あなたは上のHPを見てなんのサイトだと思いますか?

どう見ても子供のファッション系のECサイト(通販サイト)だと思いますよね?

僕もそう思いました。

ただ、これが実は

ふるさと納税サイト

なんです。

どう見たってECサイトにしか見えないwww

ふるさと納税というと返礼の品は

地方の特産物で肉野菜がメインというイメージが強いですよね。

他にはお米だったり、海の幸だったり、最近ではパソコンもあるなんて

話題になってましたね。

そんな常識を覆すのが今回ご紹介するnoma-style.com(ノマスタイルコム)。

日本初有名ブランドがもらえるふるさと納税サイトという事で

今もっとも注目されているふるさと納税サイトなんです。

noma-style.com(ノマスタイルコム)には

ジェラートピケやアディダス、マンハッタンポーテージやドンペリ、

モエシャンドンなど有名ブランドが参加しております。

今回はふるさと納税のおさらいをしつつ、

日本発有名ブランドを扱うふるさと納税サイト

noma-style.com(ノマスタイルコム)に

スポットを当ててみましょう!

<スポンサーリンク>




そもそもふるさと納税とは?ふるさと納税のおさらい

まずはふるさと納税とは何か?今一度見てみましょう。

ふるさと納税とは自分で納税する地方自治体を選べる制度の事です。

ふるさとといっても生まれ故郷や自分に関係ない場所でもOK

ふるさと納税を行うとその地域地域と特産物だったり、

ゆかりのなる品などがお礼の品として貰うことができます。

もちろん、納税と名前がついているだけあり、

ふるさと納税を納めると還付金を受取ったり、翌年の住民税が減税になったりと

納税した扱いにちゃんとなります。

確定申告で税金の還付、控除を受ける事ができます。

納税しつつ、お礼の品が貰える。そんな事で近年凄く人気になってますね!

最近では自分で確定申告行わないでもいい

「ふるさと納税ワンストップ制度」もあります。

「ふるさと納税ワンストップ制度」はこちら

ふるさと納税ワンストップ制度

ただ僕を含め、サラリーマンなど給料を貰っている人は

納税なんてしてたっけ?節税なんてできるの?

なんて思われるでしょう。

大丈夫なんです。

自分の収入に合わせてふるさと納税を行う事ができます。

ふるさと納税による、住民税控除額はこちらに詳しくのってます。

TAX SIMULATION控除額の上限を調べる

また下の動画でふるさと納税に関してまとめてありますので、

是非いちど見てみて下さいね。

ふるさと納税を利用する事により

実質2000円で色々ほしいものが手に入っちゃう。

これはとても魅力的ですね。

ただ、ふるさと納税の欠点として、地域の名産物、

主にお肉やお米、お野菜などが多くて、

人のよってはとても食べきれないよ、、、、ってな

話をよく聞きます。

それ以外にほしいものがない、なんて人も多いでしょう。

纏まった金額をふるさと納税にいれないと全然物が貰えない

そんな人いたでしょう。

ただ、今までのふるさと納税とは全然違う、新しいふるさと納税サイト

それが次にご紹介するnoma-style.com(ノマスタイルコム)なんです。

有名ブランドがもらえるふるさと納税サイトnoma-style.com(ノマスタイルコム)

noma-styleは、生まれ育ったふるさとを守りたい被災者、
それを応援したい地域団体と企業(相馬救援隊と返礼品提供会社)、
そしてあなたの想いをつなぐ、ふるさと納税サイトです。
noma-styleでふるさと納税(寄付)された寄付金は、南相馬市を通じて、
住民主体の支援団体、相馬救援隊に寄付されます。
相馬救援隊は寄付金をもとに、南相馬市の地域復興に向けた
様々な住民支援の活動を行っていきます。

