「iPhone一台あればデジカメは要らない」と日々の生活の中で感じることが多々あります。

初めて思ったのはiPhone6Sを持った時ですが、iPhone7 Plusを利用した時には

デジカメは持ち歩いていませんでした。

気軽に撮影できて、しかも綺麗な仕上がりです。

自動的に補正も入れてくれるので、技術も何も必要ありません。

デジカメの方が難しかったくらいです。

そう!iPhoneのカメラ機能が本当に凄いのです。

その中でも最近Appleが力を入れているのが、「ポートレート機能」です。

背景をぼかして被写体をしっかりと写す機能が利用できた時は本当に感動しましたが、

今ではもっと性能が良くなり様々なことができるようになっているのです。

ご存知でしたか?

今日はそんな素晴らしいiPhoneのポートレートの魅力についてお話ししていきます。

ポートレートモードとは

iPhone 7 Plus・iPhone 8 Plus・iPhone Xのデュアルカメラを使い、

背景をぼかしながら被写体をくっきりと際立たせた写真が撮れる機能です。

被写体にピントがしっかりあっているように見える範囲を被写界深度と言いますが、

その効果を浅くしたり深くしたり調整ができます。

通常の写真

普通ですよね。曇りの日に撮影したのですが、綺麗に写っています。

ポートレートモード

分かりますか?背景がボケっとなっていて、ぬいぐるみが浮き上がって写っているようです。

これが、ポートレートなのです。

そして、このボケ感を調節することができます。

被写界深度が浅い写真

後ろのボケ感が強いのが分かります。

より被写体がはっきりと写っているのを感じてもらえることでしょう。

そして、反対に

被写界深度が深い写真

背景のボケ感が先ほどよりは強くありません。

このボケ感を「被写界深度が深い・浅い」と表しているのですよ。

iPhone8 PlusとiPhone X以降のモデルであれば、

スタジオで撮影したような効果を期待も出すことができます。

撮影後にカメラロールから写真を選択し、編集をタップすると

「スタジオ照明」「輪郭強調照明」「ステージ照明」「ステージ照明 (モノ)」から選択ができ、魅力的な写真を残すことができます。

撮影後に編集できるのも良いですよね!

iPhone X以降のモデルであれば前面カメラのTrueDepthでも、ポートレートモードの自撮りが可能です。

こちらの写真がセルフィーで撮影した写真です!

インカメラで撮影してますが、背景もしっかりボケていて美しいですよね。

ポートレートモードの撮り方

①カメラアプリを開く
②モードをスワイプしている「ポートレート」に切替
③「自然光」という文字が黄色くなっていたら撮影可能

だいたい被写体から2.5m以内で撮影しなければいけないので、距離が調節できません。

それでも十分ですけどね!

ピントが合わないと「離れてください」や「近づいてください」とポップがでます。

モード

様々なモードで撮影を試してみました!
自然光

スタジオ照明

輪郭強調照明

ステージ照明

ステージ照明(モノ)

違いが分かりづらいかもしれませんが、モードが5種類より選べます。

ステージ照明は、この被写体がぬいぐるみなのでこのような感じになっていますが

人で撮影するとくっきりと人型になります。

撮影してから編集で被写界深度エフェクトを変更可能です。

iPhoneのポートレートモードは凄い

デュアルレンズを使い、一眼で撮影しているような写真が気軽に撮影できるのが凄くないですか?

セルフィーでも撮れるので、自分たちの姿がくっきりと写真に残せます。

技術も要らずにプロのような写真が残せる時代が来たのですね!

スゴさに驚いてしまいます。

インスタ映えする写真が簡単に撮れます!

1200万画素のデュアルレンズなので、画像も美しいです。

iPhone8では利用できない

ポートレートモードが利用できるのは、機種が限られています。

iPhone7 PlusやiPhone8 Plusのようなデュアルカメラ搭載のiPhoneと、iPhone X以降の最近発売された

iPhone XSやiPhone XS Max、今月発売されるiPhone XRが対象です。

残念ながらiPhone8では、利用できないのです。

ポートレートが使いたくて機種変更をするのであれば、価格も安いiPhone XRをお勧めします!

3D Touchが非搭載なだけで、iPhone XSとほぼ同じ性能が備わっていながら

10万円を切る価格なので満足できるiPhoneですよ!

iPhone買うならオンラインショップ

そして最後にオンラインショップのご紹介です。

この記事を読んでいる人はほとんどの人がもう使っているかと思いますが

今はソフトバンクやauはもちろん、ドコモでもショップや家電量販店には並ばずに予約、購入する時代です。

だってあの混雑しているお店にいって、長い時間かけて機種変更するなんて面倒じゃないですか?

もっと簡単な方法があります。

その方法は各キャリアのオンラインショップです。

ドコモ

ドコモオンラインショップ

au

au Online Shop

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップ

オンラインショップとは各キャリアが直営しているインターネットにて

機種変更ができる便利なサービスです。

このサービスを利用すると店舗に並ばずして、うまく行けば今回の記事のように

発売日にiPhoneを入手する事ができるんです。

iPhoneの予約開始は、どこでもいっしょです。都道府県による差はありますが、

各キャリアショップだから早いという事もなく、全員が一緒にスタートです。

また各キャリアショップも同じようにシステムを使って入力していきます。

店舗だと店員さんが打ち込み、オンラインショップだと自分で打ち込むって事です。

人を通さない分、早く予約できますよね?

新型iPhoneは1分予約が遅れると手元に届くのが2,3日遅くなると言われてます。

少しでも早く予約できる方がいいですよね。

ECショップなので24時間日本全国どこからでも使えます

早く予約できれば、うまく行けば発売日に入手する事も可能です。

また、キャリアショップや量販店では必須だった頭金が

オンラインショップだとなんと0円、無料なんです。

しかも余計なオプション加入もないですよ。

また余計な営業を受ける事もないので自分に必要なものだけを選べます。

時間はかからないし頭金がかからない分端末代金が安いのは分った。

でも初期設定や電話帳の移行が不安だからキャリアショップの方がいいなぁ~

なんて思う人もいるでしょう。

そんな人のおすすめなのが各キャリアショップ受取りです。

オンラインショップでは受取り場所をあなたの都合の良い

キャリアショップに設定する事ができます。

料金プランや端末で不安なら全キャリア

事前にチャットで質問する事もできます。

まだ使った事ない人は是非使ってみて下さいね。

漫画でポイントまとめてみました。

ドコモ

*ドコモの場合、機種変更にかかる事務手数料も無料です。

ドコモオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

au

auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

まとめ

このようにプロが撮影したような写真を簡単に撮れるのがiPhoneの魅力でもありますが、

iPhone8利用者やポートレート機能に対応していないiPhoneユーザーは是非iPhone XRへの機種変更をオススメします。

今月10月19日(金)予約開始、10月26日(金)発売開始です!

新機能が利用できれば人との差が付きますし、なによりカメラ機能は旅行でも大活躍です。

ポートレートモードの凄さが分かって頂けたと思うので、

気になる人は是非店頭に置いてあるデモ機械でも試してみてください。

iPhoneXRを予約しようと思っている人必見。是非読んでね

iPhoneXRのドコモ・au・ソフトバンクのオンライン予約専用ページと注意事項