ドコモの2018年の学割が判明しました!

例年なら年が明けてからの2017年になってからの発表だと思ってたのですが

やっぱり早いですね。

先日、格安SIMのワイモバイル、UQモバイルが早めに発表してきました。

それを受けてかauも早期の発表だったのでもしかしたらと思っていたら

やっぱりドコモも早めに発表してきましたね。

しかもこれって結構おいしいです。

格安SIMにも負けない料金携帯になりますね。

だって、格安SIM対応価格といわれるdocomowithの価格と変わらないんですもん。

しかも端末は自由というんだからこれはおとくに違いません。

ただね~これは適応条件厳しいよ(涙)

まぁ、それ以外もあるんで見てってね!

ではではスタート!

では、そんな2018年のドコモの学割の詳細行ってみましょう!

<スポンサーリンク>




ドコモの2018年の学割の内容は?

では改めて2018年のドコモの学割の詳細を見てみましょう!

それはなんと

申し込み月から12か月1500円引き

ドコモで1500円引きというとdocomowithを思い出しますね。

docomowithにかんしてはこちら

docomowith(ドコモウィズ)の評判。料金から考える。やっぱりシンプルプランなら、、、。

docomowithと同様って事は最安値280円から持てるって事ですよ。

しかもdocomowithのように端末指定はないので

iPhoneでも月々280円で利用可能!

これってすごくないですか???

といいたいけど、なかなか適応にはハードルがたかいのよね~

次いってみよ~

ドコモの2018年の学割の適応条件。対象年齢は?

そんな滅茶苦茶お得な学割を適応させる方法です。

まずは気になる年齢。

それは25歳以下です。

これに関してはドコモにかかわらず、3大キャリアは学割と銘打ってるのに

25歳以下としているので特に不思議はないですね。

ここは問題ないです。

ただ、次の適応条件が厳しいのですよ。

こちらドコモのHPより引用です。

 

対象となるお手続き:新規契約(MNP含む)、契約変更(FOMA®→Xi)「カケホーダイ&パケあえる」へのプラン変更
適用条件:Xi契約で基本プランのいずれかに加入
     「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」/「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」「シンプルプラン(スマホ)」
     対象パケットパックのいずれかに加入
     <対象パケットパック>
     「データSパック®(2GB)」「データMパック®(5GB)」「ウルトラデータLパック®(20GB)」「ウルトラデータLLパック®(30GB)」
     「シェアパック5(5GB)」「シェアパック10(10GB)」「シェアパック15(15GB)」「ウルトラシェアパック®30(30GB)」
     「ウルトラシェアパック50(50GB)」「ウルトラシェアパック100(100GB)」または、シェアパック子回線で「シェアオプション」に加入
spモードのご契約
お申込み時点でご利用者入※5 が25歳以下であること

となっております。

これの何が厳しいのか非常に分かりづらいですよね。うん。僕も一瞬分かりませんでした。

ただよく見てみると対象となるお手続きが非常に厳しいんです。

新規契約(MNP含む)、契約変更(FOMA®→Xi・Xiの旧プラン→Xiの新プラン)となってるんですよね~

というのとはすでにXiの新契約使っている人は適応外です。

Xiの新契約とは「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」/「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」「シンプルプラン(スマホ)」です、

Xiの旧契約とはタイプXi にねんです(ただこちら2014年8月31日に受付停止してるので利用者少ないと思われます)

そうなると多くの人は適応しづらいのが今回の学割といえるのではないでしょうか、、、、。

新規やMNPならまだしも、いまだにFOMAや旧Xiプランの人は少ないですよね。

うーん、非常にいい内容だけど微妙ですね、、、、。

ドコモの2018年の学割は受付け期間はいつからか?

ちなみに2018年のドコモの学割の受付は

2017年12月27日(水曜)~2018年5月31日(木曜)

となっております。

こんなおまけもつけてくる

そんなんでなかなか今回のドコモの学割を適応させるのは難しいけど

適応させたら超ラッキー。

シェアグループ内全体にdポイント3000ポイントプレゼント!

