機種変更をする時に店員さんとかに
「今機種変更した方が結果毎月安くなりますね」
なんて言われたことあるかと思いますがどうでしょうか。

機種変更をすると大体月々サポートが入るパターンの人が多いと思うので
機種変更の代金よりも月々サポートが大きければ
やはり月々サポートがついている2年内が一番お得というのがわかります。
しかし本当にすべてにおいてそうなのか?
機種変更をするタイミングはいつが ベストなのか?
色々と考えるポイントが多いんですよね。
今まであんまりそういう事を考えないで「まぁ2年経ったし次に変えよう」
と漠然と変えていた人も、今一度自分の契約状況をチェックしてみましょう。

そんなわけで今回はドコモの機種変更のタイミングについて調べてみました!

月々サポートの割引とは

月々サポートでいったい何が割り引かれているか
何が対象となっているか、というと

・FOMA/Xiの基本使用料
・国内通話通信料
・パケット定額料
・付加機能使用料(オプション使用料)

が割引対象になっています。
基本的なメニューですよね。対象となるオプションとしては留守電サービスとか
ケータイデータお預かりサービスなど、様々です。

これらが月々サポートで2000円とかそこらへんが毎月割引になるわけです。
ただし月々サポートは機種変更24回の割賦契約と共に結ぶわけで
機種代金が払い終わる24回目に月々サポートも終了となります。

月々サポートがいくらなのかを確認

もし自分が気になる機種があったらオンラインショップを覗いてみましょう。

たとえば今年の大穴、今現在大人気のHUAWEI P20 Pro HW-01Kですが
こちらの機種は▲1,944円×24回の割引が受けられます。


実質払うのは2,376円×24回ですが、途中で解約した場合には4,320円×残りの回数
という話になってきます。結構でかいですよね~

別の機種、Disney Mobile on docomo DM-01Kの場合には
▲1,890円×24回の割引で実質648円×24回ですが
途中で解約した場合には2,538円×残りの回数の支払になってきます。

今現在自分がどのくらいの金額の割引をうけていて、何回目まで支払っているかは
マイドコモでも確認することができます。

月々サポートをどう捉えるのかが問題

月々サポートが「毎月の利用料金からの割引」と考える人と
携帯の機種代の実質相殺分」と考える人と分けられるかと思います。

おそらく、携帯の機種代の実質相殺分と考えている人にとっては
2年間の割賦での支払いが終わって、利用料金を支払うのには
大して抵抗はないかと思います。

ただこれが毎月の利用料金からの割引と捉えている場合には
24回の月々サポートが終了すると損をしたような気持ちになりますよね。

実際、機種変更の代金よりも月々サポートの方が金額が大きい場合もあります。
そういう時はやはり機種変更をしたほうがお得になります。

機種変更のタイミングはいつがベストなのか

携帯の料金てちょっと分かりづらいと考えている人もいるのが事実。
というのも、たとえば6月に新しい機種にした場合には、2年後の6月ではなくて
購入した翌月から2年後が24か月後、という数え方になるんです。
なんやねんそれって感じですが、結局6月分の請求は7月にあがるわけで
そうなると24回目を迎えるのは7月になるんですよね。

6月に買ったからって2年後の6月に変えるとなると
分割残債分が請求されることとなります。

2年縛りというものの仕組みとは

最近は他社だと3年、4年縛りみたいな状況も見て取れるのですが・・・・

今朝はこんな記事がネットに出てました

ドコモに関しては2年のままですね。

単純に言うと、月々サポートを受けてる2年以内に機種変更をすると
それまでの月々サポートの割引が終わってしまいます。
つまり、対象の機種の残債が出るわけです。
元々機種代金がそこまで大きくなければ残債があれども痛手は少ないかもしれませんが
月々サポートが大きいうえにその機種代が高かった場合
3000円、4000円、5000円などの機種代金が毎月かかるのは結構つらいですよね。
上記で例に出したように、機種によって大分値段の差がありますが
それでもやっぱり痛い出費です。

