新しい機種にすると旧機種はどうするか?というと
だいたい下取りか、自分で売るか、コレクションとしてとっておくか・・・ですよね。
でも今は新しい機種を買うと結構自己負担が多いので、少しでも安くすませたいところ。
そうなると下取りか自分で売るかの2択になりますね。

では各オンラインショップでの下取りを申し込んだらどうなるのでしょうか?
さっそくキャリアごとにみていきましょう!

ドコモオンラインショップの下取りの場合

ドコモの下取りプログラムは機種変更の時に同時に申し込むことができます。
キャンペーンといったりもしてますが、ほぼほぼいつでも出来るかと思います。
公式ではこんな風に書かれていました。

全てのドコモショップ、ドコモ取扱い店舗、ドコモオンラインショップでのみ下取りをお申込み可能です。なお、一部の家電量販店などにおいては、下取りポイント進呈額が10,000pt以上の場合は店頭でお預かりすることができません。
店頭でお預かりすることができない場合は、「NTTドコモ下取り窓口」との郵送でのお手続きとなります。詳細については、各ドコモ取扱店にお問い合わせください。

家電量販店だと下取りには向かないみたいですね。

ただ基本、ドコモショップなら店頭でも受付窓口で下取り・検品をしてもらえます。
※ポイント100ptとの交換機種の場合、店頭方式の下取りのみお申込み可能です(郵送方式での下取り申込みはできません)。なお、100pt交換対象商品はXi・FOMA対応機種に限ります。
まぁ店舗での下取りになると、おそらくその場で機種変更をする人だと思います。
その時の下取り金額で安く購入するなどのメリットはあります。

郵送での場合には、送付キットが送られてきます。
機種変更での申込みで同時に申請すれば、およそ一週間程度で届きます。
こちらも本人が受け取りとなるので、本人確認ができず受け取れない場合には自動キャンセルされます。

自分でデータのバックアップやデータ消去、初期化をしてから
ポイント交換申込書と一緒に返送します。

ドコモで査定し、受付が完了します。
もし下取りが可能であれば検品終了翌日に一括でポイントがはいりますが
下取りが不可の場合には返送されます

ドコモの場合には、dポイントクラブまたはドコモビジネスプレミアムクラブに加入していないとできません。

下取りの条件は以下となります

・ドコモが販売したiPhoneの場合、下取り申込みする自回線の機種購入履歴に登録されており、その購入において不備・不正や機種購入代金の未払いがないこと
・他社が販売したiPhoneの場合、以下条件を満たす必要があります
下取り申込み機種が正規店で購入されたiPhoneであること

・新規契約(MNP含む)と同時に、ドコモのiPhone・iPad・スマートフォンやタブレット、ドコモ ケータイをご購入いただき、下取りのお申込みをいただくこと
・下取り申込み機種にネットワーク利用制限がかかっていないこと
・下取り申込み機種に故障、水濡れ、破損がなく、正常に動作すること
・下取り申込み機種に記録されているメモリ/データが消去できること(一切のデータはお客様ご自身の責任で消去していただきます)
・改造していないこと
・お客様が下取り申込み機種の所有権を有していること
・電源ボタン・リアカバー・充電口のキャップ・電池・アンテナなど、購入時に本体に付属しているものについて紛失していないこと

下取りには他キャリアで購入したiPhoneやSIMフリー、海外キャリアのものも可能になっています。

まずはドコモが販売したiPhoneの下取り価格がこちら

 

アンドロイドはこちら

 

 

 

ただ情報量がすごい多いので、他社のアンドロイドやスマホの下取り価格はこちらとなります

他者の下取り価格はこちら他のキャリアの下取りもしてくれるところはありがたいですね!

auオンラインショップの下取りの場合

auでの下取りは、機種変更をするときに下取りプログラムを申し込むことで出来ます。
手続きは郵送またはauショップでのお手続の2通りが選択できます。

郵送に関しては、後日送付の回収キットにて下取りをします。
大体機種変更の手続きから1週間ほどでキットが到着する予定になっています。
回収キットは受け取る時には本人確認の必要な郵便となるため、
本人確認書類(免許証、パスポート等)を郵便局員に見せる必要があります。

もし仕事などで家にいることが少ない場合には、郵便局窓口での受け取りがいいかもしれませんね。

回収キットは受け取りから10日以内の返送となるので、遅れないようにしましょう。

基本難しいことはないので、大丈夫なのですが、注意すべきは下取りができる状態かどうか。

・電源が入らない
・充電しても充電ランプが点灯しない
・暗証番号ロック解除とオールリセットが実施されていない
・水ぬれシールに水ぬれ反応がある
・製造番号が確認できない
・改造などのメーカーの保証外である

これらは下取りできなくなりますので要注意。
またSDカード・ストラップ等の付属品の取り外しもきちんとしておきましょう。

もし下取りができないとauで判断された場合には、機種はまた返送されてきます。
下取りが完了した場合には、ウォレットポイントを進呈したうえでSMSにて連絡がきて完了です!

auショップに持ち込んだ場合には、auオンラインショップにて注文した際の
・発送のご案内メール画面
・auオンラインショップの注文履歴詳細画面
を窓口のスタッフに見せましょう。購入した、という証拠があれば窓口で取り扱ってもらえます。

