ドコモがおしにおしている施策docomowith(ドコモウィズ)

ドコモがいうには選択肢の1つといってますが

CMや広告の露出をみているとどうみても1押しといって

間違えないのは明らかです。

家族で使えば

ドコモのサービスが格安SIMばりの料金で使えます。

最安で月々280円というのはやっぱり魅力的でしょう。

月々の料金が抑えられるだけならドコモもここまで

押したりはしません。

ドコモにとっても何かと負担になっていた端末購入時のサポート割引額が

なくなるのはありがたい事です。

最新のスマホではないが、そここそ使える端末を

大切に長い間使う事でみんなが得するシステム

それがdocomowith(ドコモウィズ)です。

docomowith(ドコモウィズ)がはじまった時にいってました。

2年毎に端末を取り替えた方が得をするなんてシステムがおかしい。

そんな携帯業界に風穴をあけるべくはじまったこのサービスですが

やはり多くの人の心に響いたようで

サービス開始から約半年で利用者70万人以上と多くの人に受け入れられてきました。

ドコモの電話代金高いから格安SIMに変えようかなぁ

だけど格安SIMってクレームも多いっていうし色々とハードルが高いよと

いう人には見事マッチした施策といえるのではないでしょうか?

今回はそんなdocomowith(ドコモウィズ)を再び振り返ると共に

20172018年冬春モデルで発表された新機種のご紹介

docomowith(ドコモウィズ)対応端末のおすすめランキングのご紹介を

やって行きたいと思います。

では行って見ましょう!

docomowith(ドコモウィズ)とは

今一度docomowith(ドコモウィズ)について再度確認しておきましょう。

まぁ、このページに来た人は既に分っていると思いますが

いちおう確認の意味を含めて再度お読み頂ければと思います。

docomowith(ドコモウィズ)とは特定の端末を購入する事により

ドコモの月々の利用料金から1500円割引くというサービスです。

1番の特徴は今までドコモが行っていた端末購入時のサポートと違い

機種変更するまでずっと続くという所です。

ただこの機種変更というところがポイントで

電話番号と紐づいている端末がdocomowith(ドコモウィズ)対応端末ならOKなんです。

ですので、自分でSIMフリーの端末を用意して

docomowith(ドコモウィズ)用のSIMを差し込めば

月々料金はdocomowith(ドコモウィズ)料金でどんな端末も使えます。

それこそ新しいiPhone8やiPhoneXでも利用可能です。

もしくは2年後、もしくはそれ以上使い今回の端末が故障した時などに

自分で格安スマホを購入するなり、中古でスマホを購入するなりすれば

今回の端末以外でもお安く使えるのです。

また純粋に安く使いたいなら今回購入した端末をずっと使い続けるという事もできるでしょう。

機種代金自体安いのでとにかく安く使いたい。

フラグシップモデルじゃなくても、高性能じゃなくても

とにかく使えればいい。ある程度の機能があってスマホが使えればいいという人には

とてもおすすめのサービスとなっております。

さらにdocomowith(ドコモウィズ)について詳しくはこちらの記事をどうぞ!

2017-2018冬春、ドコモの新商品発表会。新機種のまとめやdocomo withについて

20172018年新機種の紹介

そして今回発表された2017-2018冬春ドコモの新商品。

2017-2018冬春、ドコモの新商品発表会。新機種のまとめやdocomo withについて

やっぱりドコモはdocomowith(ドコモウィズ)にかなり力を入れているようで

なんと3機種も導入してきました。

どの機種もとても特徴があり、

利用者の顔が見える機種ですね。

まさに利用者の幅が広がった、選択の幅が広がったといえるような

機種が仲間入りしたといえるでしょう。

新機種を含めて全部で5機種。

それらのご紹介を含め、個人的なおすすめランキングを作ってみました。

異論や反論、意見なんかあれば是非、コメント欄に頂ければと思います。

それを受けて変更するかもしれませんwww

ではランキングの発表です!

docomowith(ドコモウィズ)対象機種おすすめランキング

第5位 arrows Be F-05J

5位にはarrows Be F-05Jがランクイン。

といっても5機種しかないんですけどねwww

理由としては、あえてarrows Be F-05Jを選ぶ理由が

もうないんです。そもそもアローズシリーズの強みは

超強力な防塵と防水機能です。

それを求める人とdocomowithを求める層とは

一致させる必要はないです。

2017年夏も出るなら、ギャラクシーと2機種しかなく

安い機種、そして国産に拘る人には

こちらをお勧めしたでしょう。

しかし今回新しく3機種が発表された事により

国産モデルは他にもあるし、

とにかく安い端末を求めるなら他の機種の方がいいです。

防水、防塵を求めるなら最新の高性能アローズが出たのでそちらの方がいいでしょう。

F-01K(arrowsNX・アローズ)の性能(スペック)、予約や発売日はいつ?カラーや価格、在庫について。

となると選ぶ必要ないんですよね。

すでにarrows Be F-05Jを選ぶ人は全く思い浮かびません。

あえて選ぶとしたら頑丈な防水、防塵がついている安い端末で

選ばれるくらいでしょう。だけどどちらも中途半端なんでお勧めしづらい機種となってます。

arrows Be F-05Jの購入はこちら

arrows Be F-05Jの購入

第4位 らくらくスマートフォン me(F-03K)

第4位はらくらくスマートフォン me(F-03K)です。

まぁ、こちらはまだ価格も発表されてないのでなんともいえない部分はあります。

しかし間違えなく使う人を選びますが需要はあります。

とくにシニア層はとにかく安く使いたい。スマホを価格が上がるから使いたくないという人が多いです。

そんな方におすすめです。

docomowithで価格が安いだけではなく、しっかりらくらくスマートフォンの良い部分は継承されており

・大きなボタン&見やすい画面
・サクサク打てる文字入力
・迷惑電話&迷惑メール防止機能
・スマホまかせでキレイに撮れる
・直感的に行えるインターネット検索
・豊富な便利アプリを標準搭載
・無料で電話相談・質問可能

といった機能もしっかり使えます。

電話を安く使いたいシニアの方にとにかくおすすめです。

らくらくスマートフォン me(F-03K)の詳細はこちら

らくらくスマートフォン me(F-03K)の詳細

さらにらくらくスマートフォン me(F-03K)について詳しく知りたい方は以下記事をご覧下さい。

「らくらくスマートフォン me F-03K」のスペックと性能。docomowith対応だけど価格(値段)、在庫、カラーなど知りたい!

