2017年、夏、暑いです。

まだ7月ですよ。関東はまだ梅雨明けすら発表されてません。

だけど恐ろしく暑いです。

毎日毎日30°越えしてます。早くも熱中症で何名運ばれたなんてニュースも頻繁に

放送されるようになりました。

いつも元気にお外を遊びまわっている僕ですら(子供かwww)

これだけ暑いに外には出ないでクーラーの効いた家の中でゆっくりパソコンをやろうなんて

気分になっちゃいますwww

ただ、そんな事をしていると運動不足にもなっちゃうし、体重も増えるし何かと体に悪いですよね!

それにまだ梅雨明けが発表されてません。

となるとこれが夏の暑さとはちがうのか?なんて思ったりもします。

2017年の夏は実際にどうなんでしょうねぇ。暑いのでしょうか?

またそんな日々はいつまで続くのか気になりますね。

そして「暑い暑い」といっても、やっぱり仕事や用事、学校などで外に出ないといけません。

ですのでしっかり注意点と対策をしっておく必要がありますよね。

今回はそのあたりを良く調べてみました。

2017年の夏をのりきる為に是非、読んで下さいね~

<スポンサーリンク>




2017年の夏は暑いのか?7月、8月、9月は猛暑日が続く

いきなり結論ですが気象庁がいうには

2017年の夏(7月・8月)は全国的に平年よりも気温が高くなるそうです。

気温が高くなる、つまり暑いという事です。

しかも平年よりって、

それ去年2016年もいってませんでしたっけ?

そんなことを思い2000年からの7,8月の平均気温を調べてみました。

   7月    8月
2000 27.7     28.3
2001 28.5  26.4
2002 28.0 28.0
2003 22.8 26.0
2004 28.5 27.2
2005 25.6 28.1
2006 25.6 27.5
2007 24.4 29.0
2008 27.0 26.8
2009 26.3 26.6
2010 28.0 29.6
2011 27.3 27.5
2012 26.4 29.1
2013 27.3 29.2
2014 26.8 27.7
2015 26.2 26.7
2016 25.4 27.1
2017 26.1  

こうやってみると2010年度以降から高いのが分りますね~

こりゃ毎年暑い暑いいっている訳です。

実は僕が打ち込むの面倒(www)なんで

省略してしまってますが実は1875年からのデータがあります。

大2次世界大戦前からのデータがあるって凄いですね~

これを見ると確かに昔は涼しかったみたいですね。

ここでみれるよ~

気象庁過去のデータ

若干の差はあるけど戦前などは7月平均は

25°越えない年もたくさんあります。

これは間違えなく「地球温暖化だ」なんて考えていたのですが

この暑さの原因はそれだけではないようです。

他にどんな原因があるのでしょうか?

2017年の夏が暑い原因

まず暑さの原因は先程も書いたけど「温暖化」です。

温暖化とはこんな原因です。

地球温暖化(ちきゅうおんだんか)とは、気候変動の一部で、

温室効果ガスなどの人為的要因や、太陽エネルギーの変化になどの環境的要因によって、

地球表面の大気や海洋の平均温度が長期的に上昇する現象である。単に「温暖化」とも言う。

WIKIより

WIKI先生は難しく書いてますがなんか排気ガスやフロンガスで

オゾン層が壊れるって昔学校で習いましたね。

その事ですよね?

