docomo(ドコモ) Y!mobile(ワイモバイル)

ドコモからワイモバイルに乗り換えのメリットとデメリットや違約金。端末はそのまま使える?

更新日:

ドコモを現在つかっているけど、ワイモバイルに乗り換えたい・・・と考えている方!
今回はメリット・デメリットについてをまるっと紹介!
まぁ~やっぱり大きなメリットは安さ!
デメリットに関しては、以下で紹介しますがすべて対処法があるから問題ないなと思っています。

またMNPする際には旧プランの契約では更新月以外では違約金が発生します。

端末に関しては基本SIMロック解除ができればいけるんじゃないかな!といった感じですが
その詳細についてを最後までご覧くださいませ~!

ドコモからワイモバイルに乗り換えのメリット

格安SIMならでは!料金が安い

ドコモの場合ですが、ギガライトの3GBは通常価格が3980円となっています。
しかしワイモバイルは同じ3GBのスマホベーシックプランSで
月額使用料は通常が2680円と大きく変わります。

とはいえ、単体で使っている人より家族で使っている人もおいいですよね。
家族3人以上だと、ドコモは1000円割引が入るので2980円となります。
ワイモバイルは、というと、家族割引サービスがあり、2回線目以降適用で500円割引の2180円となります。

更に、ワイモバイルには新規割がありますので6か月間はさらに値引きされて1480円!
かなり安い状況ですね。

分かりやすく表で見てみましょう

家族3人ケースデータ使用料通常料金割引額3台合計1台あたり
Y!mobileスマホベーシックプランS3GB2680円2台め以降500円割引7040円約2346円
ドコモギガライトステップ2 3GB3980円それぞれ1000円割引8940円2980円

ただこの表では、ワイモバイルの新規割は含んでいません。
新規割のある6か月間は以下の料金となります

家族3人ケースデータ使用料通常料金割引額3台合計1台あたり
Y!mobileスマホベーシックプランS3GB(新規割で)1980円2台め以降500円割引4940円約1646円
ドコモギガライトステップ2 3GB3980円それぞれ1000円割引8940円2980円

新規割があるとめちゃくちゃ安いですよね。

ワイモバイルにMNPするとしたら最初の6か月間はめちゃくちゃ安いですし
更に6か月を過ぎてもドコモよりも1人あたり600円安いですから、
かなりお得なんじゃないかなと思います^^

そしてワイモバイルは1回10分以内なら通話が無料!これも嬉しいですよね!

docomoだと5分通話無料オプションが月額700円かかりますから
この点からみてもワイモバイルは通話でもお得になりますよ!

人気のiPhoneも取り扱っている

格安SIMではその会社によって取り扱っている端末が変わります。
例えばLINEモバイルではiPhoneは取り扱っていません。
話題になった楽天モバイルもiPhoneの取り扱いがありません。

ただマイネオではiPhoneは割と豊富に取り扱っているようです。

このように取り扱い商品に差があるわけですが、人気のiPhoneを取り扱っている格安SIMは少ないです。

ワイモバイルでは現在iPhone6sと7を取り扱っています。
両機種とも最新ではないものの、まだまだ現役で使えるいい機種ですよね。

iPhone派である、という人で、さらに格安SIMで新たに購入したいとあるならば
ワイモバイルは大きな選択肢になるでしょう。

無料のWi-fiスポットが多い

ワイモバイルがソフトバンク回線であることから分かるように、ソフトバンクの格安スマホ
としてワイモバイルが存在しています。

なので、ソフトバンクのWi-fi無料スポットはワイモバイルでも使うことができます。

ただしソフトバンクWi-Fiスポットはワイモバイルで購入した端末でしか使えないという話なのですが
それは動作確認されていない端末やOSのバージョンによるところもあるようで
実際にはワイモバイルのSIMを差し込んで、Google Playのアプリの
ソフトバンクWiFiスポット設定アプリを使えば使えるようですよ!
なのでSIMフリーにしたドコモの端末でもおそらく使えると思います^^

この無料Wi-fiスポットは結構多くて
例えばスタバ、ドトール、サンマルク、タリーズなどのカフェをはじめ
JRなどの主要駅、JAL、ANA,都営地下鉄、高速SA/PAも対応しています。
身近で言えばマックやモス、ケンタやサブウェイなどのファストフード、更には東海道新幹線などでも使えます
※東海道新幹線に関してはWifiスポット設定のFONサービスをONにしてから使えるようになります

