ドコモは、2017年~2018年冬春モデルとしてM Z-01Kを発表しました。

このMZ-01Kちょっと変わったスマホで、なんと2画面あるのです。

最近は格安スマホも増えてきて、色々な特色があるスマホが増えてきていますが、

2画面ってどういう事!?って思いますよね?

そんな少し変わったこのスマホは、ガジェット好きにはたまらない特徴をもっているスマホです。

以前発売されていたMEDIASを連想させる、2画面のスマホという訳ですね。

ちなみにその時のMEDIASはこんなんでした。

似てる、、、、ってかそっくりだwww

MEDIASはスペックがそれほど良くなかったのもあって、一部のガジェット好きには話題だったとしても、

それほど人気にはならなかったですね。

今回中国のスマホメーカーZTEが出してきて、

ドコモから発売予定の2画面スマホは一体どうでしょうか?

そんなM Z-01Kの気になる性能や発売日などを見ていきましょう。

M Z-01Kの性能(スペック・カラー)

まずはM Z01-Kのスペックを見ていきましょう。

表には含まれていませんが、CPUはQualcomm製「Snapdragon 820」が搭載されてます。

ちなみにこのCPUサムソンのGalaxy S7 edgeなんかに搭載されているCPUです。

最新機種にはさらに高性能のCPUが搭載されるとはいえ、普段使いには十分すぎる性能が期待できますね。

ちょっと重めのゲームをしても、十分楽しめるしょう。

ネタになる機種だからと言って手を抜いている感じはしないので、

ドコモも本気でこの機種を売りに来ている感じが伝わってきますね。

メモリーも4G積んでいますので、通常の使用やゲームなども問題ないでしょう。

メモリーを使う使い方をしても、フラッグシップモデルと同じ4Gもメモリーがあれば、十分です。

ストレージは64GBも積んでいます。

アプリを多めにダウンロードして、色々使っていきたい方でも64GBもあれば十分でしょう。

最近格安スマホなどは32GBしか積んでいないモデルもありますが、M Z01-Kは64GBもストレージがあるので問題ありませんね。

カラーはブラックが発売予定です。

一色しかありませんが、折りたたんだ状態であれば、表面と裏面すべてが画面なので問題ないでしょう。

さらに特徴となる点を項目別に確認してみましょう。

閉じるとちょっと分厚いスマホ

このM Z01-Kはメインの画面にサブの画面が備わっているというイメージですね。

通常は折りたたんだ状態になっています。つまりサブ画面が裏側にあるという事です。

サブ画面は薄いとは言っても、折りたたんだ状態だとちょっと分厚くなってしまいます。

このサブ画面がM Z01-Kのメインの特徴なので、仕方ないと言えば仕方ないですが、通常使用だと少し分厚くなります。

広げると4通りで便利に使える

でもこのM Z01-Kは広げると便利に4通りで使えるんです。

まずは通常の使用方法は置いといて、画面を広げると2画面モードで使えます。

これはデュアル画面に対応しているアプリじゃないとできないのですが、

現在では多くのアプリがデュアル画面に対応していますし、

これからも対応していくアプリが増えていくと考えられます。

この使い方がM Z01-Kの一番得意な使い方ですね。

さらに大きな画面としても使えます。

5.2インチの画面が2枚あるので、大きな画面が一枚6.8インチとして使えます。

間に隙間がありますが、それでも他のスマホにはない使い方ができます。

もう一つのミラーモードは同じ内容を2画面で表示させるもので、

向いあった人に画面を見せるという使い方ができますね。

最後の使い方はテントモードで、2in1スタイルのノートパソコンと同じように、

立てかけて画面を見るのに最適な使い方です。

残念なポイント

少し残念なポイントして防塵機能はもちろん、防水機能もついてません。

またフルセグはもちろん、ワンセグもついてないのでテレビ見れません。

まぁ、パソコンみたいな感覚と思えばいいんでしょうね~

M Z-01Kの予約開始日と発売日と在庫

続いてはMZ01-Kの発売日です。

詳細はまだ未定ですが、現在の発表だと2018年2月下旬となっています。

そして気になる予約です。

予約開始は2018年1月12日の金曜日午前10時から予約開始になっています。

在庫としては、通常のフラッグシップモデルではないので、それほど品切れになる可能性は少ないと予想されます。

しかしそもそも生産量も多くなさそうですしね。

少しでも興味があれば予約しておくことをお勧めします。

M Z-01Kの予約はこちら

M Z-01Kの予約

M Z-01Kの価格

M Z-01Kの端末価格は92,664円です。

そかなら月々サポートが契約毎につきます。

新規・機種変更:総額最大−49,896円(−2,079円×24回)
MNP      :総額最大−66,096円(−2,754円×24回)

ですので2年間使えば実際に負担する金額は
新規・機種変更:42,768円
MNP      :26,568円

になっています。

フラグシップモデルに比べると若干やすいですが

なかなか高価格ですね。それだけ様々な機能が詰まっているという事でしょう!

