ドコモが独自に企画したブランドMONOは

昨年2016年はその端末価格の安さでみんなを驚かせてくれました。

MONO MO-01J。価格は650円で性能はどうだ!予約はどうしたらいいの?お勧めは料金プランは?

おぉ、ドコモからついに格安スマホが出たんだなぁと思っていたら

その夏には格安SIMかと思えるような格安プラン「docomo with」を発表。

docomowith(ドコモウィズ)の評判。料金から考える。やっぱりシンプルプランなら、、、。

これでドコモから格安スマホと格安SIMの二つが出揃う事となりました。

ただ残念な事に今までのドコモの方法だとこの格安スマホで格安SIMを使う事ができなかったのです。

格安SIMことdocomo withを使うには特定の機種を購入する必要がありました。

ですので、格安スマホの「MONO]では基本的には使えませんでした。

しかし2017~2018年冬春モデルにて

2017-2018冬春、ドコモの新商品発表会。新機種のまとめやdocomo withについて

ついに格安スマホと格安SIMの両方のメリットを合わせ持つ

スマホが発表されたのです。それが今回の

MONO MO-01Kです。

またMONO MO-01Kはdocomo withの中で最安値の端末となっております。

ですのでdocomo withのSIMだけ欲しい人にもおすすめの端末です。

では、詳しくご紹介して行きましょう!

MONO MO-01Kの性能(スペック)とカラー

では、早速見て行きましょう!

はっきりいって性能は低いです!今回発売されるdocomo withの

アクオスなどと比較しても低いのが分りますね。

AQUOS sense SH-01K(アクオスシーン)の機能(スペック)。予約や発売日、価格、在庫、カラーなどが知りたい

ただRAMやROMはしっかりありますね。3GB/32GBとなってます。

また通信速度も150Mbpsやバッテリーが2800mA、

カメラがアウトカメラ約1320万画素 インカメラ約500万画素と

最新の機種と比べるとかなり見劣りします。

ただ2016年冬までのモデルと比較した場合の話です。

2016年冬モデルなんかと比較するとそこまで見劣りはしないですね。

ただやっぱり性能はよくないのでいくつもアプリを立ち上げて使う人

重たいアプリを使いたい人には向いてません。

しかしネットの閲覧やLINEくらいしか使わないという人には

問題ないスペックを持ってます。

とにかく安くスマホ・携帯を使いたいという人にはおすすめです。

MONO MO-01Kの予約開始日と発売日と在庫

そして予約開始日と発売日です。

MONO MO-01Kは発表が10月18日だったのですが

10月18日より予約開始が始まっております。

MONO MO-01Kの予約はこちら

MONO MO-01Kの予約

またMONO MO-01Kの発売日なのですが

2017年12月上旬発売予定となっております。

こちら判明次第に追記致します!

また在庫なんですが前回MONOが出た時はとてつもない品不足に陥ってました。

だって安いですもん。

またドコモショップをよくみていたのですが予約受付中(在庫がない状態)になっている事が多かったです。

もしかしたら、ショップの方は販売利益の関係などでそんなに売りたくないんじゃないのかという

印象を受けたくらいです。

ですのでMONO MO-01Kも在庫が落ち着くのを狙うよりも予約しちゃう方がいいと思います。

インターネットで予約してドコモショップで受取りなんていいかもしれませんね。

MONO MO-01Kの予約はこちら

MONO MO-01Kの予約

MONO MO-01Kの価格

MONO MO-01Kの一番の売りは初めにも書きましたが価格にあります。

ではその価格を見てみましょう。

MONO MO-01Kの価格は

総額 25,272円となります。

docomo with対象機種なので月々サポートはつきませんが

この機種を使っている限り(電話番号がMONO MO-01Kと紐ついている限り)はずっと

1500円引きです。

ちなみに24回分割だと月額1,053円×24回です。

月々サポート的な考え方をすれば

1053-1500=-457

購入後、2年間は毎月の請求より457円割引となります。

そして2年たったら月々の請求から1500円割引です。

いやー安いですね!

MONO MO-01Kに機種変更するなら

もうご存知だと思いますがドコモで機種変更するならドコモオンラインショップがおとくですよね!

インターネットにつながりさえすれば24時間日本全国どこからでも利用できますし

また店舗だと3000~10000円かかる頭金は不要、

また機種変更時に機種変更事務手数料2000円も無料です。

店舗に行く時間、待つ時間を節約でき

経済的にもおとく。

もちろん送料もかかりません。

ドコモオンラインショップで購入しても発売日に自宅に届きます。

スマホの初期設定や電話帳の移行などが不安なら

受取り場所を自宅・コンビニ・ドコモショップと選べますので

ドコモショップ受取りにすれば、ドコモショップで購入したのと

同じようにやって貰えます。

まぁ、自宅で受け取ってあとから持って設定して下さいといえば

して貰えますけどね!

そんなんでドコモで機種変更するならオンラインショップがおすすめです。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップのメリットやデメリットの対応方法まとめました。

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

まとめ

いやぁ、安いですね。

MONO MO-01Kはdocomo withの中でも最安値です。

ですので、docomowith回線がほしい人なんかにも

おすすめです。

docomo withで入手したsimをSIMフリー端末などに刺したら

ドコモのサービスを使った格安回線の出来上がりですからね!

そんな使い方をする人はもMONO MO-01Kがいいでしょう。

また特に高機能なスマホは必要ない。

簡単なWeb検索やLINEくらいしか使わないし写真もそこそこ使えればいい。

なんて人にもおすすめです。

とにかく月々安く使うのが目的ならやっぱりこちらが非常におすすめです。

ドコモで一番安くという選択肢をお探しならこちらにすればいいでしょう!

2017~2018年モデル含めdocomowith対象機種でランキングを作成しました

docomowith(ドコモウィズ)対象機種おすすめランキング。20172018年新機種対応!