iPhoneを新しいモデルに変えるとき、みなさんはどこで機種変更しますか?

携帯ショップや直営店、家電量販店など今は様々なところで機種を変えることができます。

携帯ショップや直営店で機種変更すると時間がすごくかかるので家電量販店で手続きをすると言う人もいますが、

果たしてそれは1番良い方法なのでしょうか?

どこで機種変更したとしても、メリットもあればデメリットもあります。

結論から言うと、機種変更するのは携帯ショップや直営店、家電量販店は避けた方が良いです。

それは何故だと思いますか?

その理由の1つは今回のタイトルにもある「頭金」がかかるからです。

スマホの頭金とは本体価格に上乗せされたいわゆる販売手数料のようなものです。

後ほど詳しく説明しますが、店舗毎にこの頭金を自由に設定しております。

「昔、iPhone買った時はそんなのなかったよ!」

「今回機種変更しようとして初めて知ったよ」

という人もいるでしょう。

素晴らしい記憶力です。あなたの言う通りです。

実は以前はiPhoneならどこで買っても頭金がかかりませんでした。

アップルが頭金をつける事を禁止していたからです。

しかし価格を指示する事は独占禁止法に引っかかるとかで

お国からの指示により、iPhoneにも頭金がつけられるようになったのです。

じゃあ、どこで買っても頭金ってかかるの?と思われるでしょう。

そんなことないです。

今、iPhoneなどのスマホを購入しようとすると

・各キャリアショップ(携帯ショップ)
・直営店
・ヨドバシ、ビックカメラ、ケーズデンキなどの量販店

と色々なところで購入する事ができます。

どこで勝手にメリットやデメリットはあります。

今回はそんな頭金関係の事も含め、

一体私たちはどこで機種変更をしたら良いか

私たち消費者にとって、1番負担のない機種変更の方法を見ていきましょう!

目次

携帯ショップで機種変更するメリットとデメリット

携帯ショップでしか機種変更ができないと思い込んでいる人は、多いです。

キャリアでの機種変更には2つのメリットがあります。

携帯ショップで機種変更するメリット①

大きなメリットとしては、ショップスタッフが対面で

相談に乗ってくれたり分からない事がすぐに質問できるので、親切さを感じるでしょう。

料金プランも複雑化している中、自分一人ででパンフレットを読んで理解するには難しいこともあると思います。

それを分かりやすく丁寧に案内してくれるのは最大のメリットですし、安心感もあります。

機種変更後も疑問点や便利な使い方を教えてくれたり、充電器などの必要なオプション品も案内してくれたりと良い対応をしてもらえます。

携帯ショップで機種変更するメリット②

ショップによっては店舗独自のキャンペーンで、機種が安く提供されている場合があります。

その機種を売り切りたくて格安の値段に下げたり、価格が変更できるのも携帯ショップの良い所です。

使えたら何でもいいと言う人にとっては、そんな安い機種に変えない手はないですよね!

