですね。

個人的にはせめて防水機能はついてて欲しかったなぁと思いました。

LG K50についてさらに詳しくはこちら

LG K50について

5.夏モデルじゃないけどおすすめ!iPhone ⅩS

IPhone ⅩS MAX スペック
サイズ(高さ×幅×厚さ)約157.5×77.4×7.7mm
質量約208g
CPUA12 Bionicチップ
メモリ4GB
ディスプレイ6.5インチ
カメラデュアル12MPカメラ(広角と望遠)
フロントカメラ7MPカメラ
電池容量3174mAh

MAXの特徴

ずっとiPhoneを使い続けていて、これからもiPhoneを使って行きたいという人で

買い替えを検討中の人にはiPhoneⅩSがおすすめです。

現在販売されているiPhoneシリーズで最も新しい機種ですが、やはり性能が高く、

デザイン性もシンプルですし、長く愛用できる機種ですね。

本体自体も大きくなっていますが、iPhoneⅩと同様フルスクリーンディスプレイにしたことで画面はより大きくなり、

有機ELディスプレイを搭載したことによって映像もきめ細かくきれいです。

CPU性能もiPhoneⅩやiPhone8よりも最大15パーセント高速化しており、さらに操作性が良くなっています。

バッテリー接続時間についてもiPhoneⅩよりも1.5時間増え、ワイヤレス充電にも対応し、より早く充電できるようになりました。

そろそろ新しいiPhoneに買い替えようかなと検討中の方は是非店頭でiPhoneⅩS、iPhoneⅩS MAXの実機を一度試してみてください。

キレイな映像と快適な操作性を実感できると思います。

iPhone ⅩSについてさらに詳しくはこちら

iPhone ⅩSについて

ソフトバンクで機種変更するなら

ここではソフトバンクでもっと簡単に、そしておとくに機種変更する方法をご紹介しましょう。

この方法を使えば、何も持っていく必要はなく、スマホ1台で機種変更が終了します。

それはソフトバンクオンラインショップを使います。

ソフトバンクオンラインショップはこちら

ソフトバンクオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップとはソフトバンクが直営するオンラインショップです。

ソフトバンクオンラインショップでは、アクセサリーの購入などはもちろん、機種変更や新規契約もできちゃいます。

ソフトバンクオンラインショップを使うと時間的にも経済的にもお得です。

簡単にご説明しましょう!

ソフトバンクオンラインショップを使う時間的メリット

ソフトバンクオンラインショップは名前の通りインターネットショップです。

ですので、インターネットにつながりさえすれば日本全国24時間利用可能です。

と、いう事はソフトバンクショップなどに行く時間が節約できるんです。

また店舗で機種変更すると待ち時間は2,3時間あって、

手続きに2時間程度かかったりしますよね?

ソフトバンクオンラインショップならわずか30分で手続き完了です。

とても簡単に機種変更する事ができちゃいます。

まずはそんな時間的なメリットがあります。

ソフトバンクオンラインショップpを使う経済的メリット

ソフトバンクショップや家電量販店では頭金という名の販売手数料を取られているって知ってますか?

こんなのです。

頭金の金額は店舗にもよりますが3000~10000円程度です。

ソフトバンクオンラインショップなら頭金が0円なんです。

またソフトバンクショップによっては頭金を安くする代わりに

有料や無料のオプションをつけてくることがあります。

「このアプリを1か月使ってくれたら頭金安くしますよ~」

なんて大抵は言ってます。

ソフトバンクオンラインショップではそのような面倒なオプションもありません。

頭金が無料になることによって

金銭的に3000~10000円ほどお得です。

ただはじめてソフトバンクオンラインショップを使う時や

機種変更する時って色々と心配事がありますよね?

解決方法を次でご紹介しましょう。

ソフトバンクオンラインショップを使う心配の改善点

ソフトバンクオンラインショップを使う時に心配なのは

色々と相談できない事ではないでしょうか?

