「スーパーホーダイ」楽天モバイルがまたまた驚きの格安料金を発表しました。

いやぁ、安さだけなら元々かなりやすかったんですが、

これは実用的でそして安い回線ができたというところでしょうか!

楽天モバイルはもともと非常に安い回線でした。

そして速度にもそこそこ評定はあります。

またネット上では、利用した事がない人がいないくらい楽天は巨大な市場を形成しております。

楽天の特徴は楽天を使用している人、利用頻度の多い人には

より多くの割引、特典をつけてくれるところです。

もちろん、それは今回の楽天モバイルの新料金プラン「スーパーホーダイ」でも健在です。

では、そんな安くて実用的名楽天モバイルの新料金

「スーパーホーダイ」をご紹介して行きましょう!

<スポンサーリンク>




楽天モバイル 新料金プラン「スーパーホーダイ」とは

今回発表された楽天モバイルの新料金プラン「スーパーホーダイ」は

すでにされている「コミコミプラン」の進化系です。

ですのでコミコミプランは「スーパーホーダイ」の発表とともに終了します。

では、そんな新料金プラン「スーパーホーダイ」とはどんなプランか見て行きましょう。

「ホーダイ」というのだから色々な事が定額なんでしょ?なんて多くの人が思うでしょう。

ただ、一番はじめにも書いたけど今回の料金プランの概要を見るといつも通り色々と

制約がかかれてますね。

データ通信の区分でいつもと同じように2GB、6GB、14GBといつもと変らない気がするのですが

このデータ通信量を使い切った後、データ通信の速度制限がかかってからが

このプランの凄い所です。

ドコモ・AU・ソフトバンクと言った携帯業界3大キャリアを筆頭にデータ通信量を使い切り

速度制限がかかると通常は128KBになるのがほとんどなのですが

今回の楽天モバイルの新料金プラン「スーパーホーダイ」は速度制限がかかっても

1MBなんです(一部除く)

1MBとは約1000KBなんで、速度制限がかかっても他者と比べてそこまで遅いと感じさせないようにしているのが

今回のプランの魅力です。

実際の楽天モバイルの「スーパーホーダイ」記者発表会会場の体験ブースの評判では

確かに遅いといわれれば遅いがストレスを感じるレベルではなかったと

多くの人が語っております。

実際は速度制限がかかってしまってますがそこをMAX、1MBにする事により

制限がかかってないように感じさせる。それが今回のスーパーホーダイの一番の魅力でしょう。

通話に関しては今までと引き続き、楽天電話というアプリを使えば

日本全国どこにかけても5分以内無料という事でこちらも電話かけホーダイといいたいのでしょう。

うーん、通信速度は制限はかかるけど、実感がなく

また通話も全て5分以内なら全てコミコミなら確かにホーダイではありますね、、、。

で、その料金は実際どのくらいになるか見てみましょう!

楽天モバイル 新料金プラン「スーパーホーダイ」の料金プラン

そして料金です。

ココはさくっと行きましょう!

・プランS(2GB)  2,980
・プランM(6GB)  3,980
・プランL(14GB) 5,980

うん。これだけ見るともう、高い!

無料通話が5分ついていたとしても携帯料金の戦国時代にはとても生きていけません。

3大キャリアのAUだってこれとおなじくらいの料金でやってくれてますからね。

詳しくはこちら

auが料金値下げ。新料金プラン(auピタットプラン)とビッグニュースキャンペーンとアップグレードプログラムEX

家族で利用するならドコモだってこんなに安く使えます。

docomo with(ドコモウィズ)なら280円から。裏技もあるよ。ワイモバイルやUQモバイルと比べてどうだ?

