アクオスの新機種がドコモよりSH-03J(AQUOS R)として発売される事が

正式に発表されました。

2017年夏にドコモより発表される機種は非常に

充実しております。

WMAでBESTに選ばれたエクスペリアのすごいのが出たり、

進化しまくったギャラクシィが出たりと

あのラインナップのどこにアクオスフォンが入り込む余地があるんだろうと

思っていました。

しかし実際に発売が決定され発表を見るとSH-03J(AQUOS R)も

色々と特徴ありなかなか捨てがたいですね。

スペックが高いのはもちろんですが、

代々アクオスが作り上げてきた物をしっかり踏まえ作りこんできているのが

よく分かりますね。

また今までアクオスはキャリア毎に名前を変えてきたのを

統一してAQUOS Rにするそうですね。

これはある程度の基盤が整い、1ブランドとして

育てていくという事ではないでしょうか?

今回はそんな新生アクオスフォンとも言えるSH-03J(AQUOS R)を

見てみましょう!

SH-03J(AQUOS R)の性能(スペック)と特徴

まずは数字でわかるスペックです。

やっぱりスペックメチャクチャ高いですね

RAMはしっかり4GBだし、

通信速度も今回ドコモが発表した

最高速度788Mbpsです。

スペックを数字だけで見ようとしても

もう、エクスペリアもアクオスもギャラクシーも

ほぼ差はないです。

ここから端末を決めるのは難しいでしょう。

そしてサービス。

こちらも安定しており、エクスペリアや

ギャラクシーと差はないです。

では、今回のアクオスフォン、SH-03J(AQUOS R)は

何が優れているのでしょうか?

エクスペリアやギャラクシーに比べ

良い点はどこでしょう。

今回、SH-03J(AQUOS R)を発売するシャープは

4つのRとうたっています。

それでアクオス Rにしてるんです。

その4つのRとは

1 Reality
2 Respose
3 Robotics
4 Reliabiltity

1に関しては映像の美しさ。

これはシャープのIGZOを指しているといえるでしょう。

画質はきれいで省エネ、シャープのストロングポイントですね。

2に関してはCPU。

高性能オクトコアを使ってます。

そして本格的にすごいのが3からです。

シャープが独自開発している人工知能

「エモパー」ってご存知でしょうか?

エモパーとは携帯に組み込まれている

会話をする人工知能を持つアプリです。

アイフォンでいうとSIRI、ドコモでいうと

しゃべってコンシェル的なアプリです。

こちらがすごい遊び心にあふれてます。

SIRIやしゃべってコンシェルはこちらが話しかけたときに

対応してくれる機能です。

ただこの「エモパー」は

エモパーから話しかけてきてくれるのです。

日頃のスケジュールや天気といったことはもちろん、

GPSなどを元にはなしかけてくるそうです。

僕も使ったことはなく、利用した人から聞いた話ですが

はじめて北海道いった時は

こんな北に来たのはじめてだねとか

ここはこの前来たねとか話しかけてきてくれるそうです。

また家に帰り、携帯を乱暴におくと

「いたい」とかいうそうですよ。

そんな風に携帯からコミュニケーションをとってくれるらしいです。

人によってはうざいと思うでしょうから

機能OFFはもちろんできます。

ただ、そんな機能を好む人も多く

すでに60万人以上が愛用しているそうです。

どうです?面白そうと思いませんか?

昔でいうと「たまごっち」や「シーマン」みたいな

感じですね。

「エモパー」使えるのはシャープ製品のみ

この夏出たシャープ製品は子のアクオスのみなんで

これはおすすめポイントの1つです。

そして最後のRは信頼です。

これはSH-03J(AQUOS R)は

2年間はどんな事があっても最新版の

OSを提供し続けるというのがベースです。

シャープは最近、他社ではありますが

アンドロイド専用スマホを出し

グーグルとは親密な関係を築いてます。

そんなのがベースとなっているのでしょう。

またアクオスを信じてほしいという感覚もあるでしょう。

シャープもいろいろあったしね。

だけど信じてほしい。

そんな強い思いを感じるのは僕だけでしょうか?

そしてSH-03J(AQUOS R)の性能や特徴をまとめると

スペックはもうどれも同じだと思う。

最高のスペックをベースにどれだけ特徴を出すかですね。

SH-03J(AQUOS R)はシャープの独自技術である

IGZOを武器に画面の美しさ、そして省エネに関して

勝負できているのではないでしょうか?

そして遊び心を持った「エモパー」

そのあたりが新しい武器ですね。

もともと高性能な液晶IGZO、

気に入ったらなかなか辞められない機能のエモパー。

それがSH-03J(AQUOS R)のおすすめポイントですね。

SH-03J(AQUOS R)の価格

そして気になるのは価格ですね。

5月25日現在はまだ発表されてません。

ただこれだけハイスペックだから高いかもなぁ。

ただ、ドコモの歴史を見ると端末代金は高くても

月々サポートをしっかりつけてくれるはずです。

こちらは分かり次第追記致します。

7月3日 価格が発表になりました。

端末代金は89,424円。

月々サポートは月々2376円で最大24ヶ月利用すれば57,024円の割引です。

実質負担額は32,400円。dポイントや特に割引がなければ

月々サポートと同様の期間の分割24ヶ月分割を組めば月々1,350円です。

SH-03J(AQUOS R)の予約と発売日と在庫について

SH-03J(AQUOS R)の予約や在庫にそして発売日についてです。

予約日:2017年5月24日11~
発売日:2017年7月7日~

この記事を書いているのが5月26日です。

という事は予約はすでに開始されてます。

発売に関してはちょっとゆっくりで

後半です。

後半に出てくる期待の端末ですね。

そして在庫に関してです。

うん、これは間違えなく在庫なくなりそうですね。

その中でも人気になりそうなのが

ドコモ限定カラー。

SH-03J(AQUOS R)はau,ソフトバンクでも取り扱いはあります。

しかし上記カラーCrystal Lavenderはドコモ限定色となってます。

ラベンダー色なんてスマホでは珍しいですよね。

これは人気でそうです。

手に入れたければ予約が必須となってきそうですね。

ただ予約の為だけにドコモオンラインショップへ行くのって

面倒じゃないですか?

そんな時におすすめなのがこのサービス。

ドコモオンラインショップです。

ドコモオンラインショップなら24時間日本全国どこからでも

予約する事ができます。

またドコモショップや量販店でかかる頭金が

3000円~10000円が無料です。

そして通常店舗でかかる機種変更事務手数料2000円が

キャンペーン中につき無料です。

これは使うしかないですね。

受け取り場所は選べる3かしょ。

自宅はもちろん、コンビニ、ドコモショップとお選び頂けます。

もし、初期設定や電話帳の移行、操作などで不安があれば

ドコモショップ受け取りにすればいいでしょう。

そうればドコモショップで購入したのと変わらず

ご利用頂けます。

頭金や契約金が安くてサービスやドコモショップと同じ。

また予約に行く手間も省ける。

そんなドコモオンラインショップはおすすめです。

まとめ

ドコモといえばエクスペリアとギャラクシーというイメージが強かったです。

しかし、ここのところ、かなりアクオスもシェアを増やしているのではないでしょうか?

とくに今回のアクオスはメーカーの全能力をいれてつくった

ブラグシップモデルです。

なかなか期待できそうですよ。

IGZOや「エモパー」を武器にどんどん攻めてきそうな勢いですよ。

楽しみです。