反対にデメリットを見てみましょう。

携帯ショップで機種変更するデメリット①

携帯ショップあるあるですが、待ち時間が非常に長いです。

お客様も土日祝日が休みということもあり、

2〜3時間の待ち時間が出てしまうのは当たり前です。

自分の順番が近づいてきたら呼び出してもらえたら良いのですが、

そんな親切な店舗ばっかりではありません。

最近では予約ができるシステムも導入されましたが、

飛び込みで来店すると少なくても30分から1時間ほどは待たなければなりません。

仕事の休み時間にパッとなんて絶対できません。

携帯ショップで機種変更するデメリット②

これが1番大きな問題ではありますが、機種手続きをする際に必ず「頭金」があります。

こんなのです。

頭金と言っても機種の一部の金額ではなく、本体価格に上乗せされた代理店の資金となる頭金です。

携帯ショップによって頭金の金額に差がありますが、多くの店舗が3,000円から10,000円に設定しています。

その店舗独自のオプションに加入をすることで頭金が免除になることがありますが、

本来支払わなくても良いお金を払うと言うのはあまり納得ができないことです。

その料金を支払うのであれば、ケースやフィルムのようなアクセサリーを購入したいですよね。

その頭金は、携帯ショップを運営している代理店の運営資金になってしまうのですから。

携帯ショップで機種変更するデメリット③

携帯キャリアも自社独自の商品サービスを提案しなければいけません。

そのため、ショップスタッフから商品の案内や勧誘をされます。

携帯電話を購入しに来たのに余計なものを強く営業されてしまうと、私たちもテンションが落ちてしまいますよね。

断るのも大変ですし「悪いなぁ」と言う気持ちになるので、気まずい雰囲気になってしまいます。

また、自分が選択したい料金プランとは違うものを指定されることがあります。

本来自分は不要だなと感じていても、「こちらは機種変更の際はご加入ください」と当たり前のようにつけられるオプションもあります。

その中には、料金が発生してしまうものも多くあるので気をつけなければいけません。

例えばインターネットのデータ容量であれば、

2GBのプランなのに5GBにしてくださいと言われたら2か月分は数千円損することになります。

携帯ショップに行くのであればこのような営業や勧誘をされると思って、心構えをしていくべきです。

直営店で機種変更するメリットとデメリット

直営店とは、携帯キャリアが直接運営している携帯ショップのことです。

皆さんのご自宅の近くにある携帯ショップは、直営店ではなく携帯キャリアの名前を借りて運営している代理店がほとんどです。

ドコモは直営店はなく代理店のみになり、auショップやソフトバンクショップだと主要都市にいくつか直営店があります。

直営店での機種変更には様々なメリットがありますが、デメリットが大きいです。

直営店で機種変更するメリット①

大きなメリットとしては、頭金がないと言うことです。

直営店は携帯キャリアが直接管理しているものなので、代理店と異なり利益追求をしていません。

そのため、頭金等で利益を出そうとしないのです。

インターネットで表示されている機種代金のまま販売をしてくれるため、

余分な料金を支払う必要がありません。

直営店で機種変更するメリット②

2つ目のメリットとしては、料金プランやオプションの選択が自由だということです。

代理店のように、「これに入ってください」「あれに入ってください」と言うような強制的なものがありません。

自分の希望通りに料金プランを設定してくれるので、消費者にとっては嬉しいことです。

直営店で機種変更するメリット③

携帯ショップと同じですが、スタッフが接客してくれるので疑問点があればすぐに解決ができます。

操作方法も教えてくれますし、

スマホ教室も開催しているので初めてスマホを使う方でも安心して来店ができます。

誰かに相談できるのは心強いですし、

直営店にはキャリアの本当の社員もいるので知識が豊富です。

直営店で機種変更するメリット④

自宅の近くにある携帯ショップと異なり直営店は2階建てや3階建てと広く、

また最新の機械やモノを一早く導入しています。

目新しいもの他の人より先に手に取ることができますし、

取り扱い商品も豊富なので携帯ショップでは在庫切れのものが直営店なら揃っていると言うことも多々あります。

そんな良い所ばかりの直営店ですが、デメリットが残念すぎます。

直営店で機種変更するデメリット①

1番のデメリットは、主要都市分にしかないと言うことです。

日本は47都道府県がありますが、直営店があるのは各キャリア多くても10店舗ほどです。

東京や愛知県、大阪のような主要都市部にはもちろんありますが、30県以上の場所にはありません。

そのため安易に行けるところではないため、直営店の存在を知らないユーザーも多いのです。

簡単に行けないのであれば、無いのと同様ですよね。

