もうすぐ発売が予想されるiPhone8(アイフォン8)&iPhoneⅩ(アイフォンX)

楽しみにしている人もたくさんいるでしょう。

ただ、毎回の事ながら

新型のアイフォンを取り扱うのはおそらくドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアのみです。

しかし近年非常に人気になってきた格安SIMおそらく既に利用している人もたくさんいるでしょうし、

この機会に格安SIMへの切り替えを検討している人もいるでしょう。

格安SIM会社ではiPhone8(アイフォン8)&iPhoneⅩの取扱いは

当初はないでしょうから、SIMフリーのiPhone8(アイフォン8)&iPhoneⅩを入手して

利用する必要があるでしょう。

iPhone8(アイフォン8)&iPhoneⅩのSIMフリーを入手するには

1、3大キャリアから購入後シムロック解除
2、SIMフリー版を購入する

1に関しては3大キャリアとも一括で支払いをする事で即日SIMロック解除ができるように

なりましたが、シムロック解除して使うならそのまま使った方がお得です。

ですので方法は2しかないでしょう。

格安SIMでiPhone8(アイフォン8)&iPhoneⅩ(アイフォンX)を使用する為には

「Appleの公式公式サイト」でSIMフリー版を購入して

格安SIMではSIMカードだけを契約するという利用方法がいいでしょう。

Appleは3大キャリアと同じように分割支払いが利用でき、

手数料や金利などは発生しません。

Apple公式ページはこちら

Apple公式ページ

そして実際に使い方や金額的にはどこが安いのか、どのくらい安いのかを比較してみました!

では、行って見ましょう!

iPhone8&iPhoneⅩを格安SIMで使う方法

格安SIMをSIMフリー版のiPhoneを使用する方法は

以下の通りです。

①SIMフリー版のiPhoneを購入する。お勧め→Apple公式ページ

②格安SIMを申し込む

③iPhoneにSIMカードを挿入

これだけです。

SIMフリー版のiPhone8&iPhoneⅩなら

ドコモ系の格安SIM会社でもau系の格安SIM会社でも

どちらでも使用する事が可能です。

iPhoneはSIMカードを挿入するだけで使用できます。

大手キャリアと同様に使用できるので、初心者でも

iPhoneなら簡単に利用する事ができるでしょう。

iPhone8&iPhoneⅩの端末価格。格安SIMは安いのか?3大キャリアの価格を見てみる

そして気になるのは価格ですよね。格安SIMというくらいだから

凄く安くなる!と思っている人もいるかもしれませんが、実は、、、、。

では、見て行きましょう。

現在まだiPhone8&iPhoneⅩの価格は発表されてません。

ですので、昨年発売したiPhone7 32GBをモデルに比較して行きましょう。

まずはAppleが発売するSIMフリーの価格です。

iPhone7 32GB :72,800円

これを比較しやすいように大手三大キャリアと同様24回分割にすると

月額3,276円になります。

続いて3大キャリア、ドコモ、au、ソフトバンクが

売り出した時の価格です。

ドコモ「iPhone 7 32GB」の本体価格

契約方法 のりかえ(MNP) 新規契約 機種変更/契約変更
本体価格 82,296円
(3,429円×24)
82,296円
(3,429円×24)
82,296円
(3,429円×24)
月々サポート -55,728円
(-2,322円×24)
-55,728円
(-2,322円×24)
-55,728円
(-2,322円×24)
実質負担金額 26,568円
(1,107円×24)
26,568円
(1,107円×24)
26,568円
(1,107円×24)

au「iPhone 7 32GB」の本体価格

契約方法 のりかえ(MNP) 新規契約 機種変更
本体価格 79,200円
(3,300円×24)
79,200円
(3,300円×24)
79,200円
(3,300円×24)
毎月割
(スマートパス加入時)
-68,400円
(-2,850円×24)
-68,400円
(-2,850円×24)
-58,680円
(-2,445円×24)
実質負担金額 10,800円
(450円×24)
10,800円
(450円×24)
20,520円
(855円×24)