その相談事も2つに別れるかと思います。

まずは購入前、事前相談というものです。

「自分に合ったスマホが分からない」

「料金プランについて相談したい」

といったものです。

この解決方法は2つあります。

1つ目はちょい手間ですが、ソフトバンクショップ、もしくは家電量販店に行き

事前に相談しちゃいます。

自分の希望するスマホの使い方や今の料金を元にした

自分に適切なプランを教えてくれます。

みんな親切に教えてくれますよ。

ただ、これだたと結局店舗へ足を運ぶ手間が出てきてしまいますよね。

ですので、今ソフトバンクオンラインショップでは

オペーレートチャットというのをやっており、オンラインショップから

色々と質問する事ができ、リアルタイムで回答を貰えます。

サイトの利用方法で分からない事なども相談できますよ。

ソフトバンクオンラインショップの中にこんなのがあるので、押してもらえると

オペレートチャットが利用できます。

これを使えば、購入前の疑問を解消する事ができるでしょう。

続いては購入後の相談ですね。

「スマホの初期設定が分からない」

「電話帳の移行の仕方が分からない」

といったものです。

これは非常に分かりやすい説明書が同封されてますので

問題ないです。

ただそれでも心配!

自分でやるのが怖いという人もいるでしょう。

そんな人は、ソフトバンクオンラインショップは受取場所を

自宅とソフトバンクショップと選択できるのでソフトバンクショップ受取にすれば

ソフトバンクショップで購入したのと同じように設定して貰う事ができます。

ソフトバンクショップへ行くという手間は増えますが、どうしても心配なら

店舗受取を選べばいいかと思いますよ。

設定するのに手数料がとられるわけではないですし

もちろんソフトバンクショップで受け取ったからといって頭金がかかる事はありません。

店舗に行く手間はでますが、お安く機種変更はできます。

また一度自宅で受取り、やってみてできなかったから

ソフトバンクショップへもっていくというのでももちろん問題ないので

それについては旨くソフトバンクショップを使うといいと思います。

はじめてつかう時は、難しいかなぁと心配かもしれませんが

やってみると順番に入力していくだけなんでとても簡単です。

時間的にも金銭的にもメリットがあるので是非、機種変更の際は

ソフトバンクオンラインショップをおすすめします。

ソフトバンクオンラインショップはこちらよりアクセスできます。

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

ソフトバンクの2019年夏モデルのおすすめランキングのまとめ

ソフトバンク2019年夏モデルのおすすめランキングいかがでしたか?

今回の夏モデルはどの機種もカメラ機能がデュアルカメラを搭載していて、一眼レフカメラのように背景をボカしてみたり明暗をはっきりさせたりと多彩な撮影方法ができるようになりました。

やはり前評判どおり、Xperia1の操作性、映像、カメラ機能、デザイン性など、すべての部分で最高品質だと思いますし、一番おすすめですが、AQUOS R3もとても高いスペックのスマホだと思います。

価格によってはAQUOS R3の方がコスパも考えると一番おすすめかもしれませんね。

私はXperia1よりすごく安いようならAQUOS R3にしようかな…と悩んでいます。

しかし、カメラ機能はXperia1は瞳AFやトリプルカメラ搭載でズーム撮影しても画質が鮮明で、キレイな写真を撮ることができるので、カメラ機能が重要な人はXperia1が一番いいと思いますよ。

arrows Uもガラケーからスマホに買い替えを検討されているシニア向けですが、とても使いやすい機種になっていると思います。

最近シニアの方でもスマホにしている人はどんどん増えていっているので、スマホに苦手意識がある人もまずこの機種から挑戦していってほしいですね。

各メーカーそれぞれにいい部分がたくさんある機種が揃っているので、どの機種がいいかまだまだ悩みそうです。

発売日が待ち遠しいですね!

-ソフトバンク
-, , , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.