iPhone XS・iPhone XS Max

iphone11とiphone12を比較|見た目・性能も大きく変わるか?2

iPhone 12が発売されて、約1ヵ月が経とうとしています。

発売から少し時間が経ってそろそろiPhoneを機種変更しようかと考えている方も多いのではないでしょうか。

できる限り安いiPhoneが欲しいと思っている方!

その時に悩むのが価格の安いiPhone 11か、iPhone 11の後継機のiPhone 12ですよね。

今回は、この2機種はどこが違うのか、デザインや性能を比較していきます。

購入に迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

iPhone 11とiPhone 12の見た目・デザインを比較

iPhone 11は、iPhone 6から続いている本体が丸みを帯びたデザインをしています。

一方、iPhone 12はiPhone 4SやiPhone 5のような角張ったデザインが採用されています。
今年発売されたiPad Pro(第2世代)を小型化した感じの形です。

筐体は両機種に航空宇宙産業レベルのアルミニウムが採用されていますが、
iPhone 12はディスプレイがCeramic Shieldで保護されており耐落下性能がiPhone 11より4倍向上しています。
Ceramic Shieldは、ガラスにナノセラミッククリスタルを組み込んでおり、金属よりも硬いとされています。
どんなスマホのガラスより頑丈とのこと。
iPhoneを落とす頻度が高い方は、頑丈なiPhone 12に惹かれますよね〜。

触った感触は、iPhone 11は全体的にツルツルとしていますが、iPhone 12では背面はツルツルで側面はサラサラしています。

ディスプレイサイズは6.1インチと両機種同じですが、本体のサイズがiPhone 12の方が小さくなっています。

iPhone 11は150.9×75.7×8.3mm/194g、iPhone 12は146.7×71.5×7.4mm/162gです。

重さの違いも大きいですし、高さも幅も4mm程度iPhone 12が小さくなっており、ホールドした時にコンパクトになったことを実感するでしょう。
数字で表すと、11%薄く、15%小さく、16%軽くなりました。
画面サイズが同じで本体がコンパクトなら、そちらを選ぶ方が多いですよね。

側面が丸みを帯びている方が持ちやすいと言われていますが、スタイリッシュさではiPhone 12の方が良いかもしれません。
(好みもあると思いますが、、、)

カラーバリエーションを比較

iPhone 11のカラーは6色展開、一方iPhone 12のカラーは5色展開です。

iPhone 11は、パープル/イエロー/グリーン/ブラック/ホワイト/(PRODUCT)RED
iPhone 12は、ブルー/グリーン/(PRODUCT)RED/ホワイト/ブラックです。

iPhone 11はカラーバリエーション豊富でパステルカラーが多くポップな印象ですが、iPhone 12は深い青色が新たに加わり、全体的に落ち着いたカラーバリエーションとなっています。

このブルーがとても人気で、この色が欲しくてiPhone 12を予約する人も多いです。
性別や年齢問わず誰が持っても印象の良い色ですからね〜!

iPhone 11とiPhone 12の性能の比較

それでは次に本体性能について見ていきましょう。

ディスプレイ

iPhone 11とiPhone 12は両機種6.1インチのディスプレイを備えていますが、
iPhone 11はLiquid Retina HDディスプレイ(液晶)、iPhone 12はSuper Retina XDRディスプレイ(有機EL)です。
やはりiPhone 12のほうが、漆黒を表現できたり鮮やかでメリハリのある映像を映し出すことができます。
さらに、HDRもDolby Vision/HLG/HDR10に対応しました。
動画視聴を楽しみたい方はiPhone 12の方が見ごたえがあるかもしれません。

ずっとiPhone 12はノッチが小型化されると噂されていましたが、実際は小型化されているけどそれほどiPhone 11と変わらない印象です。

ベゼルはiPhone 12の方が狭くなっているのが見て分かります。

より美しいディスプレイはiPhone 12ですが、目で見て分かるはっきりとした違いはないでしょう。

CPU/パフォーマンス

大きく変化した性能がプロセッサです。
iPhone 11はA13 Bionicチップが搭載されていましたが、iPhone 12は最新のA14 Bionicチップが搭載されました。

さらにiPhone 12シリーズではiPhone史上初の5Gに対応し、高速・大容量・低遅延・多接続通信ができるようになりました。

大容量データでもサクサクとダウンロードやアップデートすることが可能です。
高画質のゲームもこれまで以上にストレスなく楽しむことができます。

国内ではSub-6のみに対応、新機能の「Smart Dataモード」により5Gを必要としない場面では4G LTEに自動で切り替えます。
バッテリーの節約に貢献する機能です!