ソフトバンク「iPhone 7 32GB」の本体価格

契約方法 のりかえ(MNP) 新規契約 機種変更
本体価格 88,080円
(3,670円×24)
88,080円
(3,670円×24)
88,080円
(3,670円×24)
月月割
(App Pass加入時)
-77,280円
(-3,220円×24)
-77,280円
(-3,220円×24)
-67,560円
(-2,815円×24)
実質負担金額 10,800円
(450円×24)
10,800円
(450円×24)
20,520円
(855円×24)

こうやって色々書くと分かりづらいでしょうが大切なのは「実質負担金額」です。

3大キャリアを使う人は月々のサポートをフルに使う人がほとんどでしょうから

一番下の「実質負担金額」を見ると分りやすいでしょう。

例えばauの機種変更の場合は実質負担する金額、

端末代金は20,520円(855円×24)となります。

iPhone8&iPhoneⅩの3大キャリアの価格の価格

そしてここからが各社月々の携帯料金と端末代金を合計したものです。

各社細かな特色はあるものの、できるだけおなじようなプランを選びたいと思います。

通話はさすがに同様のプランにしずらいので、一番利用者が多いものにします。

通信量は5~6GBのプラントします。

ドコモ au ソフトバンク
通話プラン 1,700円
(カケホーダイライト)
1,700円
(スーパーカケホ)
1,700円
(スマ放題ライト)
ネット接続料金 300円 300円 300円
データ容量
(5GB)
5,000円
(データMパック)
5,000円
(データ定額5)
5,000円
(データ定額5GB)
端末代金 3,429円 3,300円 3,670円
端末値引 -2,322円 -2,850円 -3,220円
月額料金 8,107円 7,450円 7,450円

大手3大キャリアに関しては月々の使用量が同じなので端末代金での差が

そのまま出ましたね。またドコモに関しては同じようなプランという事でこれを使ってますが

家族で利用していたり、機種変更時に家族割り、dポイントの利用などあるので

実質は月々利用料金はもっと安くなるでしょう。

このサイト限定のクーポンなんかもあるので、もっともっと安くできますよ。

ドコモのクーポン。mnpと新規で使えます!

また3大キャリアを使うなら機種変更するのにオンラインショップがおすすめです。

直営なんで在庫は豊富でキャリアショップでかかる頭金3000~10000円が無料です。

ドコモはこちら

ドコモオンラインショップ

auはこちら

au Online Shop

ソフトバンクはこちら

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8&iPhoneⅩのワイモバイルの価格

続いては格安SIMで大人気のワイモバイルです。

回線がソフトバンクと同様のものなので格安SIMの方では

回線速度が速いです。また安定感もあります。

価格を見てみましょう!

ワイモバイル
通話プラン データプランに含まれる
ネット接続料金 0円
データ容量
(6GB)
2,980円
(2年目以降3,980円)
端末代金 3,276円
月額料金 6,256円
(2年目以降7,256円)

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドです。

格安SIMながら、ソフトバンクとほぼ同様の通信網を使っている為

通信に関してはかなり快適です。ただその分、お値段も

他の格安SIMと比べて割高です。次のUQモバイルと価格は同様なので

次でまとめて検証しましょう。

iPhone8&iPhoneⅩのUQモバイルの価格

UQモバイルはauのサブブランドです。

金額はコチラです。

UQモバイル
通話プラン データプランに含まれる
ネット接続料金 0円
データ容量
(6GB)
2,980円
(2年目以降3,980円)
端末代金 3,276円
月額料金 6,256円
(2年目以降7,256円)

