ソフトバンクから待望の2017夏モデルが発表されました。

その名も「DIGNO G」です!

「DIGNO G」は、京セラが製品化しています。

京セラと言えば有名な大手国内メーカーですよね。

高性能スマホと比べるとスペックはやや劣りますが、

その分機種本体は抑えた値段設定となっているようなので、

手に入れやすい機種と言えるでしょう。

<スポンサードリンク>



DIGNO Gの本体カラーは?詳しいスペックについて

「DIGNO G」の本体カラーはホワイト・ブラック・レッドの3色展開となっています。

DIGNO Gのスペックを詳しく見てみる

CPU :Snapdragon 425
外側カメラ :約1,300万画素
内側カメラ :約200万画素
ディスプレイ :約5.0インチ
:HD(1280×720)
RAM :2GB
ROM :16GB
SDカード(最大) :256GB
電池容量 :2,300mAh
連続通話(LTE) :約1,300分
連続待受(LTE) :約660時間
通信速度(最大) :112.5Mbps
高さ×幅×厚さ :約143×72×10.6(mm)
重量 :約142g

CPUを見るとQualcommの「Snapdragon 425」です。

さらにRAMが2GBとなっています。

CPUもRAMも簡単に言えば性能やメモリを示すものなので、

購入前に確認しておきたい情報です。

Snapdragon では番号の数が大きいものほど高性能と

思ってもらって良いと思います。

今は425以上のシリーズが出ていますので、最も高性能とは言えないかもしれません。

そしてRAMの場合は2GB以上あれば大体は不便を感じることもないとは思いますが、

使い方によってはもたつきを感じるかもしれませんね。

このスペックから察するに、処理能力はそこまで高くないことが分かりますね。

電池容量は2,300mAhなのでそこまで多いとは言えませんが、

コンパクトデザインと低スペックであるが

故に電池の消耗も少なくて済むので、電池もちは良好でしょう。

また、カメラの性能やディスプレイの解像度もそこまで高くないので、

最新機種の中でギリギリまでスペックを下げた仕様になっていますね。

その分コストパフォーマンスには優れた商品となっていますね!

DIGNO Gの機能と使えるサービスは?

機能面としては、スマホを介してインターネットに接続できる便利な機能の

テザリングが利用可能ですし、もちろんBluetoothも使えます。

バージョンは4.2となっています。さらに防水・防塵に対応しているので、

どこでも安心して使うことができます。そして赤外線通信も使えます。

しかし、指紋センサーやおサイフケータイ、ワンセグ・フルセグ、USB Type Cは

残念ながら機能搭載していないので注意が必要です。

DIGNO Gのベンチマークスコアは?

この表は、ワイモバイルの「Android One S2」のGeekbenchでの

ベンチマークスコアです。

これは「DIGNO G」と同じCPUを搭載したものです。

シングルコアとマルチコアを見てみると、

シングルコア平均が「674」で、マルチコア平均が「1,857」となっています。

この「Android One S2」は京セラが出している機種で、

スペックもDIGNO Gと一緒です。

なので、同等の処理能力と捉えてもらって良いのですが、

やはり性能は低めだという事が分かります。

ゲームが好きな人やアプリを沢山入れて楽しみたい方は、

操作が遅くなる可能性が高いので、気を付けないといけません。

DIGNO Gの価格

気になる「DIGNO G」の値段ですが、まだ価格は未定だそうで発表されていません。

分かり次第、追記していきますね!

DIGNO Gのカメラ性能

カメラは約1,300万画素

約1,300万画素のカメラを搭載しているので、

綺麗で鮮やかな写真が取れます。

HDR(ハイダイナミックレンジ)撮影でいつでも綺麗

アウトカメラにはHDR機能が搭載されています。

外の日差しが強い環境でも白とびや黒つぶれの無い、綺麗でハッキリとした撮影が出来ます。

手ブレ補正で失敗しない

写真撮影時には「手ブレ補正」機能があるので、

揺れを軽減した撮影が行えます。

嬉しい「手ぶれ補正」付きなので、

ブレによる失敗を防いで一回で綺麗な写真が取ることが出来ます。

DIGNO Gの特徴

強い衝撃にも耐えることができる

アメリカ国防総省制定MIL規格(MIL-STD-810G)に準拠したテストを

クリアした設計になっています。

万が一落としてしまっても、衝撃に強いので故障のリスクは少ないでしょう。

あると便利な赤外線通信

最近のスマホではあまり見なくなった「赤外線通信」ですが、

この機能がDIGNO Gには搭載されています。

赤外線通信によって、電話帳のデータや写真などの

画像を送受信できるので便利です。

画面や手が濡れていても大丈夫。快適操作!

画面や手が濡れていても、簡単に画面の操作ができます。

台所やお風呂でも快適に使うことが出来ます。

手袋をしていてもOK!画面操作ができる

「DIGNO G」は、手袋をしたままでも使うことが出来ます。

手袋が必要な冬の日はもちろん、ガーデニングやスノボなどでも大活躍です。

DIGNO Gの評価と感想

昨年、京セラから販売されたワイモバイル「Android One S2」。

これをスペックはそのままにスマホにしたものが「DIGNO G」と思ってもらって良いでしょう。

上記でも述べたように、「Android One S2」と同等のスペックなので、

残念ながらあまり高性能スマホとは言えません。

「Android One S2」自体、最新のアップデートを行うために、

機能を削っている機種です。

その機種をそのままスマホにしているので、やはり機能面は劣ってしまいます。

今では、当たり前になっている「おサイフケータイ」や「ワンセグ」などの

機能もついていませんが、

その分魅力的な価格で勝負してくることを期待しています。

格安SIMも人気を上げており、携帯会社の戦いは厳しさを増す一方で、

「DIGNO G」をいったいいくらで販売するのか、楽しみですね!

ソフトバンクで機種変更するなら

今、ソフトバンクを使っていて、機種変更を考えているなら

お得なソフトバンクオンラインショップをご存知でしょうか?

24時間日本全国どこからでも申し込みができ、

ソフトバンクショップや量販店ではかかってしまう頭金がなんと無料です。

送料ももちろんかかりまん。

もし、電話帳の移行や初期設定などが不安なら

ソフトバンクショップ受取りを選べば全部やって貰えます。

またソフトバンクが直接営業しているので、新機種の在庫は豊富です。

新規種の予約開始もソフトバンクショップと同じタイミングで開始されます。

是非、ソフトバンクで機種変更をお考えならソフトバンクオンラインショップを

利用してみては如何でしょうか?

ソフトバンクオンラインショップはこちら

まとめ

ソフトバンク、ドコモ、auとどんどん夏モデルを発表していくみたいですね。

凄くたのしみな機種が多いです。

これからも色々な端末をチェックしていきますので、良ければまた遊びに来て下さいね。

では、今回はこの辺で!

<スポンサードリンク>