そういえば先日、第40回日本アカデミー賞が発表されましたね。

まぁ、先日といっても3月3日の発表なんで、

先日とは言えないかなぁwww

ただ、いきなりどうしてそんな話をしたかというと

この前、このブログでご紹介していた

ビデオマーケット。

その時の記事はこちら

ビデオマーケットのキャンペーンについて!支払い方法や評判を確認してみる

作品数がメチャクチャ多いという事でご紹介し

僕も試しに使ってるんだけど、このビデオマーケットが凄いんです。

第40回日本アカデミー賞の最優秀作品賞「シン・ゴジラ」はもちろん、

第40回日本アカデミー作品はほぼコンプリートしています。

それで僕も第40回日本アカデミー賞の事を思い出したんです。

ちなみに配信している作品はこれだけあります。

絵というか画像というかあるのがビデオマーケットで

配信している作品。こうやってみると9割以上が配信されてますね。

ビデオマーケットすげぇじゃねーか!

なんて思い今回は第40回日本アカデミー賞とビデオマーケットについて

書いていこうかと思います。では、はじまりはじまり~~~

第40回日本アカデミー賞と受賞作

3月3日に発表された第40回日本アカデミー賞。

そもそも日本アカデミー賞って何?って人もいるでしょう。

日本アカデミー賞とはこんなのです。

1. 日本アカデミー賞協会の目的
 当協会は、わが国の映画芸術、技術、科学の向上発展のために日本アカデミー賞を設け、その年度の該当者に栄誉を与えると共に、本会の行う諸事業を通じて、会員相互の親睦ならびに海外映画人との交流を計り、もってわが国映画界の振興に寄与することを目的とする。

ようするにその対応年に凄かった映画、人気のあった映画を称える賞って事ですね。

ちなみに受賞すると賞金も貰えます。金額は以下の通り。

最優秀賞でも30万と金額は安いですね、、、、。

ただ、アカデミー賞は賞金よりもその栄誉を貰うもの。

お金の問題ではないでしょうね!

で、そんな第40回の日本アカデミー賞の各受賞作品は以下の通り。

■最優秀作品賞 シン・ゴジラ
■最優秀アニメーション作品賞 この世界の片隅に
■最優秀監督賞 (総監督) 庵野秀明/(監督)樋口真嗣 「シン・ゴジラ」
■最優秀脚本賞 新海 誠「君の名は。」
■最優秀主演男優賞 佐藤浩市「64-ロクヨン-前編」
■最優秀主演女優賞 宮沢りえ「湯を沸かすほどの熱い愛」
■最優秀助演男優賞 妻夫木 聡「怒り」
■最優秀助演女優賞 杉咲 花「湯を沸かすほどの熱い愛」
■最優秀撮影賞 山田康介「シン・ゴジラ」
■最優秀照明賞 川邉隆之「シン・ゴジラ」
■最優秀音楽賞 RADWIMPS「君の名は。」
■最優秀美術賞 林田裕至/佐久嶋依里「シン・ゴジラ」
■最優秀録音賞 (録音)中村 淳/(整音)山田 陽 「シン・ゴジラ」
■最優秀編集賞 庵野秀明/佐藤敦紀「シン・ゴジラ」
■最優秀外国作品賞 ハドソン川の奇跡
■新人俳優賞 杉咲 花「湯を沸かすほどの熱い愛」
高畑充希「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」
橋本環奈「セーラー服と機関銃 ー卒業ー」
岩田剛典「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」
坂口健太郎「64-ロクヨン-前編」「64-ロクヨン-後編
佐久本 宝「怒り」
千葉雄大「殿、利息でござる!」
真剣佑「ちはやふる – 上の句 -」「ちはやふる – 下の句 –
■会長功労賞 木下忠司【音楽】
京マチ子【俳優】
鈴木清順【監督】
西岡善信【美術】
橋本 忍【脚本・製作・監督】
八千草薫【俳優】
■第40回特別賞 池広一夫【監督】
沢島 忠【監督】
萩原憲治【撮影】
■会長特別賞 出目昌伸【監督】
冨田 勲【音楽】
松山善三【脚本・監督】
■協会特別賞 相田敏春(あいだ としはる)【装飾・小道具】
赤松陽構造(あかまつ ひこぞう)【タイトルデザイン】
岡瀬晶彦(おかせ あきひこ)【音響効果】

他にも優秀海外作品賞などもあり、以下が受賞してます。

こうやってみると去年は映画が豊作だったといえる気がしますね。

「君の名は。」はネットでしか映画を見ない僕が映画館に足を運んだくらいです。

そしてその作品を抑えて最優秀賞は「シンゴジラ」

僕らの時代の凄い人「庵野秀明」監督作品ですwww

やっぱり「庵野秀明」監督は天才でした!

「庵野秀明」というとエヴァという人も多いでしょうが

僕は「不思議の海のナディア」派です。

最近、Huluで見れるのを知ってまたまた全部見ちゃいました。

今ならHuluはキャンペーンで1ヶ月無料登録キャンペーンやってるので、

無料で「不思議の海のナディア」が見れますよ。

Huluの登録はこちら

スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!

なんて話はづれましたwww

話を戻すと第40回日本アカデミー賞を受賞した多くの作品を

視聴する事が可能なのがビデオマーケットなんです。

では、ビデオマーケットの話題に移りましょう。

ビデオマーケットで配信している作品

第40回日本アカデミー賞で優秀作品賞を受賞したのは

以下の5作品です。

・怒り
・家族はつらいよ
・シンゴジラ
・湯を沸かす程熱い愛
・64-ロクヨン 前編

このうち「湯を沸かす程熱い愛」以外は全て

もうビデオマーケットで配信してます。

これはなかなか凄いですね。

はじめにも書いたけど、他の受賞作品もこれだけ配信されてます。

まだまだ旬な作品なんで、ツタヤやゲオなどのレンタルショップへ行っても

既にレンタルがないなんて事も多々あるでしょう。

しかしビデオマーケットならおうちに居たままで

これらの作品を見る事もができてしまうのです。

これ、かなり気軽ですよ。

しかも1作品見るのにほとんど432ポイントです。

1ポイント1円なんで新作DVDをレンタルしてくるのと

そんなに違いはないです。

またビデオマーケットは現在キャンペーン中で

このHPよりご登録頂ければ

初月無料となるキャンペーンを実施しています。

初月無料期間内に退会頂くと料金は発生致しません。

ですので、ポイント代だけで見る事ができます。

次の月からは月額500円で540ポイントもらえるんで

お得に楽しめますよ。

またお支払いには便利な携帯キャリア決済に対応しているので、

ドコモ、au、ソフトバンクの携帯を使っていればクレジットカードなしでも

登録できちゃいます。

使ってみて使いづらい、操作しずらい、動画が重たいなど思ったら

登録した月に解約すればお金は一切かからないので

試しに使ってみたらいいのではないでしょうか?

ビデオマーケットの登録はこちら

*配信動画は2017年4月のものです。
 変更になる可能性もありますので詳しくは公式HPをご確認下さい。

まとめ

やばいですよ。ビデオマーケットをはじめとして

インターネット上でのサービスはどんどん便利になっていってますよ。

僕の引きこもりもどんどん加速していますwww

正直、これだけ見るものあれば飽きないですね。

是非、あなたもお試し利用してみては如何ですか?

快適なネットライフがそこにはあるかも、、、、

ビデオマーケットの登録はこちら