という事はドコモ使っている家族みんな3000ポイントプレゼントです、

もし家族でまだFOMAや旧Xiプラン使っている25歳がいれば是非この2018年の学割きっかけに機種変更しちゃいたいところですね。

ドコモの2018年の学割を申し込むなら

そして今回の学割の適応には新規、MNP,またはFOMAや旧Xiプランから新Xiプランへの機種変更ととにかく機種変更が必要です。

ドコモでおとくに機種変更する方法をご存知ですか?

それがドコモオンラインショップです。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップとはドコモが直営するネットショップです。

今やネットを使い契約の確認や変更、アクセサリーの購入はもちろん

機種変更もできちゃうんです。

またドコモを使っており機種変更するならなぜドコモオンラインショップを使うといいか説明しましょう。

まずは時間的なメリットが大きいです。

ドコモショップって混んでますよね?今は店舗予約なんかできるようになりましたが

それでも家からドコモショップへ行って、契約してなんかしていると2,3時間はかかりますよね?

しかしドコモオンラインショップだと15分もあれば契約終了しちゃいます。

まずはドコモショップや家電量販店に行く時間の節約、契約にかかる時間の節約ができるんです。

続いては経済的なメリットです。

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金という謎のお金が取られます。

頭金についてはこちら

ドコモで機種変更の時の頭金、これって違法?返金して貰えるの?

これがドコモオンラインショップだと0円、つまり無料なんです。

またドコモショップや家電量販店だと機種変更の際に2000円の機種変更事務手数料がかかります。

それがドコモオンラインショップだと無料なんです。
(FOMAからの機種変更の場合は割引です)

ですので金銭的に5000~12000円程度おとくなんです。

時間的なメリット、金銭的なメリットがとても大きいのでぜひドコモで機種変更するなら

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

ただ機種変更にあたり、初期設定や電話帳の移行が不安。

色々相談したいという人もいるでしょう。

そんな人へおすすめなのがドコモオンラインショップは受取場所を

自宅以外にもコンビニ、ドコモショップも選べます。

ですのでドコモショップで受け取りにすれば初期設定や相談などもできるでしょう。

金額はドコモオンラインショップの安いままで

ドコモショップで買ったのと同じようなサービスを受けられるのでおすすめですよ!

まぁ、自宅で受け取って設定できなかったらショップにもっていってもやってもらえるし

詳しい説明書があるんで自分でも十分やることはできると思いますよ。

ドコモオンラインショップはこちらです。

購入の流れをこちらのマンガで確認しましょう。


Source by ドコモ公式オンラインショップ

ドコモオンラインショップがまだ不安な方の為のメリットデメリット対策を纏めた記事です

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

またこちらの動画でもドコモオンラインショップでの購入の流れをご確認いただけます。

ドコモオンラインショップはこちらです。

機種変更する人はぜひ使ってみて下さいね。

また機種限定ですがドコモオンラインショップで使える割引クーポン発行中です。

このクーポンを使うだけで端末代金が5000円引きになるのでぜひ利用してくださいね。

arrows NX F-01K(ドコモ2017年冬モデルのアローズ)へ機種変更を考えてる方へ!割引クーポンあります。

ドコモのGalaxyNote8(ギャラクシーノート8)・SC-01Kの割引クーポン。5400円値引きになるよ!

まとめ

ドコモの2018年の学割は微妙ではありますが

もし今回の適応条件にはまっているなら是非この機会に機種変更なり

新規契約などをするのもいいと思います。

普通に使っている人にはあまりメリットはないですね。

もしかしたらどっかで学割条件を追加したり

違う学割を追加するかもしれません。

そんな情報入ったらすぐに報告しますね~

では、今回はこの辺で!

<スポンサーリンク>