どのキャリアもこのように別キャリアに顧客が流れてしまわないように
お金で縛っている、という感じです。

さらに月々サポートを受けている中でドコモ→他社へ移る場合においては
料金プランによって金額が変わるものの解約金が発生します。

大体の人が契約しているプランはカケホーダイプランやカケホーダイプランライトかと思いますが
その場合には9500円(税抜き)で
かつてあったタイプXiにねん(現在は申込み終了)で
10年以上使っていた人で1年計画の人に関しては、解約金が3000円(税抜き)と
プランによって差異が出ますが、解約金というものが発生します。

解約金がかからない時期というのも限られていて
たとえば2018年6月に契約したとすると、丸2年は契約期間となるため
2020年7月・8月の2か月間が解約金がかからない月となります。

結果としては2年1か月とか2年2か月の契約(支払)となる点を
現在総務省が是正しようとしているようです。(2年0か月、例でいう6月に解約をできるようにする動き)

また2年契約は自動更新のため、この2解約金がかからない時期をすぎて解約すると
解約金がかかってしまいます。

自分の契約状況を確認しておこう

何気に「確かいついつに契約した気がする」程度で把握していない人が多いとは思うのですが
この契約状況についてはやっぱり自分で気にしたほうがいいですね。

たとえばマイドコモに登録していれば、
お客様サポート→契約内容確認で契約状況が確認できます。

私の場合ドコモ利用期間が8年というのが見てわかりますね。

・・・今自分のみたんですけど・・・
何気に代金があがっている!?なんで?と思ったら
家の人が課金してた笑

主回線なのでまぁ見れるんですけども、家族でドコモを使っているなら
そういったチェックもできるのでマイドコモは登録しておくことをおすすめしますよ!

こちらの記事でも詳しく書いてあるので参考にしてみてくださいね

ドコモの「2年縛り」の契約満了月を確認する方法。機種変更をする時期が知りたい!

機種変更するなら月のどこがベストなのか

機種変更する際には、月頭なのか月終わりなのかでも実は変わってきます。
というのも、機種変更の際には各料金プランの請求がくるわけです。
大体「日割り計算じゃないの?」と思っている人も多いのですが
実は日割り請求じゃないんですよね~優しくないね。笑

たとえばこれまでプランAが1700円で契約していて
機種変更でプランBになり、それが2800円だった場合
その月の請求は新しいプランBで請求になるんですね。
なので新しいプランになるとしたら断然月始めがお得になります。

つまり月末に機種変更する場合、料金プランを数日しか使わなくても
月額しっかり取られちゃうわけですね。
だったら月初めに機種変更をして、料金プランを使い倒したほうがお得ですよね。

どうせならオンラインショップでの手続きを

オンラインショップだと事務手数料は0円、待ち時間もないわけで
機種変更をするなら絶対的にオンラインショップがお得になります。

プラン変更に関してもマイドコモからできますし
無駄にお店に足を運んで待って説明うけて・・という時間のかかる部分を省けます。

機種変更する場合には

「機種変更をした月の翌月、月始めがベストタイミング」
と言えます。
この瞬間を逃さないように気を付けてみてくださいね!

例外はdocomo with

docomo withの場合には、毎月1500円の割引が受けられるというもので
2年以上たっても割引は変わりません。
ものによっては、機種代よりも割引の方が大きい場合もあります。
しかも2年目以降も毎月1500円の割引があるうえに
機種代金を支払い終わっているため、docomo withに関しては
2年以上使い続ける方がお得なのは明らかです。

それでもやっぱり機種変更をしたいよ~!という場合には機種変更をしてもいいと思いますが
docomo withの割引を受けたいのであれば
次の機種もdocomo with対応にしなければなりません。
別のものに変えた場合には、月々サポートは受けられるけれど
docomo withの1500円割引はなくなりますし
2年以上使う人ならやっぱりdocomo with対応機種が断然いいですね。

これから発売されるLG style L-03Kなんかはスペックも十分ですし
期待大。
割れない携帯arrows Be F-04Kも人気です。

もし2年ごとの機種変更は個人的に早いと感じている人なら
月々サポートのある機種よりもdocomo with対応機種の方が向いているといえますね。

どうせ買うならオンラインショップで安く購入

ドコモオンラインショップって知ってますか?