そこで状態などをみて下取りが大丈夫かなどをチェックしてもらい、下取りが可能であれば
その場でのポイント加算となります。

もしポイントが早くに欲しい!と言う場合には自分で窓口に行くことをおすすめします。

下取り価格はこちら

 

またiPhoneに関しては注意点が一つ。

※下取り対象のiPhoneが「AppleCare+」の保証(及びサポート)期間内の場合、最寄のauショップで「AppleCare+」の廃止をしてください。(自動廃止にはなりません。)

となっているので、そこはちょっと面倒かも。
iPhoneに関しては窓口の方が一回で終わるからいかもしれませんね。

しかしアンドロイドの下取り価格はちょっと渋いですね。

それを考えるとメルカリとかで自分で売るほうが良いかも…

ソフトバンクオンラインショップの下取りの場合

ソフトバンクオンラインショップでの機種変更の際に、今までソフトバンクで購入して使っていた機種も
下取りに出せます。

下取りに出せない機種は以下の通りになります
・電源が入らない(スリープボタンが正常に機能しない)
・初期化されていない(ロック解除がされていない)

郵送の場合にもまずは店頭での下取りサービスの申込みが必要になります。
申込み店舗で申込書を貰う事ができますが
もしその店舗が下取りを受け付けていないとしても、受取人確認配達サービスにて送付キットが送られます。

公式ではこのように書いていました。

お受け取りにあたって本人確認を実施いたしますので、顔写真つきの本人確認書類(免許証、パスポート、個人番号カード[マイナンバーカード]など)をご用意ください。顔写真つきの本人確認書類をお持ちでないお客さまは、店頭回収サービスの受付店舗(ショップ検索)にて回収をお申し込みください。

マイナンバーって久々に見たわ笑

送付キットの申込みから約1週間ほどでの到着となりますが、返送は申込みから14日以内なので
それを過ぎてしまうと下取りの申込み自体が取り消しとなってしまいます。

下取り機種のデータバックアップや初期化、各種ロックの解除をして
下取り端末・添え状・委任状・登録事項証明書を同封して返送します。

下取りが可能な場合にはSMSにて連絡し、特典が適用されます。
もし下取りが不可の場合にはそのまま返送されます。

店頭での下取りの場合にはまずは自分で出来るデータのバックアップや初期化、ロックの解除をしておきます。
そのまま店頭にもっていって、下取りできるか査定をしてもらい、本人確認をしたうえで
申込みと同意書に署名します。

そのまま機種は店舗で回収されます。

下取りを申し込んだ翌月の請求額から割引が開始されます。

下取り金額は破損の具合などによっては減額されますが、以下の通りになっています。

×24回なのはその回数にわけての利用金額からの値引きということです。

3キャリアともほとんど同じ流れ

3キャリアも
申込み→本人確認の上送付キットを受け取り→初期化・バックアップ・ロック解除などをして返送

→検品後下取りが可能であればポイント付与

→下取り不可であれば機種ごと返送

という流れになっていますね。

ただ、金額をみて思うのですが、中にはメルカリ・ヤフオクなどで
個人で売買した方がずっと高いパターンていうのもあると思います。

もし故障とか画面割れしていても、部品取り用で出している人もいるくらいですから
そこらへんは下取りにするかどうか迷うところですよね。

忙しくてメルカリとかしてらんないよ!っていう人は
下取り申込みで郵送のみなので、とっても簡単です。

機種変更時に下取りプログラムを使うかどうかを考えて、する人は
機種変更時に一緒に申込んでおきましょう。

難しいことはないので、下取りプログラムを使いたい人はトライしてみてくださいね!

スマホ(携帯電話)を機種変更するのにおすすめは?

そして最後にちょっとおとくな情報をお伝えしましょう。

それはドコモ、au、ソフトバンクでおとくに機種変更する方法です。

スマホ(携帯電話)を機種変更するのに一番おすすめなのは

各キャリアのオンラインショップです。

ドコモ

ドコモオンラインショップ

au

au Online Shop

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップ

オンラインショップとは各キャリアが直営しているインターネットにて

機種変更ができる便利なサービスです。

ECショップなので24時間日本全国どこからでも使えます

場所にもよりますが大体3日程度で手元に届きます。

また、キャリアショップや量販店では必須だった頭金が

オンラインショップだとなんと0円、無料なんです。

しかも余計なオプション加入もないですよ。

また余計な営業を受ける事もないので自分に必要なものだけを選べます。

時間はかからないし頭金がかからない分端末代金が安いのは分った。

でも初期設定や電話帳の移行が不安だからキャリアショップの方がいいなぁ~

なんて思う人もいるでしょう。

そんな人のおすすめなのが各キャリアショップ受取りです。

オンラインショップでは受取り場所をあなたの都合の良い

キャリアショップに設定する事ができます。

料金プランや端末で不安なら全キャリア

事前にチャットで質問する事もできます。

まだ使った事ない人は是非使ってみて下さいね。

ドコモ

2018年3月限定ドコモの最新機種が機種変更で割引になるクーポンを発行してます。
詳しくはこちら

ドコモの2018年3月でおとくなキャンペーン!おとくなクーポンのお知らせ!

ドコモオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

au

auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

機種変更する人はぜひ使ってみて下さいね。