A14 Bionicは業界初の5nmプロセスで製造、2個の高性能コアと4個の高効率コアの合計6コアCPU、GPUは8コア、118億個のトランジスタを搭載しています。
通常のAndroidスマホより50%も高速な通信が可能とのこと。

パソコン並みのプロセッサがiPhone 12シリーズには搭載されているようです。

RAMについては公式には言及されていませんが、iPhone 11もiPhone 12も容量は4GBとされています。
同じくバッテリー容量も公開されていませんが、iPhone 11が3,110mAhでiPhone 12が2,775mAhとされています。

iPhone 12の方がバッテリー容量が少ないようですが、実際の駆動時間は同じ位とされています。
A14 Bionicにより省電力性能が向上しているためと考えられます。

生体認証

生体認証はiPhone 11とiPhone 12は同じ、TrueDepthカメラによる顔認識です。

カメラ性能

iPhone 11とiPhone 12には、12MPの超広角と広角のデュアルカメラが搭載されています。

超広角レンズのF値は同じですが、広角レンズのF値はiPhone 12の方が少し明るくなっており、取り込める光量が27%アップしています。
これによりノイズも軽減されています。

大きな違いは、iPhone 12がDolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大30fps)とSmart HDR 3、ナイトモードのタイムラプス、フロントカメラのナイトモードとDeep Fusionに対応したことです。

またA14 Bionicによりイメージシグナルプロセッサやピント、被写界深度、明度、焦点などの画像処理がこれまでより高性能になっています。

ナイトモードはA14 Bionicにより強化され、暗い場所だと判断すると自動的にナイトモードが起動するようになっています。
これまでより簡単に暗所での撮影ができるようになりました。

フロントカメラでもナイトモードが利用できるのはセルフィーに役立ちます。
ナイトモードのタイムラプスでは、日中撮影することができない神秘的な映像を残すことができます。

iPhone 12シリーズからは動画撮影でもHDRが利用できるようになり、明暗差が激しいシーンでも白とびや黒つぶれを防ぐことができるようになりました。
スマートHDR 3では、ホワイトバランス・コントラスト・テクスチャ・彩度等を自動で最適化してくれます。

細かい部分でグレードアップしているiPhone 12。
カメラにこだわる方は多いので、このカメラ性能が欲しいかどうかでどちらを選ぶのかが変わってくるでしょう。

MagSafe

iPhone 12シリーズから新たなワイヤレス充電技術の「MagSafe」に対応し、無線で最大15Wの急速充電を可能にしました。

確実にそして安全に充電することができるMagSafeは別売で販売されています。

MagSafe対応の専用ケースもラインナップされています。

充電関連では、今回iPhone 12シリーズでは製品に同梱されているのがUSB-C Lightningケーブルのみで電源アダプタはついていません。

電源アダプタを持っていない方は購入する必要があります。

iPhone 11は、iPhoneを初めて持つ方でも充電器が同梱されていて安心です。

防沫性能、耐水性能、防塵性能

防水性能もiPhone 12では進化しています。

iPhone 11では水深2メートルで最大30分の耐水性能がありましたが、iPhone 12では水深6メートルまで耐えられるようになりました。

それほど深くiPhoneを水の中につける事はないと思うので、耐水性能に関してはどちらを選んでも問題ないでしょう。

iPhone 11とiPhone 12の値段比較

〜Apple価格〜
iPhone 11 64GB 71,280円(税込)
iPhone 12 64GB 94,380円(税込)

〜ソフトバンク価格(トクするサポート+)〜
iPhone 11 64GB 82,800円 実質負担金41,400円(プログラム料+9,360円)
iPhone 12 64GB 110,880円 実質負担金55,440円