直営店で機種変更するデメリット②

都心部にあるため、来店客は非常に多いです。

そのためスタッフはたくさんいても、どうしても待ち時間が出てしまいます。

私もも機種変更のために10時に直営店に来店をしたことがありますが、案内できるのが16時だと言われてしまいました。

基本的にカウンターは8席ほどありますが、

それ以上にお客様の来店が多いので携帯ショップより待ち時間は長くなります。

それを快く待てれば良いのですが・・・。

家電量販店で機種変更するメリットとデメリット

家電量販店とは、ヨドバシカメラやビックカメラ、ケーズデンキのような家電製品を多く取り扱っているお店です。

店舗内には、各キャリアの携帯電話コーナーが並んでいるのは多くの人がご存知ですよね。

最近では3キャリア以外にも、格安スマホのカウンターもあります。

そのような場所で機種変更すると、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

家電量販店で機種変更するメリット①

家電量販店には、いつも多くのスタッフが歩いていますよね。

携帯電話コーナーにも、知識が豊富なスタッフがたくさんいます。

ときには携帯ショップのスタッフよりも詳しい人もいます。

携帯電話に全然詳しくない人でも、プロの話を聞けば購入意欲が沸くはずです。

相談に乗ってくれる人がいるのといないのでは全く違うので、心強く感じるでしょう。

家電量販店で機種変更するメリット②

家電量販店で機種変更すると良い1番のメリットは、ポイントがつくことです。

携帯ショップでは機種を購入してもポイントが付くと言う事はありませんが、

家電量販店はその電気屋さんのポイントカードに機種代の何%かが付与されます。

ただ気をつけていただきたいのが、一括購入が条件です。

分割をすると特にこのポイントは、付きません。

現在は機種代金も10万円を超える商品がほとんどなので簡単に一括で支払える額ではありませんが、

10万円の商品の何%かが返ってきたらそのポイントでケースやフィルムを購入することができます。

お得といえばお得ですね。

では、反対にデメリットは何でしょうか。

家電量販店で機種変更するデメリット①

1つ目のデメリットとしては、手続き時間が長いと言うことです。

携帯ショップのようにパソコンで素早く登録をすることができず、

申し込み用紙を使っての登録なので出来上がるまでに1時間から2時間ほどかかります。

その間どこかで時間をつぶしたり、審査が長ければもっと時間がかかってしまうでしょう。

家電量販店で機種変更するデメリット②

カウンター数が、少ないが残念です。

各キャリア2つ程のカウンターを利用して行なっており、回転率は悪いでしょう。

そうすると前のお客様がいれば、次の人は待たなければいけません。

また、丸イスが多いのでゆっくりと時間を過ごしたり家族が多い場合は

立ちながら説明を聞く必要があります。

家電量販店で機種変更するデメリット③

携帯ショップと同様、頭金があることです。

筆者のイメージでは、携帯ショップより多くの有料コンテンツをつけられているように感じます。

家電量販店で機種変更をした人が、携帯ショップに来店して有料コンテンツを外してほしいと

20個ほどつけられていたのを見ました。

頭金を支払うか有料コンテンツに加入するかの選択が、家電量販店では多いようです。

外し忘れたら大変な料金が発生することになりますよね。

家電量販店で機種変更するデメリット④

家電量販店では、データ移行や初期設定をすることができません。

お客様にとってはこれが1番やってほしいことだと思いますが、

移行ツールもなければ独自のWi-Fi環境もないのでデータを戻してあげることができないようです。

そのためお客様は家電量販店で機種変更した後に携帯ショップを訪れて何時間か待ち、データの移行をお願いしているケースが多いです。

いくつかの家電量販店では、料金を支払えばデータ移行を承るところもあるようですがごく稀です。

機種変更だけでも疲れてしまうのに、そのあとにショップに訪れたら一日が終わりますよね。

手間がかかるのが1番嫌です。

頭金ゼロ!各キャリアのオンラインショップを利用すればお得

機種変更をするのであれば、1番お得な方法がオンラインショップです。

各キャリアが運営しているオンラインショップには、多くのメリットがあります。

ここで機種変更すれば間違いはありません。

ドコモ

ドコモオンラインショップ

au

au Online Shop

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップ

各キャリアのオンラインショップのメリット①

大きなメリットとしては、頭金がないと言うことです。

家電量販店や携帯ショップでは必ず頭金がありますが、

オンラインショップであれば不要です。

ホームページに記載された値段の機種を、

