何かと色々契約するときって、解約時のこと気になりませんか?
私は気にしている方で、解約時に料金がバカ高いとかだと
そもそもの契約を躊躇するタイプなので、いつも何かを契約するときは
慎重になってしまう派です・・・・

例えば機種代金が支払い終わっていないとか
そういったところの清算は絶対必要だって分かりますが
何年も使っていての「解約するなら◎◎万ね」というのはちょっと・・・ねぇ。

今までって解約するにもタイミングが縛られていてすごく不便でしたが
現在はどのようになっているのでしょうか。

今回はドコモの解約についてを調べてみました!

今現在の解約についての規定

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、お客さまが2年定期契約の料金プランや各種割引サービスを解約する際、
これまで定期契約満了月の翌月の1か月間を解約金がかからない期間とさせていただいておりましたが、この度1か月延長し、2016年2月に2年定期契約等が満了を迎えるお客さまから、
定期契約満了月の翌月と翌々月の2か月間に拡大いたします。

というのがまず出てきます。

つまり例えば本日2018年4月4日に契約したとします。
2年後定期契約満了日は2020年4月となり、翌月の5月と6月(25か月目と26か月目)が
解約金のかからない月、ということになります。

うーん。前は定期契約満了の翌月のみ(上の例でいうと2020年5月のみ)だったわけですね。
1か月しか伸びない意味ってあるんだろうか?

でもまぁ、忘れがちな契約期間だからありがたいような・・・
それでも2か月だけが解約金かからないというよりも
2年経ったらいつでも解約金かからないようにしとけよ。って思っちゃうんですけど。
そうすると他のキャリアに流れるのが不安なの??

大丈夫だって、ドコモ。ドコモが使えないキャリアなら別だけど
やっぱり安定じゃん。そこまで囲い込みしなくても平気だと思うよ。
って言いたいけど、そうもいかないだろうね笑

解約金一覧がありましたのでこちらをご覧ください。

このタイプXiにねんというやつの10年超というのは、
それまでにドコモをずっと10年以上使っている人なら当てはまる可能性があります
ただこちらは2014年8月31日でこのプランの契約は申込み終了しています。

・Xiへ契約変更時に、2年定期契約型割引が未契約で継続利用期間が10年を超えている
・タイプXi にねんの契約更新時に、継続利用期間が10年を超えている

まぁでもこれ、当てはまる人はあんまりいないでしょうね。
大体機種変更する際に2年定期契約型になっていると思います。
そうじゃない人ってあんまりであったことないんだけど、どうでしょうか?

またXiデータプランにねんについても2014年1月で新規申込は終了しました。

ほとんどの人が2年契約の、25か月目・26か月目以外は解約金がかかるプラン、ですね。

また月々サポートの場合には、月々サポートが終了する前に解約してしまうと
解約金に+して端末の分割代金の残りを一括で支払うことになります。

もし端末代が高い場合には、解約金に+して分割代金となって結構な額になることもあるので気を付けましょう。

解約金は割引サービスにもついてくる

解約金はなにも契約を辞めた時だけじゃないんですね~・・・
そう、割引サービスにも解約金がついてきます!それがこちら一覧。

ただ、基本的な割引サービスは契約時に一緒に入ると思います。
なので、2年使う前提で契約した際の割引サービスは一緒に時期をカウントできますね。
更新期間や契約満了についてはMy docomoの【ご契約内容確認・変更】からも確認できます。

契約変更で解約金はかかるの?

じゃあ、いま契約している内容から別の契約内容に変える時
そんな時には契約そのものが25か月経ってないとしたらやっぱり解約金はかかるのか?!
というと
基本的にかからないと考えて大丈夫です。

以下のプランなら契約を変える時に解約金がかからないそうです。

【定期契約型基本プラン】
・カケホーダイプラン(定期契約あり)
・カケホーダイライトプラン(定期契約あり)
・シンプルプラン(定期契約あり)
・データプラン(定期契約あり)
・デバイスプラス 500(定期契約あり)

【FOMA定期契約型割引サービス】
・ファミ割MAX50
・ひとりでも割50
・ビジネス割50
・定額データ スタンダード割2
・定額データ 128K割
・お便りフォトプラン割

まぁつまり、この定期契約のあるプランなら他の契約から乗りうつっても
以前のものの契約の解約金はかからないよってことですね。

ただこれ以外の定期解約のない料金プランに移行する場合には、解約金が発生することがあるそうです。

しかし1点!気を付けなければならないことが。

端末購入サポートで端末を購入し、規定利用期間内に機種変更/契約変更した場合、解除料がかかります。なお、規定利用期間は、
購入日の翌月1日から起算して12か月となります(購入日が1日の場合は購入月から起算します)

それでも端末購入サポートは期間が短いので
1年はちょっと頑張ってみようか。というところですね。
どちらにせよ、中途で解約するとなると解約金はかかるので
できるだけ解約金がかからない使い方が重要となってきそうです。

解約はネットじゃできない、ドコモショップまで!

ネットは注文こそできますが解約については手続きなど重要なため
ドコモショップでの手続きになります。

面倒臭いかもしれませんが、解約についてはきちんとショップまで足を運びましょう。

電波状況などが悪くても解約はできないの?