UQモバイルモバイルもauのサブブランドの為、通信状態はかなりいいです。

ただこちらも格安SIMの中では料金は高めとなってます。

ワイモバイルもUQモバイルも端末代金を割引くサービスを行ってますが

新型のアイフォンに関しては取扱いを行わないと思われます。

そうなると料金の差は最大で1,200円程度にとどまっていますね。

安定した状態した状態で、少しでも安く使いたいという人には

この2社がおすすめです。ただ新型のアイフォンの取扱がなく

端末代金の割引もないでしょうから恩恵も少ないです。

またワイモバイルとUQモバイルどちらがいいか悩んだ場合は

「オンラインストア」からスマホプランにSIMのみで申し込んだ際に

最大15,000円のキャッシュバックが貰える期間限定のキャンペーンを

ワイモバイルが行っております。

キャンペーンについてはこちら

Y!mobile(ワイモバイル)がキャンペーン開始!キャッシュバックがつくよ。

ですので、ワイモバイルがおすすめです。

ワイモバイルの申込みはこちら

Y!mobileオンラインストア

iPhone8&iPhoneⅩのその他の格安SIMの価格

そして他の格安SIM会社をみてみましょう。

特色のある2社をご案内します。

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMの月額料金
通話プラン 580円
ネット接続料金 0円
データ容量
(6GB)
1,570円
端末代金 3,276円
月額料金 5,426円

 

BIGLOBE SIMは動画を見る人向けの格安SIMです。

運営はビッグローブ株式会社で実はauやUQモバイルを運営するKDDIグループです。

しかし扱っているのはドコモ回線だったりしますwww

特色は先にも書きましたが「YouTube」や「AbemaTV」などの動画が見放題になる

「エンタメフリー・オプション」というのがある所です。

ドコモ回線という事でドコモと料金比較をすると

ドコモとの差は月額料金で2,681円、2年間で64,344円。

また他にもBIGLOBE SIMをおすすめする理由は現在キャンペーンを行っているからです。

「音声通話SIM」を申し込む事で12,000円のキャッシュバックが受け取る事ができます。

ですのでシムフリーiPhoneとの相性はかなり良いでしょう。

動画を頻繁にみて格安SIMを利用したい人は是非こちらのご利用をおすすめです。

BIGLOBE SIMの申込みはこちら

BIGLOBE 格安SIM

続いてはネット上で巨大市場を気づいている企業が発行する

格安SIM、楽天モバイルです。

楽天モバイルの月額料金
通話プラン データプランに含まれる
ネット接続料金 0円
データ容量
(5GB)
2,150円
端末代金 3,276円
月額料金 5,426円

 

楽天モバイルの特徴はなんといってもその組織力です。

楽天モバイル利用者には「楽天市場」のポイントが2倍になったり

楽天スーパーポイントで携帯料金が払えたりします。

グループとしての組織力を前面に打ち出してきてますね。

回線はドコモ回線を使っております。

月額はドコモと比べては2,681円安く、2年間で64,344円ほど安くなります。

楽天SIMを使っているだけで「楽天スーパーポイント」の還元率がかなり上がるので

楽天市場などの楽天グループでよく買い物する人には1番おすすめの格安SIMとなってます。

楽天モバイル

まとめ

もうすぐ発売するiPhone8(アイフォン8)&iPhoneⅩ(アイフォンX)

上手く格安SIMを使えばキャッシュバックを貰い、

また2年間で5万円以上安く使う事ができるようですね。

格安SIMを利用する上での注意点を理解して使うのなら非常にお得でしょう。

格安SIM利用時の注意点は、

・通信の不安点
・故障時の対応(対応店舗が少なく代用機がない)

です。

これに不安なら3大キャリアを利用した方が安心です。

3大キャリアでもMNP(キャリア乗換え)すればお得になる事がたくさんあります。

たとえばドコモへのMNPならこのHP限定のクーポンがあります。

ドコモのクーポン。mnpと新規で使えます!

ソフトバンクならMNPでキッシュバック貰えるキャンペーンをやってます。

キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

また注意点を理解した上で格安SIMを使うという人は

通信速度が気になる人は

動画を無制限で見たい人は

楽天グループをよく利用する人は

がおすすめです。

確かにデメリットはあるけど2年間で5万円近く安くなるのは大きいですよね!