ついにドコモからの逆襲がはじまった。

2017年の夏に発表された新しいサービス、docomo with(ドコモウィズ)を見ていると

まさにそんな感じがします。

携帯3大キャリアの中で唯一、サブブランドを持っていないドコモ。

auはUQモバイルを使い、

ソフトバンクはワイモバイルを使い、

格安を売りにして戦略を展開してシェアをどんどん伸ばしていました。

ドコモも回線を他社へ貸し出すことでシェアは得ていたものの

あくまで他社ですからね、、、、。

そしてここに来てついにドコモの本気を見たという感じなのが、

docomo with(ドコモウィズ)です。

シェア子回線ならなんと最安280円で利用できちゃいます。

一人で使っていても3400~4000円程度で使えちゃいます。

そして端末はかなり良いスペックの物が使える。

これを見ていると強いドコモが戻ってきたと思うのは僕だけでしょうか?

今回はそんなdocomo with(ドコモウィズ)を

ワイモバイルやUQモバイルと比較しつつ、再度ご案内して行きましょう。

docomo with(ドコモウィズ)の内容

まずは再び、このdocomo with(ドコモウィズ)について確認してみましょう。

docomo with(ドコモウィズ)とは特定の機種を購入した時に使えるサービスです。

月々の支払いからずっと1500円ほど安くなります。

いままでドコモが行っていた端末サポートは月々サポートというのが基本で

購入から24ヶ月に渡り、機種変更をしない限り月々の料金から引かれるというサービスでした。

だから2年毎にスマホを購入するほうがよかった。

その考え方の詳しくはこちら

ドコモのスマホ、機種変更のタイミングはいつ?知らないと損!料金を安くする方法

ただ、今回出てきたdocomo with(ドコモウィズ)は

その考えを完全にひっくり返しましたね。

まぁ、2年毎にスマホを買い換えた方が得をするという

今までの状況がおかしいといえばそこまでなんです。

スマホの性能がもう、進化させようがないところまで来たからできるサービスともいえるでしょう。

また実はHPを良く見ると凄い事が書いてあるんです。

これだといつまでも安く使えちゃうって事なんだよな~~~

詳しく次で発表します。

docomo with(ドコモウィズ)の裏技

では、早速裏技を公開。

まぁ、裏技といってもHPに堂々とのってるんですけどねww

それはこんな使い方してもいいそうです。

端末購入補助(月々サポート・端末購入サポート等)を適用せず購入した場合や

SIMフリー端末等の既にお持ちの端末にSIMを差替えて利用した場合には

「docomo with」は継続適用されます。


??
???

これってやばくないですか?

