またまた来ましたね。

らくらくスマフォ& docomowithの組み合わせ。

1年前にも発売してかなり好評だったのでこちらも予想通りです。

意外と知られてないのですが、らくらくフォンって累計販売数2,900万台突破したそうです。

2001年から「しんせつ」「かんたん」「見やすい」「あんしん」をもっとうに

本物の使いやすさを継承してきました。

その販売台数が物語っているといえるでしょう。

前回はdocomowithでもついに登場という感じで

性能はいまいちでした。しかし今回は2作目という事で

性能もかなりお勧めです。

では見て行きましょう!

らくらくスマートフォン me(F-01L)の性能(スペック)

いつも見ている機種と比べると非常に分かりづらいです。

ってか、比べる基準がちがうんでしょうね。

ですので他のラクラクスマートフォンと比較してみましょう。

らくらくスマートフォンの比較

対応機能

これを見ると非常によくわかるのですが、前回はdocomowithで発売するのを目標としていたので

かなり性能を対応機能を抑えているのが分かりますね。

1年ほど、差があるのにほとんど性能はあがってない、いやあがってないどころか

いくつか抑えている機能があるように思えます。

今回のらくらくスマートフォン me(F-01L)は

docomowith対応なのに、性能は普通に発売している

らくらくスマートフォン4(F-J04)よりハイスペックと言って間違えないでしょう。

これかららくらくスマートフォンを購入するなら

らくらくスマートフォン me(F-01L)一択でしょうね!

らくらくスマートフォン me(F-01L)の予約開始と発売日

そして発売日です。

ドコモが発表しているのは

2019年春発売予定!

過去の2機種から考えるにおそらく2月でしょう。

予約開始は発売の10日前前後です。

となると1月中旬からではないでしょうか?

こちら分かり次第追記しますね。

らくらくスマートフォン me(F-01L)のカラーバリエーション

色は3色、らくらくフォンシリーズにしては少ないですね。

スマホはケースをつけちゃうのでカラーを気にしない人がおおいからでしょうね。


ピンク


ブラック


ゴールド

らくらくフォンでの鉄板色はしっかりおさえてあるってイメージでしょう。

らくらくスマートフォン me(F-01L)の価格と在庫

機種代金は43,416円となってます。

2年分割、24回払いなら

1,809円×24回

となります。

docomowith端末なので月々サポートはないです。

しかし使っている限りずっと機種代金より1,500円引きとなります。

分割組んだとしたら2年間は309円の機種代金がかかり、

2年後は通話料から1,500円引かれます。

値段はちょいあがったけど、長く使うならこのくらいのスペック合った方がいいと思います。

またらくらくスマートフォン me(F-01L)の在庫感なのですが、

らくらくフォンシリーズはかなり在庫切れを起こしやすいのですが

今回はdocomowoth端末なのでどうでしょうか?

とても読みづらいです。

らくらくスマートフォン me(F-01L)は

らくらくスマートフォンの中ではかなり性能がいいですし

docomowith端末でもあるので一定の需要は間違えなくあるでしょう。

僕も実家の両親に買ってあげようかなぁと思うような機種ですね。

早めにほしい人は是非ドコモオンラインショップで予約する事をおすすめします。

ドコモで機種変更するなら

新型iPhoneが欲しい!という人へお勧めの機種変更方法をご紹介します。

ドコモオンラインショップって知ってますか?

マイドコモなどは知られてるのですが意外とドコモオンラインショップって知られてないんですよね。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップとはドコモが直営するネットショップです。

今やネットを使い契約の確認や変更、アクセサリーの購入はもちろん

機種変更もできちゃうんです。

ドコモオンラインショップでの機種変更はかなりおとくなんです。

ドコモを使っており機種変更するならなぜドコモオンラインショップを使わないともったいないです。

そんなメリットをご紹介しましょう。

まずは時間的なメリットが大きいです。

ドコモショップって混んでますよね?今は店舗予約なんかできるようになりましたが

それでも家からドコモショップへ行って、契約してなんかしていると2,3時間はかかりますよね?

しかしドコモオンラインショップだと15分もあれば契約終了しちゃいます。

まずはドコモショップや家電量販店に行く時間の節約、契約にかかる時間の節約ができるんです。

続いては経済的なメリットです。

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金という謎のお金が取られます。

こんなのです。

頭金について詳しく知りたい人はこちら

ドコモで機種変更の時の頭金、これって違法?返金して貰えるの?

これがドコモオンラインショップだと0円お金がかかりません。

またドコモショップや家電量販店だと新規契約や機種変更の際に2000~3000円の機種変更事務手数料がかかります。

それがドコモオンラインショップだと無料なんです。
2018年9月1日(土曜)以降
すべてのお手続きにおいて事務手数料が無料となりました。

ですので金銭的に5000~12000円程度おとくなんです。

時間的なメリット、金銭的なメリットがとても大きいのでぜひドコモで機種変更するなら

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

また今ならオンラインショップ限定特典として5,184円分還元しております。

機種変更ならdポイント、新規やMNPなら機種代金から割り引かれます。

機嫌は2018年11月30日(金曜)までです。是非この期間の機種変更がおすすめです。

ただ機種変更にあたり、初期設定や電話帳の移行が不安。

色々相談したいという人もいるでしょう。

そんな人へおすすめなのがドコモオンラインショップは受取場所を

自宅以外にもドコモショップも選べます。

ですのでドコモショップで受け取りにすれば初期設定や相談などもできるでしょう。

金額はドコモオンラインショップの安いままで

ドコモショップで買ったのと同じようなサービスを受けられるのでおすすめですよ!

まぁ、自宅で受け取って設定できなかったらショップにもっていってもやってもらえるし

詳しい説明書があるんで自分でも十分やることはできると思いますよ。

購入の流れをこちらのマンガで確認しましょう。


Source by ドコモ公式オンラインショップ

ドコモオンラインショップがまだ不安な方の為のメリットデメリット対策を纏めた記事です

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

またこちらの動画でもドコモオンラインショップでの購入の流れをご確認いただけます。

ドコモオンラインショップはこちらです。

機種変更する人はぜひ使ってみて下さいね。

まとめ

2018~2019年冬春モデルはこれ以外にも素敵な機種がたくさん発表されました。

スマホにしたいけど、らくらくスマホちょいなぁという人にオススメなのが

AQUOS sense2 SH-01Lです。

AQUOSブランドは徹底した市場調査や利用者の事を第一に考え

2017年2018年androidスマホ利用者No、1になりました。

そんなアクオスのdocomowith機種です。

はじめてスマホを使う人には簡単モードなどがあり使いやすいです。

AQUOS sense2 SH-01Lもおすすめです。

AQUOS sense2 SH-01Lの詳細はこちら

AQUOS sense2 (SH-01L)の性能(スペック)予約開始や発売日、カラーや価格、在庫について。コスパ最高!

他にも良い機種は色々あるので、よければ合わせて他の記事もご覧ください。

Galaxy Note9 (SC-01L)の性能(スペック)の予約開始や発売日、カラーや価格、在庫、ポイントはSペン!

Galaxy Feel2(SC-02L)の性能(スペック)の予約開始や発売日、カラーや価格、在庫、docomowith対象!

Xperia XZ3(SO-01L)の性能(スペック)予約開始や発売日、カラーや価格、在庫、キャンペーンについて