皆さんは家のWi-fiはどうやって飛ばしていますか?
大体多くの人はNTTのフレッツ光だったりするのかな~と思いますが
結構色々面倒なんですよね~手続き。
戸建だと開通工事とかもあるし、それなりにお金もかかる。

マンションとかだと割と楽だし安いんですけどね。

そんな中、ドコモから出たwi-fi STATION(HW-01L)。
一体どんなスペックでどれだけ使い勝手がいいのかを調べてみました!

wi-fi STATION(HW-01L)のスペック

まず比較対象としてフレッツ光のスペックを軽く紹介しますと
パソコンの場合には送受信最大1Gbpsで
スマホの場合には受信時最大867Mbpsとなっています。

そして以下がドコモのWi-fi STATIONのスペック

これまでのドコモのモバイルWi-fiルーターは2017年9月が788Mbps
2018年度以降に関しては1288Mbps、つまり1Gbpsを超えることができました。
それは5つの周波数帯を束ねたキャリアアグリゲーションによって可能になったといえます。

つまり光回線と同等の高速通信が可能になっています。

同時接続台数は17台まで、通常の家庭で使う分には十分すぎる台数ですね。

接続も簡単でスマホやタブレットはQRコードの読み込みでOK
面倒なパスワード入力はいりません。

パソコンなどに関してはUSBでの接続が可能になっています。

光回線だとパスワードの入力が必要になるので
最初繋ぐ時や、友達が使う時なんかは若干の面倒くささがありますが
QRコードだけならかなり楽ですよね。

モバイルルーターのメリット・デメリット

メリット

大きなメリットとしては「持ち運びができる」ことでしょう。
どこにでも持って行けるので仕事のためにパソコンと一緒に、というように
使い方は大きく広げることもできます。

また複数の端末に同時接続できるので、パソコンだけでなく
スマホや音楽プレイヤーなど様々なものが利用しやすくなります。

タブレットでもSIMがなくてもWi-fiがあればつなげられるタイプのものなどがあれば
子供が使ったりするときにも便利ですよね。

次の大きなメリットとしては「工事がいらない」ことです。
光回線だと場所や建物によっては工事が必要になります。
その工事も日時を決めたりお金がかかる場合もあります。
ちょうど引っ越しシーズンだと工事日が先になってしまって開通まで時間がかかる場合もありますが
持ち運びできるルーターならすぐに使うことができます。

そして重要なポイントとなるのが「通信費の節約」ですね。
光回線だとそれに加えてプロバイダの契約なども必要で
最低でも5千円以上はかかることが・・・
ただモバイルルーターだとその費用を節約できる場合もあります※契約内容にもよります

デメリット

一番のデメリットとしては「バッテリー式」であるということ。
光回線であれば通常電源をつなぎっぱなしであとは起動しているのでいつでも繋がりますが
モバイルルーターとなると充電が必要になります。
もしバッテリーが切れてしまったら使えなくなるというデメリットがあります。
充分に充電して外出先で使えればそれでいいのですが
うっかり充電が不十分な場合には困りますね。

また超!ド田舎で電波がまず届かない、とかそういう場合においてはエリア圏外となり接続が難しいです。
つまり「つながらないエリアの可能性」という意味では
事前につながるかどうかを調べておく必要性があります。
ただふつうに携帯が繋がるのであれば通常は大丈夫でしょう。

そして最大のデメリット。それは「通信制限がある」ということ。
大体のモバイルルーターがそうなのですが、1か月に7GBまでが制限のところが多く目立ちます。
ただドコモのこのルーターに関してはまだどのくらいの通信制限があるかわかっていません。
連続通信時間や連続待ち受け時間も未定となっていますし
どのようなプランにしてくるのか詳細を待つしかないですね。
もしかしたら通信制限のないプランもあるのかもしれませんしそこはなんともいえません。

しかし通信制限がかかると通信速度が落ちるのでそこが困りものになります。

そこでいちいち追加でデータを購入していくと、費用がかさばる可能性があります。

どんな人にモバイルルーターが向くか

例えば仕事でパソコンをガンガン使うし家族もみんな携帯を使っていて
動画も音楽もゲームも沢山するし、っていう場合にはちょっと向かない可能性が出てきます。
また超!ド田舎でエリア圏外だという人はいわずもがな、使えないですね。
そうなると固定の光回線のほうが安定して使えますし、制限がないのでおすすめです