一回対応している端末を購入しちゃえばあとはどの端末でもOKという事です。

もし使っている端末が気にいらなかったり、時間がたって新しいのがほしくなれば

SIMフリーのスマホを購入したり、中古スマホを買ってSIMカードをさして使ってもOKって事ですよ。

一番はじめは端末の縛りはありますが、はじめの1回だけです。

あとはSIMのサイズさえあっていれば問題なしです。

この方法ならdocomo with(ドコモウィズ)の格安料金で

SIMフリーのアイフォンだって使えちゃいますね。

こういう使い方を考えるとドコモが出している格安SIMって感じですね。

では、実際に料金はどのくらい安いのか見てみましょう

docomo with(ドコモウィズ)とワイモバイル・UQモバイルとの料金比較

まず、どこのキャリアがあがいてもなかなか太刀打ちできない価格

280円について見てみましょう。

まずは家族でドコモを使っているというのが大前提です。

そして、新しくドコモから発表されたシンプルプランに加入します。

家族で使っているってのがポイントですね。

そして料金はこうなります。

シンプルプランは家族以外への通話が20円/30秒かかってしまうので

ほとんど電話を使わないのが大前提ですね。

こうやって3人で計算すると1人あたり2013円。通信料は2GBです。

これをワイモバイルやUQモバイルと比較してみましょう。

YモバイルやUQモバイルで2GBのプランだと月々の料金は

1年目が1980円、2年目以降は2980円です。

基本携帯業界は2年づつで考えるので実質毎年

2480円です。

ドコモの方が500円近く安いですね。

また親回線が高いのが原因なんでもっと家族の利用者が増えたら

その分、1人あたりの負担額はお安くなります。

家族で使うなら絶対こちらの方がとくだとわかりますね。

続いては1人での利用の場合を考えて見ましょう。

こちらだとドコモの方が1000円ほど高くなってしまいますね。

ただ今回docomo withに使われているスマホは

ワイモバイルやUQモバイルのスマホと比較してもかなり高性能です。

端末については次で詳しくご案内します。

またドコモだとアフター拠点数が全然違います。

UQモバイルだとUQスポットが30店舗程度

ワイモバイルだと量販インショップを含めても1000店舗程度

ドコモだとドコモショップだけで2400店舗あります。

またドコモの電波の安定性はやはりぐんを抜いてますね。

これだけ良い所があって、1000円程度の違いです。

また、今は1人で使っているかもしれませんが

この機会に再度、家族みんなでおなじキャリアを使うのもいいんじゃないでしょうか?

格安SIMの登場により、家族がバラバラのキャリアを使い始めたなんて事ないですか?

この機会にまた家族でまとめるのもいいのではないでしょうか?

docomo with(ドコモウィズ)の端末について

そしてdocomo with(ドコモウィズ)の最大の特徴はここです。

安かろう悪かろうではない。

今回docomo with(ドコモウィズ)の対応となっているのは

2機種です。

arrows Be F-05J

Galaxy Feel SC-04J

arrows Be F-05Jは長期利用を想定し頑丈に作られているのがまず特徴的です。

細かな性能を見ても2年前に出た(Arrows NXF-04G)より全然性能いいです。

そして安いです。28512です。例えば分割にしていたとしたら

月々1100円です。

docomo with(ドコモウィズ)の割引料金の方が高くなってしまってます。

同じくGalaxy Feel SC-04Jも性能いいです。

画面は有機ELを利用。

バッテリーは大容量の3000mAh。

2年前に発売されたGalaxy S6 edgeと比べても

こちらの方が凄く性能がいいのが分りますね。

格安SIMが出している端末とは全然違うのがよくわかりますね。

また裏技で書いたように今後、自分でSIMフリーの端末を用意していけば

ずっとこの格安料金です。

ですので、とりあえずまずはこのどちらかを選べばいいと思います。

おすすめです、

ドコモで機種変更するなら

この記事を読んでいる人は大体近々、機種変更を控えている人がおおいでしょう。

もしくはキャリア乗換えを検討していたなんて人もおおいと思います。

最後にそんな方へおすすめしたいサービスがあります。

ドコモでお得に機種変更する方法。

それはドコモオンラインショップを使います。

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップとはドコモが直営するオンラインショップです。

ECショップなんで24時間いつでも注文できるし、機種変更なら送料もかかりません。

またなぜおすすめかというとドコモオンラインショップだと

ドコモショップや量販店で買うよりも安いんです。

まず、ドコモショップや量販店で買うとかかる頭金。

こんなのです。

これって店舗によって違うのですがこのお店は6480円となってます。

また全然使わないオプションに加入する必要があったりもしますね。

ドコモオンラインショップだとこの頭金が0円です!

また、今なら機種変更にかかる事務手数料2000円が無料です。
(FOMAの場合は割引です)

これで8480円もおとくになりますね。

もし初期設定や電話帳の移行、操作方法などが不安でしたら

受取り場所を自宅・コンビニ・ドコモショップと選べるんで

ドコモショップを選べばいいんです。

自宅やコンビニと届いたのをドコモショップへ持っていっても大丈夫ですけどね。

ドコモオンラインショップを使って時間もお金もお得に機種変更しちゃいましょう。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップのメリットや不安店などをまとめてみました。

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

まとめ

ドコモがついに本気を出した!

その結果がdocomo with(ドコモウィズ)

以前、ドコモがまだアイフォンを扱う前、ドコモが一人負けだから

助けて下さいなんてのをやってました。

しかしアイフォンを扱いはじめて復活してきました。

最近は格安SIMに価格でおされていたドコモ。

しかしこれが業界最大大手の本気といったところでしょうか。

これにより、auやソフトバンクはどんな動きをするのでしょうか?

そんなのも楽しみですね。

docomo withをトータル的に纏めてみました!是非読んで下さいね

ドコモウィズ(docomo with)とは!対象端末(機種)や iphoneは?料金はやっぱりシンプルプラン