そのまま購入することができます。

本来支払う必要のないお金を払わなくて良いのは、

消費者にとってもありがたい話です。

またキャリアによっては、

オンラインショップ独自のキャンペーンで機種が安くなっていたりします。

オンラインショップは店舗では無いので、

人件費もかからなければ経費もかからないので、安く機種を提供することができます。

各キャリアのオンラインショップのメリット②

待ち時間がないと言うことが、2つ目のメリットです。

オンラインショップであれば24時間自分の好きな時にいつでもインターネットから注文ができます。

混み合った店頭に行く必要もなく、無駄な時間を過ごすこともありません。

深夜でも早朝でも関係ありません。

機種変更が自宅で完結するのは、本当に楽ですし嬉しいことですよね。

配送料も機種変更をしたら無料になることが多いですし、

日本全国に届けてくれるので出先にいたとしても安心です。

各キャリアのオンラインショップのメリット③

自分の納得のいく料金プランが選べることが3つ目のメリットです。

携帯ショップや家電量販店のように「あれこれつけないといけない」と言うことがないので、

その分無駄な費用もかかりませんし余計な営業トークも聞かなくて済むのでお得に購入することができます。

営業や勧誘がない分時間もかけずに手続きができるので、効率的です。

各キャリアのオンラインショップのメリット④

オンラインショップ独自のキャンペーンがあることです。

キャリアによってはオンラインショップで機種変更すると事務手数料が無料になったり割引サービスが受けられたり、

アクセサリーの割引クーポンを配布してもらったりできます。

手数料無料は大きいですよね!

ショップでは行っていないオンラインショップ独自のものなので、かなりお得だといえます。

オンラインショップでも下取りは可能ですしショップで行っているキャンペーンも適用になるので、

ショップで機種変更しているのと何の変わりもありません。

お得ばかりのオンラインショップですが、デメリットが2つだけあります。

ただ、解決策はあるので安心して下さいね。

各キャリアのオンラインショップのデメリット①

これが1番のデメリットですが、やはり携帯についての相談ができないことです。

どの機種が良いのか、どのような料金プランにしたら良いのかを自分で考える必要があるので

万が一理解が間違っていた時に修正が出来ない可能性があるということです。

もし心配であれば事前にお客さまセンターに電話をして相談しておいたり、

ショップに来店して見積もりをもらっておくのも良いかもしれません。

もらった見積もり通りに登録すれば安心ですもんね。

各キャリアのオンラインショップのデメリット②

受け取りが数日先になるのも、オンラインショップならではです。

携帯ショップや家電量販店であれば、長くても3時間ほどで当日受け取ることができますが

オンラインショップで注文すると2〜3日かかります。

そして、受け取る日時によっても不在であればその分長引いてしまいます。

ただ、受取先を携帯ショップにすれば自分の好きな時に受け取りに行けますし、

初期設定やデータ移行も手伝ってくれるので安心ですよ。

この時期の特徴。新型iPhoneを発売日に入手できる

まもなく新型iPhoneが発売されます。

詳しくはこちら

2018年iPhone9,iPhoneXs,iPhoneXsplus(仮)の発表日が決定!噂のまとめとアップル発表イベントを見る方法

そうなるとアップルでは何日も前からお店に並んだり、各キャリアショップでも

何時間も前から予約の為に行列ができる、そんな現象が起きます。

しかし年々この行列が緩和されていると思いませんか?

理由は今回ご紹介しているオンラインショップです。

オンラインショップを使うとあの行列に並ばずにうまく行けば発売日当日に入手する事ができます。

こちらの漫画で要点をまとめてみました。

是非、おとくな各社のオンラインショップを利用して機種変更してみては如何でしょうか?

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

auはこちら

auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

ソフトバンクはこちら

ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

まとめ

携帯ショップや直営店、家電量販店よりずっとお得に機種が変えれるのは、

各キャリアのオンラインショップです。

どこの店舗も良いとこもあれば悪い所もあるのが当然ですが、

その中でもオンラインショップはデメリットの解決策があります。

新型iPhoneもオンラインショップを利用して予約と機種変更をしましょう。

発売日当日に自宅に届く可能性ももちろんありますよ!

コメントを残す