これは凄いです。

先日発表された2017~2018冬春モデル。

詳しくはこちら

2017-2018冬春、ドコモの新商品発表会。新機種のまとめやdocomo withについて

ハイスペックな機種な個性的な機種など色々と発表されました。

個人的な意見だけど見事にハイスペックで高価格な端末と

スペックを抑えて端末価格を抑えた端末がでた印象があります。

まぁ、ドコモの冬春モデルはそんな傾向が強いと思うのですが

今回は2017年夏からはじまったdocomo withがあります。

docomo withについてはこちら

docomowith(ドコモウィズ)の評判。料金から考える。やっぱりシンプルプランなら、、、。

ですので単純に端末が安いだけではなく、月々の利用料金がかなり抑えられるのです。

そんなdocomo with対応機種が増えたのが印象的でしょう。

そして今回ご紹介するAQUOS(アクオス)がついにdocomo withに入りました。

これを待っていた人は多いんじゃないですか?

ただアクオスって確か夏に今後は1ブランド(AQUOS R)のみで

やっていくといっていたような気がするのですが、、、、。

そして調べてみると納得。なんでも今後は

AQUOSシリーズとして2ブランド展開するそうです。

フラッグシップ派
1つはすべてに最高機能を求めるAQUOS R

SH-03J(AQUOS R)の性能(スペック)と特徴、予約と在庫と価格と発売日について

スタンダードモデル派
ちょうど良い機能を求める AQUOS sense 

となっているそうです。

確かにちょうど良いです。

スペックも機能もそして価格もちょうど良い!

そんなんで新しくdocomo withに仲間入りした

AQUOS sense SH-01K(アクオスセンス)を見て行きましょう!

AQUOS sense SH-01K(アクオスセンス)の性能(スペック)とカラー

ではスペックと性能を見て行きましょう。

おぉ、docomo withでもかなり高機能ですね。

RAMはしっかり3GBあり、ROMも32GBです。

画面サイズも5インチとしっかりしたサイズ!

docomo with向けの低価格でもしっかりIGZOが使われています。

どこの機能抑えて価格抑えてるんだろうと見比べていくと思い当たる箇所が二つ。

まずはカメラ機能です。

アウトが1310万インが500万とRと比べて大幅に抑えてますね。

また地味にテレビ機能がなくなってます。

この辺の機能を抑えて価格を抑えてるんでしょうね!

ただやっぱりAQUOSの魅力はしっかりと詰まってます。

そちら3点をご紹介して行きましょう!

AQUOSならではの美しいIGZOディスプレイ

写真屋文字もくっきり見えやすく、色鮮やかに表示。

高精細なふるHD,IGZO液晶ディスプレイを使ってます。

画面が濡れても快適!安心の防水と電池持ち

こちら上記のIGZOに関係してなのですが

画面が水に濡れてもスムーズに操作できるのが特徴です。

試しに霧状の水を振り掛けて操作してみてもしっかり作動しました。

またIGZOならではの省電力で電池が長持ちします。

AQUOSの人口知能エモパー

AQUOS使う人なら一度は触れた事があるでしょう。

話しかけてくる人工知能エモパー!

あなたの行動を学習して色々と話しかけてきます。

大半の人はうざくて嫌うようですがwww

一部の人には大人気です。

あなたの事を一番に考えてずっと見つめてくれる人工知能。

AQUOSを使う人でこれを外せない人もいるでしょう。

docomo withでもしっかりと入ってますよ!

AQUOS sense SH-01K(アクオスセンス)の予約開始日と発売日と在庫

ではAQUOS sense SH-01K(アクオスセンス)の開始日です。

こちらは2017年10月18日からとなっております。

と、いう事はすでに予約が開始されておりすぐにでも予約できます。

AQUOS sense SH-01Kの予約はこちら

AQUOS sense SH-01Kの予約

そして発売日なのですがこちらは

2017年11月上旬を予定しております。

明確な日が分りましたら追記しますね!

そして発売後の在庫予想です。

AQUOSは発売直後に非常に人気が出ます。

今回はdocomo with対応なんでさらに人気が予想されます。

ですのでやっぱり早く欲しい人はしっかり予約しといた方がいいでしょう。

docomo with対応なんで少しでも早く機種変更した方がいいですもんね!

AQUOS sense SH-01K(アクオスセンス)の価格

そしてAQUOS sense SH-01Kの端末価格です。

こちらは30,456円となっております。

docomo with対応なんで月々サポートはありません。

その分、機種変更(正確には電話機とSIMとの紐付けを解く)しない限り

ずっと月々の請求から1500円引きです。

もちろん端末の分割も組めます。

その場合は月額1,269円×24回となります。

docomo withの割引金額よりやすいのでかなりお得感ありますよね!

そして25ヶ月目から機種代金はかからないし1500円の割引だけ残ります。

やっぱりdocomowithはお得ですね!

AQUOS sense SH-01K(アクオスセンス)に機種変更するなら

もうご存知だと思いますがドコモで機種変更するならドコモオンラインショップがおとくですよね!

インターネットにつながりさえすれば24時間日本全国どこからでも利用できますし

また店舗だと3000~10000円かかる頭金は不要、

また機種変更時に機種変更事務手数料2000円も無料です。

店舗に行く時間、待つ時間を節約でき

経済的にもおとく。

もちろん送料もかかりません。

ドコモオンラインショップで購入しても発売日に自宅に届きます。

スマホの初期設定や電話帳の移行などが不安なら

受取り場所を自宅・コンビニ・ドコモショップと選べますので

ドコモショップ受取りにすれば、ドコモショップで購入したのと

同じようにやって貰えます。

まぁ、自宅で受け取ってあとから持って設定して下さいといえば

して貰えますけどね!

そんなんでドコモで機種変更するならオンラインショップがおすすめです。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップのメリットやデメリットの対応方法まとめました。

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

まとめ

docomo withに人気スマホ、シャープのAQUOSが入りました。

それだけでも驚きなのに価格も安く、

また機能も悪くないです。AQUOSが持ついい部分はしっかりと継承されており

非常に使いやすい端末に仕上がっているのではないでしょうか?

シャープさんもしっかりした戦略を持ってやってくるようですね!

今後が非常に楽しみです!

2017~2018年モデル含めdocomowith対象機種でランキングを作成しました

docomowith(ドコモウィズ)対象機種おすすめランキング。20172018年新機種対応!