毎年9月のAppleイベントで発売される商品は多く、世界中の人々が注目しています。

今年ももう少しでその時期が来ます。
待ち遠しいですね。

今秋はどのような新商品が発表されるのでしょうか。

予想をしていきましょう。

ちなみに発表日に関してはこちら

2018年のApple によりiPhone(アイフォン)の発表はいつだ?何が発表されるか予想する

<スポンサーリンク>



■噂されている新商品

3機種のiPhone

2018年秋に発売されるであろうiPhoneは、3種類と予想されています。

3機種とも次世代プロセッサーのA12が搭載され、ホームボタンがなくノッチ型になりそうです。

5.8インチiPhone

→iPhoneXをバージョンアップした後継モデルとして発売予定です。

有機EL(OLED)ディスプレイ搭載しており、iPhoneXIと呼ばれています。

6.1インチiPhone

→低価格版のiPhoneを販売予定としてます。

有機ELではなくiPhone8と同じTFT液晶搭載です。

グレー・ホワイト・ブルー・オレンジ・レッドのカラフルな5カラー展開を予想しています。

購入しやすい約77,000円〜の価格販売を考えているようです。

新CPUと高性能カメラを搭載されますが、低価格からカメラはシングルレンズに、また3D Touchが非搭載かもと言われています。

カラー展開が多いのと低価格からiPhone5cを思い浮かべる機種です。

コスト面で3機種の中で一番売れるとされています。

またリーク情報で背面はガラス製で、iPhoneX Plusよりも厚みがありベゼルは少し太いと言われています。

生産は他の機種より遅れますが、発表は同時にされるようです。

iPhone9と呼ばれています。

6.5インチiPhone

→5.8インチのディスプレイを大きくした有機EL(OLED)ディスプレイ搭載モデル。ゴールドの新色が加わる予定。

デュアル SIMの可能性があり、現在のiPhoneXと同じ高価格の1100ドルは超える設定になるでしょう。

iPhoneX Plus・iPhone XI Plusと呼ばれています。

OLEDディスプレイ搭載モデルは、FoxconnとPegatronが組み立てを請け負います。

デュアルSIMは高く、シングルSIMは100ドルほど安くなるとされています。

6.1インチiPhoneの情報は多数ありますが、残り2機種の情報があまりなくAppleのイベントが楽しみになります。

iPad Pro

10.5インチのiPad Proの本体サイズをそのままベゼルレスにして11インチのiPad Proが

12.9インチのiPad Proは本体サイズを小さくして画面の大きさはそのままのモデルが発売されるとのことです。

iPhoneXのようにノッチ型でホームボタンをなくすことで、ディスプレイを大きくさせています。

ホームボタンがなくなるとFace IDになると思われますが、搭載は難しいと意見もあります。

iPad Pro Xと呼ばれています。

Apple Watch Series4

38mmモデルも42mmモデルもベゼルレスになり、15%程度画面が大きくなると言われています。

画面が大きくなる事により、操作性が向上したり見やすくなる効果があります。

薄型化になるのと表示を鮮明に見せるmicro-LEDディスプレイ搭載です。

また動作がスムーズに速くなることが期待されています。

最近Apple Watchがユーザーの健康を守っている事例が増えており、

ヘルスケアに力をいれるのではないでしょうか。

iMac・MacBook

iMacは内部構造のアップデートが、MacBook ProとMacBookはプロセッサーのアップデートがあると言う噂です。

またMacBook Airの新型を楽しみにしているユーザーも多く低価格なMacBook Airが登場すると

ミンチー・クオ氏は述べていましたが、

最近の情報では今後は12インチのMacBookが低価格で取り扱われるかもしれないということです。

新Mac mini

9月に発表であれば4年以上新モデルを発売していなかった小型のデスクトップパソコンのMac mini。

通常であれば2年ごとにモデルチェンジをするようですが、

今回もはっきりとした詳細は分かっておらずアップデートにとどまるのか本体自体が大きく変わるのかは不明です。

Appleに詳しいミンチー・クオ氏が発表を予測しているので、少し期待は持てるかもしれません。

■すでに発表されていた製品の発売日が解禁となるか

AirPower

2017年に発表されていたAppleのワイヤレス充電マットですが、

技術上の問題で一年近く経っても発売はされていません。

当初は2018年に発売とされており、6月に発売予定との噂でしたがそれにも間に合っていないので

9月に発売日が公表されるのではないでしょうか。

iPhone X・iPhone8/8 Plus・Apple Watch Series 3・2018年発売予定AirPods用ケースより

ワイヤレス充電に対応します。

HomePod

AIスピーカーのHomePodは、2017年WWDC17で

12月の発売を予告していました。

今年の2月にはアメリカやイギリス、オーストラリアで発売開始されましたが、

日本はまだの状態です。

ただ、対応言語に日本語が含まれていることから

発売日が近いのではないかと言われています。

しかし、フランスやドイツでの発売もされていないので、

やはり予定は未定でしょうか。

<スポンサーリンク>



スマホ(携帯電話)を機種変更するのにおすすめは?

そして最後にちょっとおとくな情報をお伝えしましょう。

それはドコモ、au、ソフトバンクでおとくに機種変更する方法です。

スマホ(携帯電話)を機種変更するのに一番おすすめなのは

各キャリアのオンラインショップです。

ドコモ

ドコモオンラインショップ

au

au Online Shop

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップ

オンラインショップとは各キャリアが直営しているインターネットにて

機種変更ができる便利なサービスです。

ECショップなので24時間日本全国どこからでも使えます

場所にもよりますが大体3日程度で手元に届きます。

また、キャリアショップや量販店では必須だった頭金が

オンラインショップだとなんと0円、無料なんです。

しかも余計なオプション加入もないですよ。

また余計な営業を受ける事もないので自分に必要なものだけを選べます。

時間はかからないし頭金がかからない分端末代金が安いのは分った。

でも初期設定や電話帳の移行が不安だからキャリアショップの方がいいなぁ~

なんて思う人もいるでしょう。

そんな人のおすすめなのが各キャリアショップ受取りです。

オンラインショップでは受取り場所をあなたの都合の良い

キャリアショップに設定する事ができます。

料金プランや端末で不安なら全キャリア

事前にチャットで質問する事もできます。

まだ使った事ない人は是非使ってみて下さいね。

ドコモ

2018年3月限定ドコモの最新機種が機種変更で割引になるクーポンを発行してます。
詳しくはこちら

ドコモの2018年3月でおとくなキャンペーン!おとくなクーポンのお知らせ!

ドコモオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

au

auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

■さいごに

それ以上に詳しい情報がまったく漏れてこないApple。

近年発売前に正確なリーク情報が出回っており、

Apple側も相当情報が外部へ漏れないように注意しているようです。

いつも漏れるのは社員からなので、厳重注意をしているようです。

私たちとしても、分からない方がワクワクしながら待てますよね。

Appleはいつまでも人々の注目を集め続けますね。

<スポンサーリンク>