第3位 Galaxy Feel SC-04J

ここでGalaxy Feel SC-04Jが登場です!

今までdocomowithを引っ張ってきたといえるGalaxy Feel SC-04J。

正直僕も何位にしようかなやみました。

1~3位は超接戦です。

どれがどうなってもおかしくはなかったでしょう。

ただここからはどれだけみんなから指示を受けそうかで考えました。

Galaxy Feel SC-04Jは素晴らしい機種です。

この価格でdocomowith対象機種でこの価格です。

素晴らしいコスパです。

ただdocomowith対象端末としては36288円と

高いんですよね。docomowith対象機種としては一番高いんです。

そこがネットとなり、残念ながら3位となりました。

今までGalaxy Feel SC-04Jとアローズの2機種しか選択肢がなかったので

こちらが指示されましたが今回から他にも低価格な割に高性能な機種が発売されます。

ですので、あえてこの値段のGalaxy Feel SC-04Jを選ぶ必要はないかなぁと思い

3位としております。

ただ高機能、そしてお洒落な小型端末をお探しの方にはGalaxy Feel SC-04Jはおすすめです。

とは行った物の、性能や新色が出た事から考えてもまだまだ現役で指示される可能性のある端末です。

そんなんで3位となっております。

Galaxy Feel SC-04Jの購入・予約はこちら

Galaxy Feel SC-04Jの予約・購入

Galaxy Feel SC-04Jの新色について

SC-04J(Galaxy Feel)の新色登場!Aurora Green(オーロラグリーン)の発売日と予約はいつからか?価格はいくら?

第2位 MONO MO-01K

そして2位はドコモのオリジナルスマホ、MONO MO-01Kです。

MONOといえば、前作は端末代金648円という低価格でみんなを驚かせました。

そして今回はdocomowith対象機種として発売される事になりました。

こちら端末代金が25,272円(税込)でdocomowith対象5機種の中で最安値となってます。

ですのでとにかく安くしたい。金額を抑えたいとか

docomowith価格のSIMだけ用意して自分でSIMフリーのスマホを用意して使う人は

こちらがおすすめです。

また前回もそうですが価格が安いから性能が悪いという訳じゃありません。

まぁ決してよくはないですが、LINEやネット検索をちょこっと使うくらいなら

全然問題ありません。

やっぱり安さを求めているという方は是非こちらを利用するといいでしょう。

MONO MO-01Kの予約・購入はこちら

MONO MO-01Kの予約・購入

第1位 AQUOS sense SH-01K

そして栄えあるdocomowith対象機種、おすすめランキング第1位は

AQUOS sense SH-01K

なんといってもやっぱりバランスの良さですね。

端末価格は30,456円(税込)とdocomowithにしては少し高めですが

その分他の端末とは違いかなり性能・スペックがいいです。

前回同じアクオスシリーズとして発売したAQUOS Rから

良い部分はしっかり継承しております。

もちろんAQUOSといえばIGZO、こちらもこの低価格でしっかり搭載してます。

またAQUOS利用者には人気の人工知能エモパーもしっかり搭載しております。

さらにAQUOS sense SH-01Kについて詳しく知りたい方は以下記事をご覧下さい。

AQUOS sense SH-01K(アクオスシーン)の機能(スペック)。予約や発売日、価格、在庫、カラーなどが知りたい

価格、そして性能面で考えると第1位はAQUOS sense SH-01Kで間違えないでしょう!

AQUOS sense SH-01Kの予約・購入はこちら

AQUOS sense SH-01Kの予約・購入

ドコモで機種変更するなら

もうご存知だと思いますがドコモで機種変更するならドコモオンラインショップがおとくですよね!

インターネットにつながりさえすれば24時間日本全国どこからでも利用できますし

また店舗だと3000~10000円かかる頭金は不要、

また機種変更時に機種変更事務手数料2000円も無料です。

店舗に行く時間、待つ時間を節約でき

経済的にもおとく。

もちろん送料もかかりません。

ドコモオンラインショップで購入しても発売日に自宅に届きます。

スマホの初期設定や電話帳の移行などが不安なら

受取り場所を自宅・コンビニ・ドコモショップと選べますので

ドコモショップ受取りにすれば、ドコモショップで購入したのと

同じようにやって貰えます。

まぁ、自宅で受け取ってあとから持って設定して下さいといえば

して貰えますけどね!

そんなんでドコモで機種変更するならオンラインショップがおすすめです。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップのメリットやデメリットの対応方法まとめました。

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

まとめ

ざっとdocomowith(ドコモウィズ)について語ってみました。

かなり独断と偏見ではありますがランキングで全機種紹介もしてみました!

まぁ、好みなどもあるから人により順位が違うと思う事もあるでしょう。

そんな方は是非、コメントで自分の押してる機種とその理由なんかを書いてももらえると嬉しいです。

そんなんでみんなのおすすめ機種を出し合ってもっと制度の高いランキングになれば面白いんですけどね~

お気軽にご意見、コメントお待ちしてます!