noma-styleより

noma-style.com(ノマスタイルコム)は福島県南相馬市の

ふるさと納税サイトです。

noma-style.com(ノマスタイルコム)の返礼の品を見ると

ジェラートピケやアディダス、マンハッタンポーテージやドンペリ、

モエシャンドンなど有名ブランドが参加してます。それ以外にも様々なブランドが参加してます。

ただ、見ていて気になるのはどうしてこんな有名ブランドの品が

ふるさと納税の返礼の品なのって事です。

福島県南相馬市となんで様々なブランドが協力しあってるんだろうなんて思いますよね。

それにはちゃんと理由があるんです。

ご存知のように福島県南相馬市は、2011年3月11日の
東日本大震災および福島第一原子力発電所の事故により大きな被害を受けました。

南相馬市の小高区は福島第一原発から20km圏内に位置し、
南相馬市の人口約7万人のうち、小高区の2万5,000人が市外への避難を余儀なくされています。

2016年7月には、小高区からの避難指示が解除され住民のふるさとへの帰還がはじまりました。
しかし、長い避難生活により避難解除地域の元々の人口約1万人のなかで、
実際に帰還するのは高齢者を中心とした1,000人程度と見込まれています。

帰還後には、日常の交通や周囲との繋がりの維持など、さまざまな面での不足・
困難が予想されます。

南相馬市行政の努力はあるものの、人員等の限界も
あり、行政に頼らない住民同士による自助
努力が不可欠となっています。。

noma-styleより

まだまだ震災復興は続いているんです。

そこで立ち上がったのがnoma-style.com(ノマスタイルコム)

ファッションからできる新しい復興支援のカタチという事で立ち上がりました。

そのプロジェクトに共感、そして参加してくれたのが今回のブランドになっているのです。

noma-styleの返礼品は、このプロジェクトにご賛同したブランドからご提供されたものです。

地域の特産品ではありません。

ですが、ご賛同頂いたブランド様で働く人々の中には、

福島県出身者、福島県出身のデザイナー、福島県出身者を友人にもつ人も大勢いらっしゃいます。

たとえ返礼品が福島県産でなくとも“ 南相馬の復興支援のために何かをしたい ”という想いが

福島とブランドとのつながりを育み、地域の特産物に匹敵するものになると信じております。

noma-styleより

こうして、見てみるとカッコいいですね。

色々な思いを乗せてふるさと納税って行われるんですね。

まだまだ震災の被害が残ってるんですね。

みんなすっかり忘れていると思います。

まだ続いてるんです。まだ必要としているんです。

この機会に是非、協力してみては如何でしょうか?

そんなんで有名ブランドの協力もあり、

返礼の品もかなり豪華です。

いくつか紹介しましょう。

こんなファッションはもちろん

お酒や

青汁なんかもあったりして色々あります。

是非、覗いてみて下さいね。

noma-style.com(ノマスタイルコム)はこちら

noma-style.com(ノマスタイルコム)でクレジットカード

そういえば、これ質問が来そうだから先に書いておきます。

noma-style.com(ノマスタイルコム)でクレジットカードは使えないのか?

2017年4月現在はまだ使えません。

銀行振込か郵便振替どちらかのみです。

ただ、2,3ヶ月もすれば使えるようになると思うけどなぁ。

特別な根拠はないけど、大体カード使えるように許可や申請降りるのが2,3ヶ月だと思います。

クレジットカードが使えるようになったらまたご報告しますね。

他にはどんなふるさと納税があるか!

こちらはおまけなんですが、

他にどんなふるさと納税があるか?

ふるさと納税といえば、やっぱり米・肉・野菜といった

地域の特産物でしょという人はこちらがおすすめです。

ふるさと納税サイト【認知度No.1・利用意向No.1】のさとふる

有名店の食事券なども扱っているおなじみ「ふるなび」

などがおすすめです。

こちらの2サイトはモロ、ふるさと納税って感じですね!

まとめ

人助けになり、欲しい物が貰えて、税金も安くなる。

見事win-winの関係って奴ですね~~~

実質負担2000円で色々な物が買い物できちゃうんだもん。これはお得ですよ。

またそれが地方の困っている人の為になるんだもん。

何に使われるかよく分らずに払う税金よりも

誰がどんな目的で使ってくれるか分る方が税金払うほうも気持ちのいいものです。

よし、今年はいっぱい、ふるさと納税できるように頑張って働くぞ!

ちなみにふるさと納税は年中受付けてます。12月は込み合うので

早めに利用した方がいいみたいです!

<スポンサーリンク>