マイドコモなどは知られてるのですが意外とドコモオンラインショップって知られてないんですよね。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップとはドコモが直営するネットショップです。

今やネットを使い契約の確認や変更、アクセサリーの購入はもちろん

機種変更もできちゃうんです。

ドコモオンラインショップでの機種変更はかなりおとくなんです。

ドコモを使っており機種変更するならなぜドコモオンラインショップを使わないともったいないです。

そんなメリットをご紹介しましょう。

まずは時間的なメリットが大きいです。

ドコモショップって混んでますよね?今は店舗予約なんかできるようになりましたが

それでも家からドコモショップへ行って、契約してなんかしていると2,3時間はかかりますよね?

しかしドコモオンラインショップだと15分もあれば契約終了しちゃいます。

まずはドコモショップや家電量販店に行く時間の節約、契約にかかる時間の節約ができるんです。

続いては経済的なメリットです。

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金という謎のお金が取られます。

頭金についてはこちら

ドコモで機種変更の時の頭金、これって違法?返金して貰えるの?

これがドコモオンラインショップだと0円、つまり無料なんです。

またドコモショップや家電量販店だと機種変更の際に2000円の機種変更事務手数料がかかります。

それがドコモオンラインショップだと無料なんです。2018年9月1日(土曜)以降
すべてのお手続きにおいて事務手数料が無料となりました。

ですので金銭的に5000~12000円程度おとくなんです。

時間的なメリット、金銭的なメリットがとても大きいのでぜひドコモで機種変更するなら

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

ただ機種変更にあたり、初期設定や電話帳の移行が不安。

色々相談したいという人もいるでしょう。

そんな人へおすすめなのがドコモオンラインショップは受取場所を

自宅またはドコモショップと選べます。

ですのでドコモショップで受け取りにすれば初期設定や相談などもできるでしょう。

金額はドコモオンラインショップの安いままで

ドコモショップで買ったのと同じようなサービスを受けられるのでおすすめですよ!

まぁ、自宅で受け取って設定できなかったらショップにもっていってもやってもらえるし

詳しい説明書があるんで自分でも十分やることはできると思いますよ。

ドコモオンラインショップはこちらです。

購入の流れをこちらのマンガで確認しましょう。


Source by
ドコモ公式オンラインショップ

ドコモオンラインショップがまだ不安な方の為のメリットデメリット対策を纏めた記事です

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

またこちらの動画でもドコモオンラインショップでの購入の流れをご確認いただけます。

ドコモオンラインショップはこちらです。

機種変更する人はぜひ使ってみて下さいね。

まとめ

いつしたらいいのか迷う機種変更ですが
おさらいとして
前回機種変更をした月の翌月、月初め
というこをお忘れなく!

私の場合は前回2017年9月に機種変更をしたので、次は2019年10月ということですな
機種変更もやっぱりお金がかかるし、金額が大きな機種であればあるほど
月々サポートは逃したくないところ。
月々サポートがない状態での機種代支払って結構大変ですからね。

自分の契約した月をマイドコモで確認して、今度はいつかな~と計画してみてくださいね。

まぁそれまでにもしかしたら解約金や2年縛りに関しては
動きがあるかもわかりませんが、現時点では他社に移行する際も
時期に気を付けないと解約金などもありますし、注意点は結構多いんですね。

お得に買って使うためには、契約内容や現行の規約などは知っておきたいところ。
機種変更する場合にも各料金プランがどうなってくるのかもチェックしてくださいね!