〜ドコモ価格(スマホおかえしプログラム)〜
iPhone 11 64GB 87,120円 実質負担金58,080円
iPhone 12 64GB 101,376円 実質負担金67,584円

〜au価格(かえトクプログラム)〜
iPhone 11 64GB 82,405円 実質負担金50,485円
iPhone 12 64GB 103,430円 実質負担金55,430円

Appleで本体だけ購入する場合はiPhone 11がiPhone 12より23,100円安いですが、キャリアで購入する場合は購入プログラムを加味すると5,000円くらいの違いしかありません。

そのキャリアで契約を続けていくのであれば、各キャリアの購入プログラムを利用してiPhone 12を契約した方がお得かなと思います。
5,000円くらいの違いで最新機種に変えれるのですから。

本体を一括購入する場合は、販売価格が平均20,000円ほど差があるのでiPhone 11がお得です。

最新のスペックにこだわらない限りは、iPhone 11でも不便は全く感じないでしょう。
一括で購入した際に20,000円の性能の差をどれだけiPhone 12に見出せるかが重要です。

写真は撮れたら画質にはこだわらないし、電話やメールの連絡が取れたらオッケーと言う方が最新を選んでもあまり意味がないので、自分に必要な方がを選びましょう。

iPhone 11とiPhone 12はどちらを買うべき?

スペックではもちろんiPhone 12の方が優っていますが、
iPhone 11でも十分高性能なモデルなので、最新にこだわらなければiPhone 11でも問題なく使用できます。

iPhone 12が発売されたことにより値下げされたため、少しでも安いiPhoneを手に入れたい方はiPhone 11がお勧めです。

一方iPhone 12は、iPhone初の5Gに対応し最新のプロセッサも搭載されています。

いち早く5G通信を体験したい方や通信速度にこだわる方、最新を体感したい方はiPhone 12を購入してください。

先ほども述べましたが、キャリアで購入する場合は購入プログラムを使うとそれほど2つの機種の値段に差は無いのでiPhone 12の方がお得感があるのではないかなと思います。

しかし1円でも安くしたいと言う方はiPhone 11を購入しましょう。

さいごに

iPhoneに何を求めるかによってどちらを購入したら良いのかは変わってきます。

性能にこだわる方もいれば、新しいカラーが欲しいと言う方もいるでしょう。

自分が納得できるiPhoneを購入するのが1番いいですね!

iPhone 11とiPhone 12で迷っている方は参考にしてくださいね〜。

iPhoneをゲットするならオンラインショップがおすすめ

そして最後にちょっとおとくな情報をお伝えしましょう。

スマホを購入する方、まだ店舗で浪費してるんですか?

今は各キャリアショップで並ばずに予約、購入する時代です。

しかもドコモ、au、ソフトバンク、どこでも使えます。

その方法は各キャリアのオンラインショップを利用します。

ドコモ

ドコモオンラインショップ

au

au Online Shop

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップ

オンラインショップとは各キャリアが直営しているインターネットにて

機種変更ができる便利なサービスです。

このサービスを利用すると店舗へ行かずとも自宅で機種変更をすることが可能です。

ECショップなので24時間日本全国どこからでも使えます

キャリアショップや量販店では必須だった頭金が

オンラインショップだとなんと0円、無料なんです。

しかも余計なオプション加入もないですよ。

また余計な営業を受ける事もないです

時間はかからないし頭金がかからない分端末代金が安いのは分った。

でも初期設定や電話帳の移行が不安だからキャリアショップの方がいいなぁ~

なんて思う人もいるでしょう。

そんな人のおすすめなのが各キャリアショップ受取りです。

オンラインショップでは受取り場所をあなたの都合の良い

キャリアショップに設定する事ができます。

料金プランや端末で不安なら全キャリア

事前にチャットで質問する事もできます。

まだ使った事ない人は是非使ってみて下さいね。

ドコモ



*ドコモだとドコモショップや家電量販店では2,000~3,000円かかる事務手数料が無料なので さらにおすすめです。

ドコモオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

au


auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

ソフトバンク



ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

-iPhone XS・iPhone XS Max
-, ,

Copyright© iPhoneF@n(iPhone以外もドコモやau、楽天などスマホ情報多め) , 2020 All Rights Reserved.