宇宙開発といえばNASA(アメリカ航空宇宙局)

宇宙に関する分野に関しては世界一と言って間違えないでしょう。

はじめて月に着陸したのはNASAだったし、それからも宇宙開発の

最先端を走っております。

NASAに関する説明はみんな知っているでしょうから

省略しますが、なんでもそのNASAが

世界に向けて急に発表がありました。

なんでもアメリカの東部標準時22日午後1時

日本でいえば23日の午前3時より緊急発表を行うとアナウンスされたのです。

詳細はまだ明かされてないですが、まぁ色々と噂は出てますね。

今回はその辺に生中継を見る方法をご案内したします。

<スポンサーリンク>




NASAは一体なにを発表するのか?

気にある発表内容に関してはNASAは明かしていません。

分っているのは

「ひとつは「系外惑星に関する重大な新事実を発表する」と

記された会見の主旨のみです。

そこからは多くを読み取る事はできないでしょう、

ただ、そのまま終れないのがマスコミです。

色々と世界的宇宙物理学者に当たっていったみたいです。

また記者会見の参加者からも大体の内容は予想できると

大胆に海外メディアでは色々と予想されています。

そして注目されたのは記者会見に参加する中に

NASA「スピッツァー科学センター」の責任者がいる事です。

惑星科学・物理学教授や天文学者、NASA本部の

ミッション・ディレクターなどで行われ、

「スピッツァー科学センター」の責任者がいる事は珍しい事でしょう。

現在科学が発達して多くの人を調べられるようになりました。

細かな事はここでは省略するが劇的に

宇宙開発は進んでおります。

そして今回はなんと

「人間(人類)が住める星が見つかった」

という発表の可能性が高いようです。

地球と非常に良く似た人類が移住可能な星が見つかったという発表が

NASAからあるのではないかと各メディアは取上げております。

ただ、ここからは僕が探した情報なんですが、

ハーバード天体物理学研究所に現在、仕事で滞在している

忠北大学 天文宇宙科学科 助教授「早崎 公威」が

こんなネタ晴らしをしております。


ちょっとしたネタバレです(怒られない程度に)。
現在ハーバード天体物理学研究所に仕事で滞在しているのですが、
本日午後ハーバード大学のBHI(ブラックホール・イニシアチブ)という
ホーキング博士お墨付き?の研究所にてセミナーに参加しました。
その折、このネイチャー論文を読んだという研究所のディレクターから
簡単なコメントがありました。
太陽の8割程度の質量を持つ軽い星の周囲に7つの惑星が周回しており、
そのうちのハビッタブルゾーンにある惑星の表面組成を分析したところ、
「海」の存在が判明したそうです。本当であれば驚愕!ですよね。

なんて、ネタバラシをしております。

まだ人類移住ができるほどの星か分らないけど、

とりあえず、地球以外の星で海のようなものが見つかった。

そんな大発見が今回の発表に肝になるのではないでしょうか?

水があれば地球と同じように人類が住めるのではないかと

予測されてこのような報道になっているのではないでしょうか?

ハビタブルゾーン (habitable zone)とは何か

今回、初めて聞いた言葉なんで、調べてみました。

専門の方は知っているでしょうから読み飛ばしてください。

ハビタブルゾーン、もしくはハビッタブルゾーン

英語表記でhabitable zoneです。

ゴルディロックスゾーン (GZ: Goldilocks zone) と呼ぶ事もあるそうです。

天文学上の単語で生命が誕生できる場所を意味するそうです。

日本語だと「生命居住可能領域」となるそうです。

まぁ、人間が生きれる場所と思えばいいみたいですね。

僕は銀河系や太陽系などの場所を表しているのかと思ったのですが

実際の場所ではなく、概念なんですね。

人が生きれる場所を学術用語で表しているようです。

宇宙に海の画像や動画はあるか?

そして、今回予測されるであろう星、地球以外の星の海

画像や動画はあるのでしょうか?

まずは確認したいのが宇宙に海があるのはそんなに凄い事なのか?

宇宙に水はないのか?という事ですね。

これはまだ正確に確認された訳ではないですが

観察上言われている事は地球以外の星にも水はあると考えられてます。

ただ、太陽からの距離などにより、温度により固形、つまり氷になっていたり、

真空中では液体は存在できず水蒸気や氷になってしまっているのです。

ですので、海が発見されたとなるとかなりの大発見ですね。

現在はまだNASAの発表前なんで画像や動画はまだありません。

もし今回の発表が予想通り地球以外の星、宇宙に海があったとなれば

恐らく写真や動画も発表されるでしょう。

もし、予想通りでしたら追記で動画や画像をこちらでも扱いたいと思います。

ここに関してはNASAの発表後に間違えなく追記するので

気にある人はまた見に来てくださいね!

NASAの生中継を見れるウェブサイト

そして最後のトピックスは

NASAが緊急記者会見するという件です。

なんでもこれは生中継されるそうです。

日時は

アメリカの東部標準時22日午後1時

日本は23日の午前3時。

まもなくですね。

それを僕らが見たいと思えばどうすればいいでしょうか?

実はここで生中継してくれるそうです。

NASAの生中継が見れるサイト

NASAのHP

生中継時間が日本では深夜なんでなかなか見づらいでしょう。

僕が頑張って起きといて、できるだけ皆様へ生中継の内容を伝えるように

努力したいと思いますwww

もし寝ちゃってもできるだけ追記するのでお楽しみに!

追記

噂どおりのないようでした。

生命がいるかも知れない惑星の発表。そして水(海)が存在するかもしれない

星が見つかったという発表でしたね。

そして人類が住める可能性がある星が7つ見つかったとの事。

うーん、いきなり色々と発表されました。

ただ、画像や動画はほとんどなし。

こんな写真がよくピックアップされてるけど

ほとんど参考になりませんなwww

そしてNASAが発表している動画です。

<スポンサーリンク>




むむむ、こちらも英語でよく分らないけど、

大体同じ事いってるみたいですね。

まとめ

結局NASAがどんな発表をするかは定かではないですが、

人類にとって新たなる一歩になる可能性は高いですね。

とっても気になります。

それが予想通りに海(液体状の水)だとしたら

人類にとっての大きな第1歩になるでしょうね。

それではなくてもNASAがいきなり緊急発表というくらいなんで

大きな発表な可能性は大きいですね。

発表が楽しみです。

後は実際に発表後に色々と追記したいと思います。

また遊びに来て下さいね!

追記

生命、人間が生きていけそうな星が見つかる。

要約するとそんな発表でした。

しかも7つも同時に見つかりましたからね。

なかなか驚きです。

そのうち3つには水まで発見されたというのが驚きです。

そうなると宇宙人がいても不思議じゃない。

うーん、どんどん世界が広がっていきますね。

ただ遠いよ。地球から39光年先、、、、、。

これからもっともっと科学が進化したらいけるようになるんでしょうかねぇ。

<スポンサーリンク>