ショップで購入の場合の電波状況によるキャンセルは可能

そうはいっても、電波状況が悪くて使えない場合にも
我慢しなければならないのか?というとそれは違います。

私の実家は今は電波はいるけど、それこそi-modeの時とか
ソフトバンクになりたての頃はソフトバンクの電波入りませんでした笑

もしかしたらもっと奥地に住んでいる人は電波、入らない可能性はありますよね。
そこで、もし電波状況が悪くて契約キャンセルをしたい場合には
8日以内キャンセルが適応されます。クーリングオフってことですかね。

文章引用しておきます。

2016年5月21日(土曜)の電気通信事業法の改正を受けて、携帯電話のご契約において、
「電波状況が不十分」または「お手続きに関する説明が不十分」、「契約書面が不交付」であった場合に、
お客さまから「契約解除(お手続きの取消)」(以下、「8日以内キャンセル」といいます。)のお申出を受付けておりましたが、
契約書控えにご署名をいただいている場合は「8日以内キャンセル」に応じなかったことに対して、
総務省より行政指導を受けたことから、当社における「8日以内キャンセル」の受付制度の改善を行いました。

・XiサービスまたはFOMAサービスの新規契約
・FOMAサービスからXiサービスまたはXiサービスからFOMAサービスへの契約変更
・料金プラン変更または割引サービスのお申込み
(「料金プラン変更および割引サービスのお申込み」のお手続きを行ったお客さまは、電波状況を理由とした「8日以内キャンセル」の対象外とさせていただきます。)

(1)電波状況が不十分な場合
(2)法令順守状況が不十分な場合
・お手続きに関する説明が不十分な場合
・契約書面が不交付

月額の定額料金(基本プラン・パケットパック・割引サービス・付加機能使用料など)は契約解除となる日の前日までの日割り分
ご利用料金(通話料・通信料・コンテンツ料金・国際サービスご利用分など)は全額お支払いいただきます。

当たり前ですが使った分は支払をして、解約と言う手続きになります。
電波ばかりはどうしようもないことなので、不可抗力といったところか。

ただ、今までふつうに使っていたのに料金プランを変更したうえで「電波が悪いから」というのは
ちょっと矛盾してきますよね。だって使ってたからプラン変更した、って思われても仕方ない。
そういう場合には8日以内キャンセルが適応されない、ということは忘れないようにしましょう。

オンラインショップで購入の場合のキャンセルは

実はオンラインショップで購入した場合のキャンセル可能な理由は

ドコモオンラインショップでご契約いただいた場合、8日以内キャンセルの申告理由は、「契約書面が不交付」のみとなります。

想像ですが、ネットから注文できるってことは何かしら電波が入っていると考えられますよね、
wi-fiだって通せれば問題ないし、そういった点からもインターネットから購入できるドコモオンラインショップからの購入の場合には
電波状況を理由としたキャンセルが不可となっていますので、注意してくださいね。

どうせ買うならオンラインショップで安く購入

ドコモオンラインショップって知ってますか?

マイドコモなどは知られてるのですが意外とドコモオンラインショップって知られてないんですよね。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップとはドコモが直営するネットショップです。

今やネットを使い契約の確認や変更、アクセサリーの購入はもちろん

機種変更もできちゃうんです。

ドコモオンラインショップでの機種変更はかなりおとくなんです。

ドコモを使っており機種変更するならなぜドコモオンラインショップを使わないともったいないです。

そんなメリットをご紹介しましょう。

まずは時間的なメリットが大きいです。

ドコモショップって混んでますよね?今は店舗予約なんかできるようになりましたが

それでも家からドコモショップへ行って、契約してなんかしていると2,3時間はかかりますよね?

しかしドコモオンラインショップだと15分もあれば契約終了しちゃいます。

まずはドコモショップや家電量販店に行く時間の節約、契約にかかる時間の節約ができるんです。

続いては経済的なメリットです。

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金という謎のお金が取られます。

頭金についてはこちら

ドコモで機種変更の時の頭金、これって違法?返金して貰えるの?

これがドコモオンラインショップだと0円、つまり無料なんです。

またドコモショップや家電量販店だと機種変更の際に2000円の機種変更事務手数料がかかります。

それがドコモオンラインショップだと無料なんです。
また2018年9月1日(土曜)以降
すべてのお手続きにおいて事務手数料が無料となりました。

ですので金銭的に5000~12000円程度おとくなんです。

時間的なメリット、金銭的なメリットがとても大きいのでぜひドコモで機種変更するなら

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

ただ機種変更にあたり、初期設定や電話帳の移行が不安。

色々相談したいという人もいるでしょう。

そんな人へおすすめなのがドコモオンラインショップは受取場所を

自宅またはドコモショップと選べます。

ですのでドコモショップで受け取りにすれば初期設定や相談などもできるでしょう。

金額はドコモオンラインショップの安いままで

ドコモショップで買ったのと同じようなサービスを受けられるのでおすすめですよ!

まぁ、自宅で受け取って設定できなかったらショップにもっていってもやってもらえるし

詳しい説明書があるんで自分でも十分やることはできると思いますよ。

ドコモオンラインショップはこちらです。

購入の流れをこちらのマンガで確認しましょう。


Source by
ドコモ公式オンラインショップ

ドコモオンラインショップがまだ不安な方の為のメリットデメリット対策を纏めた記事です

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

またこちらの動画でもドコモオンラインショップでの購入の流れをご確認いただけます。

ドコモオンラインショップはこちらです。

機種変更する人はぜひ使ってみて下さいね。

 

まとめ

契約するとなるとさまざまなことを気にしなければならなくなりますが
契約も解約も、きちんと納得してのものにしないとなりませんね。

下調べとお金がちゃんと支払えるかどうかなどなど計算して、ドコモオンラインショップでお得に購入してくださいね!