初めてスマホを購入した時からAndroid端末を使っているけど、

周りがiPhoneユーザーが多く使いやすそうにしているから自分も一度試してみたいと思う人は多いでしょう。

もし変えるのであれば、使い方が違ったり使えなくなる機能が出てきたら嫌だなと不安を感じる人がほとんどです。

「AndroidとiPhoneの何が違うの?」と疑問に思う人は少なくありません。

今日は機種変更する前に、何が違うのか、

iPhoneに変えるとどのようなメリットとデメリットがあるのかを話していきます。


AndroidとiPhoneは操作方法が違う

基本的なことですが、搭載されているOSが違うため操作方法が異なります。

日本人向けに作られているAndroidは、

最初から機種にプリセットされている人気アプリが多く

自分でアプリを見つけてからインストールをする必要がありません。

勿論使用しないアプリもあるので、その時は都度アンインストールを行ってください。

一方、iPhoneは必要最低限のアプリしか入っておらず、

自分の好きなものを好きな分だけインストールしてカスタマイズしていきます。

インターネット閲覧は、AndroidはChromをiPhoneはSafariを使用するので

初めてiPhoneを使う人はどこからインターネットをするか迷ってしまうかもしれません。

しかし、感覚で使えるiPhoneに戸惑い続けることはないでしょう。

若い人なら特に問題はありません。

シンプルで説明書もないiPhoneは、触っている間に全て答えが分かるように設計されています。

iPhoneに変えた人で一番喜ばれる機能があります。

それは、仕事中や静かにしなければいけない時のマナーモードの設定です。

iPhoneは、サイドにマナーモードのボタンが付いているため操作をせずに

一瞬でモードが設定でき便利です。

Androidだと画面ロックを解いて、通知バーから設定する必要があるので

手間でした。また解除する時も、素早く対応できるのが嬉しいです。

AndroidからiPhoneに変えて感じるメリット

不具合が少ない

ソフトウェアとハードウェアがApple社で作られているので、

相性がよく「バグる」と言うことがありません。

Androidだと容量の重たいゲームをしたり、

早すぎる動作をすると機械が付いていけず画面が落ちてしまい待受に戻ってしまった経験はありませんか?