それが1つ目の原因です。

2つ目の原因が2017の夏を猛暑にする大きな要因みたいです。

それはラニーニャ現象といいます。

うん、全く分らなかったのでグーグル先生に教えて貰いました。

ラニーニャ現象とは

南米沖の海面温度が急激に上がる事で起きる異常気象の一つです。

なんで南米沖の海面温度が関係するのだろうとお思いでしょう。

理由はこちらです。

通常時、赤道付近では貿易風という東風が吹いており、

周辺の海水は西へ西へと流されています。

このため強い日射によって暖められたペルー沖の海水も

西へ流されていて、それを補うように深海からは冷たい海水が湧きあがっています。

これが数年に一度、何らかの原因で東風が強まり、

暖かい海水はさらに西へ西へと追いやられるようになります。

結果、冷たい海水の湧き上がりが強まるため、

太平洋赤道域の中部(日付変更線付近)から南米の

ペルー沖にかけての広い海域で、海面の水温が平年に比べて低くなります。

これがラニーニャ現象です。

ラニーニャ現象が発生しますと、太平洋高気圧の北への張り出しが強まり、

日本では気温が高くなる傾向にあります。

前回、ラニーニャ現象が発生したのは2010年。

この年の「今年の漢字」第一位に「暑」が選ばれるほど、記録的な暑さになりました。

ttps://crusie-n-more.com/より転用

なんだかよく分らないけど本格的にやばそうですね。

2010年の時もラニーニャ現象で「暑」が選ばれた年、、、、、

ありましたね。全国的にあまりに暑くて氷不足になってなんて年ありました。

2017年もそのレベルで暑いんですね、、、、。

これは本格的にやばそうです・

ただそんな暑さはいつまで続くのでしょうか?

2017年の夏は暑さはいつまで?残暑?

こちらもまずは気象庁の情報を調べてみました。

気象庁がいうには

7,8月は暑い 

9月は残暑

となってます。

うーん「暑さ寒さも彼岸まで」という諺がありますよね。

2017年の秋分の日(彼岸の中日)は9月23日(土)ですので

まぁ、そんなもんでしょうか。

ただ色々調べていくと2013年もラニーニャ現象が起きてます。

その時は10月に入っても30°を越える日が多々あったそうです。

そうなると

7,8,9月は猛暑

10月は残暑

2017年はそんな風になるのではないでしょうか?

ただ、暑い暑いといっても前には進みません?

「前ってどこだよ」というツッコミはとりあえずおいておいて

そんな暑い夏の注意点と対策を調べてみました。

<スポンサーリンク>




暑い夏の注意点と対策

暑い夏で怖いのは熱中症と夏バテですよね。

こちら別々に調べてみましょう。

熱中症と注意点と対策

熱中症になりやすい環境は以下の通りです。

・気温が高い
・湿度が高い
・風が吹いてない
・急に気温があがった

これを見るとエアコンの効いてない室内などが危ないですね。

また日差しが強く風のない日も注意が必要でしょう。

またそんな日の行動も注意です。

激しい筋肉運動、なれない運動長時間の室外作業などは危険です。

そんな環境、行動、それと体調が組み合わさって

熱中症は引き起こされます。

一歩間違えれば熱中症でも人の命を奪いかねませんので十分に注意が必要です。

熱中症の対策は3つです。

・こまめに水分補給
・塩分補給
・暑い日は無理しない

まぁ、月並みで申し訳ないですがこんな事しかないです。

暑い時に無理や無茶しないのがポイントですね。

仕事などでどうしても何かやらないといけないなら

こまめな水分補給と塩分補給。最近だと色々と塩分補給できる商品もあります。

たとえばこんなのです。

1000円以下で手軽に手に入りますので是非使ってみて下さいね。

そして夏バテです。

夏バテは病気でもなければ命の危険があるわけでもありません。

ただ夏バテになると自分のパフォーマンスが落ちます。

食欲もどことなくなくなり、元気がでません。

ですので、僕は夏バテが大嫌いです。

夏バテの原因もやっぱり「暑さ」です。

暑いと汗かいてそこから栄養分がでてしまい元気がなくなります。

また体の熱をとろうと冷たいものばかり飲んだりしますよね?

これにより胃腸が弱ります。

また室内ではエアコンが入っており涼しいですが外は激暑です。

この温度差によって自律神経が乱れます。

これらが合間見えて夏バテを起こします。

対策はは当たり前ですが「バランスの良い食生活」と「水分補給」と「睡眠」と「適度な運動」

健康的な生活を送る事しかないです。

うん。熱中症はないけど僕がよく夏バテになる理由が分りましたwww

規則正しい生活を心がけるようにします。

最後にちょっとした裏技の紹介です。

車乗る人にはちょっと嬉しい裏技。

暑い夏に車に乗ろうとすると熱気凄いですよね。

そんなのを解消してくれる裏技がこちら。

これほんと?と思ったけど実際になってみると以外と使えます。

是非、皆様もお試し下さい。

<スポンサーリンク>