ただ、はじめに書いたように楽天は利用者への優遇が非常に大きいです。

また長期利用を検討していれば安くなる、それが今の携帯業界のトレンドでもあります。

次が楽天モバイルの新料金プランの真骨頂ともいえる割引に関してです。

<スポンサーリンク>




楽天モバイル 新料金プラン「スーパーホーダイ」の楽天利用者優遇・長期利用優遇

まずは楽天利用者優遇。

楽天会員は1年目が1000円引き。以下料金で使えます。

・プランS(2GB)  月額1,980円
・プランM(6GB)  月額2,980円
・プランL(14GB) 月額4,980円

楽天会員は入会金、年間手数料も無料、

つまりは実は全員がこの金額で使えるって事です。

ただ、これはそんなに安くなくほかの格安simと並んだくらいです。

また楽天のダイヤモンド会員ならそこからさらに500円引きです。

ダイヤモンド会員の条件は以下の通りです。

・過去6ヶ月で、4000ポイント獲得
・過去6ヶ月で、30回の購入履歴
・「楽天カード」の所有

難しいような簡単なような、、、

ただ500円引きを狙うだけで目指すのは厳しいですね、、、、。

ダイヤモンド会員なら他にも特典があるんで

狙うなら他の特典とセットで狙う感じでしょうね!

続けては長期利用予定者への割引です。

楽天の新料金プラン「スーパーホーダイ」は、

利用者が最低利用期間を以下から選択します。

・12ヵ月間
・24ヵ月間
・36ヵ月間

その期間に応じて割引が発生します。

おぉ、割引あるなんてそれだけで大歓迎と思う人もいるかもしれません。

ただやっぱり割引があるという事はマイナスポイントもあるのですよ。

それは契約解除料金があがってしまいます。

それは以下の通りです。

うーん、やっぱりこれを見ると微妙ですね、、、、。

ちなみに自動更新はないので3年間使い切ればいつ解約しても大丈夫です。

楽天モバイルの申し込みはこちら

楽天モバイル

楽天モバイル 新料金プラン「スーパーホーダイ」のデメリット

まぁ楽天モバイルのデメリットは今まで何度も書いてきたんですが

それは今も同じです。

やっぱりこの3点でしょう。

1つ目はまずはやっぱり通信速度です。

速度制限がかかっても1MBといってもこれは一番いい状態、

ベストエフォート(規格上の最大速度)で測定してます。

混雑してればそれ以上に遅くなるし、サイトの注意書きに

「通信が混み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)は最大300kbpsとなります」

とあります。そうなるとやっぱり遅いと感じる事は多々出てくる人でしょう。

ネット中毒、スマホ中毒の人はご注意下さい。

2つ目は対応ショップが少なく、故障時などにこまるという所です。

ちょっとずつ、店舗展開を増やしている格安SIMですが

やっぱりまだまだです。

楽天モバイルは多いほうですが、それでもあなたの家の近くにあるかは確認ひつようでしょう。

ちなみに楽天モバイルに対応ショップ一覧はこちらです。

楽天モバイル:店舗(楽天モバイルショップ)

故障時に代用機を借りれたり、simだけの利用だったら借りれなかったりと

不慣れな人にはちょい、面倒です。今までのドコモやAUと同じ感覚だと

何か会った時に苦戦しますよ!

3つ目は申し込みがちょい面倒です。

上記に書いたショップへ行って契約するならいいですが

格安SIMの受付は基本はネットからです。ですのでネットでの買い物や契約に慣れていない人には

面倒だと感じるでしょう。

ただ、月々の料金やサービス内容と考えるとこのあたりに納得して利用するなら

全く問題はないと思います。

そのデメリットを読んでも全然平気と思えるなら是非、使ってみたら如何でしょうか?

楽天モバイルの申し込みはこちら

楽天モバイル

まとめ

正直いって、携帯という観点から見るとそんなに

楽天モバイルって魅力を感じないです。

格安SIMにしては高いし、スマホも最新のものを使えるわけじゃありません。

しかし先日、ネットでの買い物大好きな友人と酒飲んでいた時の話。

いやぁ、最近「楽天モバイル」にMNPしたんだけどこれ凄いいいよ。

楽天ポイントで料金払えるから毎月ほとんど携帯代金かからないよ~

この友人はそこまでスマホ中毒じゃなく、とりあえずあればOKって人です。

ですので、価格重視。そして楽天でよく買い物するのでポイントがたまっているみたいです。

それを支払いに当ててるんですね!

うーん、やっぱり今はスマホ端末はもちろんですがキャリアも人によって適しているのは

全然違うんですね~

なんて思った今日この頃でした。

あなたもあなたにもっとも合っているキャリアやスマホがきっとあるはずです。

なにか疑問、質問があれば気軽にメールやコメント下さいね!では今回はこの辺で!

<スポンサーリンク>