M Z-01Kのキャンペーン

docomo M Z-01K購入キャンペーンがあるようです。

詳細は以下の通りです。

予約対象期間:2018年1月12日(金)~「M Z-01K」発売日前日まで
購入対象期間:「M Z-01K」発売日~2018年3月31日(土)まで
応 募 期 間:「M Z-01K」発売日~2018年4月30日(月・祝)まで
応 募 方 法:購入対象期間内に「M Z-01K」をdocomo取扱店またはドコモオンラインショップにてご購入頂き、
      下記応募フォームより必要事項をご入力のうえ、ご応募ください。
応募フォームはこちらのページにあります。

応募フォーム

なんでも抽選で1250名にdポイントをプレゼントしちゃうみたいです。

1位を50人に10000ポイントはなかなかでかいですね。

予約すると当選率が2倍なんで、是非、予約してポイントゲットを狙いたいところですね。

予約はドコモオンラインショップが便利ですよ。詳しくは次でご紹介します!

M Z-01Kで機種変更をするなら

結構高額なM Z-01Kですがお安く機種変更する方法があります。

それはドコモオンラインショップです。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップとはドコモが直営するネットショップです。

今やネットを使い契約の確認や変更、アクセサリーの購入はもちろん

機種変更もできちゃうんです。

またドコモを使っており機種変更するならなぜドコモオンラインショップを使うといいか説明しましょう。

まずは時間的なメリットが大きいです。

ドコモショップって混んでますよね?今は店舗予約なんかできるようになりましたが

それでも家からドコモショップへ行って、契約してなんかしていると2,3時間はかかりますよね?

しかしドコモオンラインショップだと15分もあれば契約終了しちゃいます。

まずはドコモショップや家電量販店に行く時間の節約、契約にかかる時間の節約ができるんです。

続いては経済的なメリットです。

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金という謎のお金が取られます。

頭金についてはこちら

ドコモで機種変更の時の頭金、これって違法?返金して貰えるの?

これがドコモオンラインショップだと0円、つまり無料なんです。

またドコモショップや家電量販店だと機種変更の際に2000円の機種変更事務手数料がかかります。

それがドコモオンラインショップだと無料なんです。
(FOMAからの機種変更の場合は割引です)

ですので金銭的に5000~12000円程度おとくなんです。

時間的なメリット、金銭的なメリットがとても大きいのでぜひドコモで機種変更するなら

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

ただ機種変更にあたり、初期設定や電話帳の移行が不安。

色々相談したいという人もいるでしょう。

そんな人へおすすめなのがドコモオンラインショップは受取場所を

自宅以外にもコンビニ、ドコモショップも選べます。

ですのでドコモショップで受け取りにすれば初期設定や相談などもできるでしょう。

金額はドコモオンラインショップの安いままで

ドコモショップで買ったのと同じようなサービスを受けられるのでおすすめですよ!

まぁ、自宅で受け取って設定できなかったらショップにもっていってもやってもらえるし

詳しい説明書があるんで自分でも十分やることはできると思いますよ。

ドコモオンラインショップはこちらです。

購入の流れをこちらのマンガで確認しましょう。


Source by ドコモ公式オンラインショップ

ドコモオンラインショップがまだ不安な方の為のメリットデメリット対策を纏めた記事です

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

またこちらの動画でもドコモオンラインショップでの購入の流れをご確認いただけます。

ドコモオンラインショップはこちらです。

機種変更する人はぜひ使ってみて下さいね。

また機種限定ですがドコモオンラインショップで使える割引クーポン発行中です。

詳しくはこちらのご覧ください。

ドコモオンラインショップの機種変更で利用可能クーポンまとめ!

まとめ

これまでに無い使い方ができるスマホのM Z01-Kは、2画面の魅力をしっかりと持っているスマホです。

アンドロイドのアプリがデュアル画面に対応している物が増えてきているので、

このMZ01-Kはますます活躍の場を広げていくと言えるかもしれませんね。

ドコモが企画し、ZTEからグローバルモデルとして発売されるM Z01-Kは、

ガジェット好きはもちろん、大きな画面と小さなスマホを両立させたい方にぴったりのスマホです。