もうすぐ発売が予想される新型iPnone。

すでに毎年9月の恒例行事のようになっております。

2017年はiPhone(アイフォン)が発売されてから10周年になります。

ですので、プレミアムなiPhone(アイフォン)が出ると噂されてますね~

それを狙っている人もたくさんいるでしょう。

「今までアンドロイド携帯を使っていたけど

この機会にiPhone(アイフォン)に変更してみよう」

なんて考えている人も結構いるんじゃないですか?

ドコモでiPhone(アイフォン)を取り扱うようになったのは

auやソフトバンクに比べてかなり遅いです。

それまではエクスペリアやギャラクシーといった

アンドロイド携帯のみでした。

ですのでドコモ利用者には今更iPhone(アイフォン)と思っている人が

きっと多いはずです。

ですが、今回は10周年の記念モデルです。

前回iPhone7の時に防水とお財布機能がついてかなり日本向けのスマホにもなってきました。

ドコモでもiPhone(アイフォン)比率が上がってきているそうで

今回でかなり増えると予想されてます。

やっぱり、なんだかんだと使い勝手が一番いいんですよね~

だけど、今更iPhone(アイフォン)を使うときにどんな事を注意したらいいかなんて

聞きづらいですよね。結構ちがうんですよね~

今回はドコモでiPhone(アイフォン)を使う時の注意点をまとめてみました。

では、行って見ましょう!

ドコモでiPhone(アイフォン)を使う時の注意点

今までアンドロイド携帯を使っていた人にとっては

当たり前だったサービスが結構iPhone(アイフォン)だと

使えなくなっております。

対策や対応策がある場合は合わせて明記していきますね~

では、始めて行きましょう。

ケータイ補償サービスが高くなる

現在、iPhone(アイフォン)以外のスマホを使っている場合は

ケータイ補償が500円だと思います(2014年冬前の端末は380円)

そして実際に故障してしまった時の修理代が7500円(2014年冬前は1回目が5000円2回目が8000円)

これがiPhone(アイフォン)になると値上がりしてしまい

iPhone7、iPhone7Plus、iPhone 6s、iPhone 6s の場合

月額750円で

サービス利用料金が11000円です。

両方とも年2回までとなっております。

1ヶ月にすると250円の違いですが2年間使うの考えると結構高くなりますね。

250×24=6000円

これの対策としては上手くdカードゴールドを利用したらいいでしょう。

dカードゴールドは年間会費1万円で携帯補償が最大10万円分ついてます。

ポイントも多く貯まるのでdカードゴールドを使っていればこの問題は解決します。

dカードゴールドの詳細はこちら

dカードゴールドは絶対お得!メリットとデメリットは何?申し込み方法は?

電話窓口の営業時間が短い

ドコモインフォメーションセンターにてアイフォンに関しての

対応時間が短くなってます。

iPhone受付時間:
平日 午前9時~午後7時
土日祝午前9時~午後5時

ちなみにアイフォン以外だと

平日・土日・祝日全て午前9時~午後8時
故障については24時間

番号はドコモの携帯からは151(無料)

一般電話、固定電話からは0120-800-000

となっております。

まぁ、そんなに電話する事ないので大丈夫でしょう。

ドコモショップで修理の受付をしていない

これは結構問題ですよね。

修理をドコモショップで受付けてくれないんです。

ただこれはドコモだけではなく、auやソフトバンクでも同じです。

正式にはアップルストアーかApple製品正規修理サービスをやっている所で

修理依頼します。

ただ最近だとアップル公式以外にも修理してくれるところも多々ありますが

やっぱり公式のところで頼んだほうが安心感ありますね。

どうしても家の近くにない場合は郵送サービスなどもあります。

詳しくはこちらです。

iPhoneの修理

microSDカードが使えない

iPnoneでは他のスマホのように後からSDカードで容量を追加する事ができません。

その為、他のスマホとは違い容量の異なるモデルを発売してます。

アイフォン7なら32GB、128GB。256GBと自分の使い方に合わせて容量を選ぶ事ができます。

また最近だとクラウドサービスなども発達しスマホ本体ではなく

インターネット上にデータを預けるサービスも充実してきました。

どうしても容量多いのがいいという人は

はじめから256GBを購入すれば問題ないでしょう。

ドコモのiPhoneには非対応サービスがたくさんある

「i Bodymo」「NOTTV」「カラダのキモチ」「しまじろうひろば」といった

ドコモ独自のサービスが使えません。

事前に自分で解約しておく必要があります。

また余談ですがワンセグやフルセグも使えないですよ。

iPnone7からは防水とお財布機能がつきましたが

それ以前のモデルにはそれすらないです。

ドコモが行っているサービスでどうしても使いたいものがあれば

アイフォンを諦める必要があります。

LINEのトーク履歴等は引き継がれない

利用者が一番多いといわれてるアプリLINEなんですが

こちらも色々と引き継がれない物があります。

・トーク履歴
・通知音の設定
・購入したLINEコイン
・チャージ済みのLINE電話のコールクレジット

これらのものは全て引き継ぐ事ができません

まとめ

以上がドコモでiPhone(アイフォン)を使う上で注意しないといけない点です。

こうやって書き出してみると色々と不便ありますね、、、。

ドコモショップで修理できないとかかなり痛いですよ、、、、。

ただ、それ以上にiPhone(アイフォン)には便利と魅力が詰まってます。

一度使うとiPhone(アイフォン)は使えなくなるといわれる理由も

使ってみれば分るでしょう。

是非、発売10周年というプレミアムな時にiPhone(アイフォン)デビューしてみてはいかがでしょうか?

そんなiPhone(アイフォン)に機種変更するなら

ドコモオンラインショップがおとくと知ってますか?

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップとはドコモが直営するECショップです。

ドコモが直営なんで在庫は豊富にあります。

またECショップなんで24時間どこからでも注文できます。

まだドコモショップや量販店だと3000~10000円かかる頭金がなんと無料です。

ECショップなんで人件費が安いからでしょうね。

しかも機種変更事務手数料2000円が無料です(FOMAからの契約変更なら割引です)

どうです?凄いおとくだと思いませんか?

注文から最短2日で届くんでさほど待ちません。

店舗で予約なんかするとそれ以上かかる事が多いです。

だけどこんな心配ありますよね?

「電話帳の移行できるかなぁ」

「最初の設定大丈夫かなぁ」

「操作について色々質問したい」

たしかにそんな不安あると思います。

ご安心ください。ドコモオンラインショップは

受取り場所を自宅・コンビニ・ドコモショップと選択する事ができます。

色々心配ならドコモショップ受取りにしちゃえばいいんです。

でしたらドコモショップで購入するのと変らないですよ。

忙しい人は是非、自宅受け取りやコンビニ受取りをご利用ください。

自宅やコンビニで受取ったって、ドコモショップへ持っていけば

普通にやってくれます。全く問題ないですよ。

機種変更にはドコモオンラインショップがおすすめですよ!

ドコモオンラインショップの良い所や欠点の解消方法まとめてみました。

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!