ただ仕事で外にパソコンを持って行ったり、外出の機会が多い人や
仕事柄、引っ越しすることが多かったり予定のある人などはモバイルルーターは使い勝手が良いと言えます。
すぐ使えて工事などの必要がないのでやはり気軽と言うのは大きな点ですね。

例えば学業などで期間限定で上京しているとか、仕事でこの1年しか滞在しないとか
そういった場合にはやはりモバイルルーターはおすすめできます。

wi-fi STATION(HW-01L)の予約・発売日はいつか

今の時点では2019年春発売予定となっていて、詳細な日時はわかりません。
ただ予測ですが、新学期が始まる4月に使う事を想定しての2月下旬から3月上旬発売なんじゃないかな~と思っています

wi-fi STATION(HW-01L)の価格

価格はなんと実質負担金は0円!

総額 25,920円が全額割引となっています。

ただどのくらいのプランで使用ができるのかが肝になりますね。
料金プランが気になります。

今現在のプランは以下となります。

例えば家族で使う場合に、パケットパックをウルトラシェアパック30にして
スマホはシェアオプションにすれば安く使えますよね。
総額÷人数で考えてみたらいいかなと思いますが
これが安いか高いかどうかを感じるのはそれぞれ違うかな~といったところ。

一人で使う場合にはベーシックパックだと20GB7000円なのですが
ウルトラデータLパックの20GBが6000円なので
ウルトラデータLパックの契約にして
スマホをシェアパックにして、パソコンも使えるとしたら結構使い勝手はいいんじゃないでしょうか。

wi-fi STATION(HW-01L)を契約するなら

wi-fi STATION(HW-01L)が欲しい!という人へお勧めの契約方法をご紹介します。

ドコモオンラインショップって知ってますか?

マイドコモなどは知られてるのですが意外とドコモオンラインショップって知られてないんですよね。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップとはドコモが直営するネットショップです。

今やネットを使い契約の確認や変更、アクセサリーの購入はもちろん

新規契約もできちゃうんです。

ドコモオンラインショップでの新規契約はかなりおとくなんです。

ドコモを使っており機種変更するならなぜドコモオンラインショップを使わないともったいないです。

そんなメリットをご紹介しましょう。

まずは時間的なメリットが大きいです。

ドコモショップって混んでますよね?今は店舗予約なんかできるようになりましたが

それでも家からドコモショップへ行って、契約してなんかしていると2,3時間はかかりますよね?

しかしドコモオンラインショップだと15分もあれば契約終了しちゃいます。

まずはドコモショップや家電量販店に行く時間の節約、契約にかかる時間の節約ができるんです。

続いては経済的なメリットです。

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金という謎のお金が取られます。

こんなのです。

頭金について詳しく知りたい人はこちら

ドコモで機種変更の時の頭金、これって違法?返金して貰えるの?

これがドコモオンラインショップだと0円お金がかかりません。

またドコモショップや家電量販店だと新規契約や機種変更の際に2000~3000円の機種変更事務手数料がかかります。

それがドコモオンラインショップだと無料なんです。
2018年9月1日(土曜)以降
すべてのお手続きにおいて事務手数料が無料となりました。

ですので金銭的に5000~12000円程度おとくなんです。

時間的なメリット、金銭的なメリットがとても大きいのでぜひドコモで機種変更するなら

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

もし契約内容に関してわからないことがあったり、色々相談したいという人もいるでしょう。

そんな人へおすすめなのがドコモオンラインショップは受取場所を

自宅以外にもドコモショップも選べます。

ですのでドコモショップで受け取りにすれば初期設定や相談などもできるでしょう。

金額はドコモオンラインショップの安いままで

ドコモショップで買ったのと同じようなサービスを受けられるのでおすすめですよ!

まぁ、自宅で受け取って設定できなかったらショップにもっていってもやってもらえるし

詳しい説明書があるんで自分でも十分やることはできると思いますよ。

購入の流れをこちらのマンガで確認しましょう。


Source by ドコモ公式オンラインショップ

ドコモオンラインショップがまだ不安な方の為のメリットデメリット対策を纏めた記事です

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

ドコモオンラインショップはこちらです。

新規契約を考えている人はぜひ使ってみて下さいね。