また、相性の悪いアプリを入れると勝手に再起動したり、

着信音が鳴らなくなってしまったという事もしばしば。

iPhoneにそのような不具合は滅多に見られません。

処理速度も速い為、ゲームもネットも滑らかに動きます。

一度iPhoneを使ったら、他の機種には変更できない人が多いです。

バックアップが簡単

SDカードにデータを保存するAndroidとは異なり、

iPhoneは本体にデータが保存されるため本体容量を選んでから機種を購入します。

SDカードにバックアップしても、

万が一そのSDが破損したら今までのデータが全て無くなります。

それを考えたら恐ろしいので、Androidを使っている人は

二重でバックアップを取った方が良いでしょう。

それに比べてiPhoneのバックアップ方法は簡単です。

iCloudというAppleのサーバー上にそのままiPhoneの状態が保存されます。

待受画面から連絡先、写真、アプリの位置まで今まで使っていた状態で

保存されるので復元しても使い方は全く同じです。

Appleからの5GBの無料iCloudストレージを利用できますが、

5GBはあっという間に超えてしまうので50GBのストレージを毎月130円で購入できます。

そしてWi-Fi環境の中、iPhoneを充電すると自動的にバックアップが取られます。

130円で全てのデータが保管されると考えたら、かなり安心ではないでしょうか。

他のバックアップの方法では、パソコンに「iTunes」と言うソフトを

Appleのホームページからダウンロードする方法があります。

iPhoneとパソコンを繋ぐことによって、中のデータはパソコン上に保管されます。

復元も簡単で、空のiPhoneをつないだときに何月何日の

バックアップからデータを戻すか選択ができます。

お金をかけずにバックアップができるので、

パソコンを持っている人はこちらの方法でユーザーは利用しています。

このようにバックアップも復元も簡単にできるので、

次回の機種変更もデータを移すのが楽で戸惑う心配もありません。

こんなに早く時間も手間をかけずに大切なデータを保管できるのはiPhoneしかありません。

アプリが安全

Appleが提供しているアプリケーションは安全で安心と言い切れます。

なぜなら、一つ一つのアプリがユーザーに提供される前に

Appleの審査を受けているからです。

そのアプリによって端末に悪影響を及ぼさないか

アプリの内容が不適切でないかを1つずつ判定するので、インストールする私たちも安心して使えます。

Androidであれば、Googleのプレイストアからアプリをインストールしますが、

Googleは審査がなく誰が作ったかも分からないようなアプリが散乱しています。

そのため本体に不具合を引き起こしたり、犯罪に使われたりするようなアプリも出回っています。

APP STOREはその心配がないので、好きなアプリをどれだけ取っても影響ありません。

細かなところまで配慮しているAppleは素晴らしいですね。

セキュリティソフトが不要

iPhoneはウイルスに感染したことがないためセキュリティソフトは入りません。

iPhoneのすべてが一社で完成されており、

アプリ提供にも審査を設けられたり厳しい基準があります。

また定期的なアップデートも配信されているので、

万が一欠陥があったとしてもすぐ修正が入ります。

ウイルスバスターのようなセキュリティソフトを入れずに利用できるのは、

本体の負担にもなりません。

Androidだとウイルスバスターを入れることによって、

若干重たくなります。

常にバックグラウンドで動いているので電池消耗にも繋がります。

個人情報しか入っていないスマホなので、

情報は絶対に漏れたくないですよね。

iPhoneはセキュリティー面でも安心です。

Touch IDや Face IDの感知度

落としたときの事を考え、スマホの画面にロックをかけるのは今や当たり前です。

パスコードを入力したりパターンで指でなぞって

ロックを解くのがAndroidでは主流です。

最近では指紋認証搭載のAndroidも増えてきました。

しかし、ロック解除までに少し時間がかかるのが、

もどかしい時があります。

iPhoneは、iPhone5SからTouch IDが導入され、

ロック解除がスムーズになりました。

今ではホームボタンに指を置くだけですぐに

感知しロック解除できます。

その速さは1秒よりはやく0.5秒ほどで解かれるので、

本当にロックがかかっていたのかも疑うほどです。

こんなにストレスなくロックが解けるスマホがあるでしょうか。

新たに導入されたFace IDの感知も素早く、

顔を近づけただけで鍵マークが外れます。

このように速くロックが解けるにもかかわらず、セキュリティーは正確です。

自分以外の指を置いては絶対に解けません。

複数端末で同期が可能

iPhoneを使っていればiPadやMacと同期してデータを共有することが可能です。

最近では仕事でiPadを利用したり、一家に一台iPadを持つ家庭が増えてきました。

iPhoneに入っているデータを大きな画面のiPadで確認したり、

家族とお気に入りの写真を共有するために、データが同期ができると便利です。

iPadで作成している書類を、出先でiPadを持っていない時に

iPhoneで続きを作成することも出来るのです。

時間の有効活用ができて、仕事の効率も良くなりますよね。

また、多くの人が実際に使っている方法として、

iPhoneのバックアップをiPadでとっています。

大切な写真をiPadにも残しておくことで、

万が一消えてしまったとしてもiPadから復元ができるのです。

AirDropと言い、無線で大量の写真やデータを短時間で移せます。

Appleの商品を持っていれば、

複数デバイスで情報共有ができるようになるので生活の幅も広がりますよ!

アクセサリーが豊富

iPhoneのケースやその他のアクセサリーの種類が豊富なのは、有名です。

Androidは、機種が限定されてしまうため電気屋に行っても

2~3種類程度しかありません。

それに加えて発売当初は数種類のアクセサリーが用意されていても、

時間が経つと手に入れることさえ難しいです。

iPhoneは昔のモデルから最新のモデルまで

かなりのアクセサリーがあります。

ネットはもちろんのこと市販でも多くの

iPhoneコーナーが設置されています。

年に1度発売されるiPhoneの大きさは決まっており、

Androidのように種類がないため可愛らしくデザインの凝ったものが多く用意されております。

iPhoneユーザーが多いことから、

iPhoneと互換性のあるアイテムも多々発売されています。

Androidよりケースも凝れて、

使えるアイテムが多いのが魅力です。

iPhoneに変えて感じるデメリット

データ移行が難しい

AndroidからiPhoneへデータを移行する際、連絡先はサーバーに保存して移行すれば良いので

簡単なのですが写真や動画を移すのに一苦労します。

Androidは写真が保存されている場所がSDカードか本体です。

パソコンを使ってSDに入っているデータをiPhoneに入れる事は

可能みたいですが、詳しい方法ややり方は自分で調べるしかありません。

今はサーバーに保存するアプリもありますが、

本体に入っている写真を預けられてもSDの中に入っているものは

預けることができないので写真が移ったとしても全てのデータが入る訳ではありません。

そのためほとんどの人が写真は1からスタートすることが多いです。

利用できない機能がある

Androidで利用していた機能でiPhoneで使えなくなるものがあります。

代表的なもので言えばおサイフケータイ、ワンセグ、赤外線などです。

iPhoneでもQUICPayやIDなど、

Androidのおサイフケータイとは種類が違いますが利用は可能です。

Edyやnanacoは利用できません。

iPhoneでテレビを見たり赤外線通信をするのは難しいです。

この機能を重要視していた人であれば、

使えないことによる不満は大きいでしょう。

充電が遅い

最新のAndroidは、充電スピードにも力を入れており

機種によっては30分充電するだけで1日使えるというものもあります。

最近よく耳にする「急速充電」と言うものです。

iPhoneは通常のケーブルだとまだ対応しておらず、

50%にするまでに1時間、満充電にするまでに2時間以上はかかります。

仕事中や緊急事態に充電が切れると大変なので、

心配であればモバイルバッテリーを持ち運ぶのをお勧めします。

戻るボタンがない

Androidにはどの機種にも画面の右下か左下に「←」の戻るボタンがあります。

前の画面に戻りたい時は全てこのボタンで戻っていましたが、

iPhoneはホームボタンしかないので待受画面にしか戻ることが出来ません。

Androidユーザーの中では、戻るボタンは重宝されているようで

無くなる事により使いにくくなったと感じる人も増えるようです。

Googleと相性が悪い

最近では仕事やプライベートメールをGoogleで管理している人が多く、

携帯電話と同期している人がほとんどです。

特にAndroidだと、Googleと全てを同期しているのでメールも

オンタイムで受信できたりしていました。

iPhoneはGoogleと同期をすることは可能ですが、

Android程すべてに対応はしていません。

メールは15分おきに確認されるので自分で受信をしないと気づきません。

仕事をしている人にとっては死活問題ですね。

Androidは、Googleと提携しているだけあり同期は抜群です。

上部に表示される通知バーがない

メールや着信があったり等の通知をお知らせするわかりやすい表示がiPhoneにはありません。

通知バーを下ろしたりアイコンにバッヂが付くので、

お知らせがあったことを知らせてくれますが全てを一気に確認することができません。

Androidは、画面上部にメールや着信マークがすべて表示されているので、

一気に何があったかを判断できます。

今までそれで判断をしていた人にとっては、

「iPhoneはどうしてないの?」と疑問を持たれます。

iPhoneに機種変更するおすすめの方法

ここまでAndroidとiPhoneの違いをご説明してきました

それを読んで、iPhoneに変える人、やっぱりAndroidでいく人など

様々でしょう。

ただ、そんな人たちで共通しているのは近々機種変更を

しようと思っているという点ではないでしょうか?

ここからはおとくに機種変更する方法をご紹介していきましょう。

それは各社のオンラインショップを使います。

ドコモ

ドコモオンラインショップ

au

au Online Shop

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップ

オンラインショップとは各キャリアが直営しているインターネットにて

機種変更ができる便利なサービスです。

たくさんのメリットがあるんです。

そんなメリットをご紹介していきましょう。

まずはECショップなんでネットに繋がりさえすれば、日本全国どこからでも利用可能!

予約も店頭と同じなので、楽々予約できます。

もちろん発売日に入手する事も可能です。

また、キャリアショップや量販店では必須だった頭金が

オンラインショップだとなんと0円、無料なんです。

しかも余計なオプション加入もないですよ。

また余計な営業を受ける事もないので自分に必要なものだけを選べます。

時間はかからないし頭金がかからない分端末代金が安いのは分った。

でも初期設定や電話帳の移行が不安だからキャリアショップの方がいいなぁ~

なんて思う人もいるでしょう。

そんな人のおすすめなのが各キャリアショップ受取りです。

オンラインショップでは受取り場所をあなたの自宅のみではなく

キャリアショップに設定する事ができます。

料金プランや端末で不安なら全キャリア

事前にチャットで質問する事もできます。

ですので不安事項は全て解消する事ができると思いますよ。

わざわざ、混んでいる店頭に行く手間はなく、

また頭金の分、キャリアショップや家電量販店よりも安い。

タイミングさえあえば、新型iPhoneが発売日当日に手に入ります。

ちなみに僕はiPhoen8もiPhoneXも発売日に入手しました。、

新型のiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめです。

まだ使った事ない人は是非使ってみて下さいね。

ドコモ

ドコモオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

au

auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

さいごに

意外とAndroidを使っているうちに、無いと困る機能が増えていると思います。

今まで使えていたので、機種が変わっても使えると思い込んでいる人は多く、

機種変更をしてから残念がる人は多いです。

不安がある人は、どんなことが出来なくなるか、

出来るようになるかをしっかり調べ切ってから機種を変えてください。

iPhoneは本当に優秀なスマホで、シンプルで使いやすいです。

多くの人に愛されている理由は使っていたら分かりますよ。