ドコモからワイモバイルに乗り換えのデメリット

キャリアメールが使えない

キャリアメール、つまり「docomo.ne.jp」のメールアドレスが使えなくなります。
ただワイモバイルでは

@yahoo.co.jp
@ymobile.ne.jp

のメールが使えますから、特別にメールアドレスが使えない状況になるということはないでしょう。

ただ、今の時代の流れからして、ほとんど連絡ツールってLINEとかですよね
それを考えると、むしろメールアドレスが必須!という人はそこまで多くないのかな、という印象です

最新機種が購入できない?

キャリアでは夏モデルや冬モデル、といった感じで新しい機種が発表されます。
Xpeiraシリーズしかり、iPhoneしかり・・・

しかし、例えばGoogle Storeで売っているGoogle PixcelやアップルストアでiPhoneを購入するなど
最新機種を手にいれる手段はあります。

中にはキャリア限定での発売機種もありますが、その点はもうあきらめるしかありません。
ただすべての最新機種が購入できない、という状況ではないので
最新機種が欲しい!のであれば、キャリア以外から販売しているところで購入すれば解決します。

選べるデータ容量が少ない

docomoではギガホが30GB(今は増量キャンペーンで60GB)ありますが
ワイモバイルではスマホベーシックプランS/M/Rのみで、それぞれ4/12/17GBしか使えません。

もし大量に通信したい、動画など毎日でも見ちゃう、という場合には
Wi-fi環境を整えたり、モバイルWi-fiの契約を別途にするなどそういった対策が必要になります。

しかし、そこまでたくさん通信しない、という場合であれば、特に容量が少なくても問題ないでしょう。

もし具体的にどのくらい使いたいか、使っているかを知りたければ
ワイモバイルのスマホプラン診断を使うといいと思いますよ!

ワイモバイル:スマホプラン診断はこちら

ソフトバンク回線になってしまう

ドコモ回線の人で、ドコモにする理由を聞いてみるとやはり「繋がりやすいから」
という、回線ならではの回答が返ってくることがあります。

やはりソフトバンクよりドコモのほうがいい、という人もいますから
この点においては電波状況に左右される場所に住んでいる人はより精査が必要になると思います。

ただしWi-fi環境が整っていればその問題はクリアできますから
例えば家は田舎で電波は悪いけどWi-fi,通勤通学エリアは電波がいいから問題ない
というすみ分けさえできれば特に回線に関する問題はなくなるでしょう。

ドコモからワイモバイルへMNPで違約金はかかる?

現在ドコモで契約している方で、ドコモからのMNPを考えている人は
今まず自分の現在契約しているプランの確認が必要です

旧プランで契約されている方は「2年縛り」の可能性が高いのですが
その場合には更新月であれば解約金は発生しません。
解約金もプランによって違い、多くの方は9500円だとは思うのですが
タイプXiにねんを10年以上使っていると解約料金は3000円のようです。

自分のプランや状況で変わりますが、更新月以外の解約は最大9500円と思っておいたほうがいいですね。

また2019年10月以降の新プランで契約された方に関しては
解約金は1000円となっています。

この時、旧プランから新プランに変更した方も、一度旧プランの更新月を超えないと
解約金は9500円据え置きですからご注意ください。

ドコモの端末はワイモバイルでもちゃんと使える?

iPhone

ドコモでもiPhoneを取り扱っていますが、iPhone6S~のものに関しては
SIMロック解除対象機種なのでワイモバイルで使うことができます。

このSIMロック解除はマイドコモからwebにて無料で解除が可能となっています。

これ以前の5C~6のiPhoneに関してはSIMロック解除に非対応となるためワイモバイルでは使用できません。

Android

基本的にはSIMロック解除ができるスマホに関してはSIMロック解除にて使うことができます
ただすべて絶対OKとは私から言い切ることはむつかしい・・・

ワイモバイルでは接続実績のある他社端末を紹介していますので
こちらに入っていれば確実でしょう

ワイモバイル公式:接続実績端末

また、他社Androidからワイモバイル契約になるとAPN(アクセスポイント)の設定が必要となります

このAPN設定に関してはむつかしいことはありません
以下リンクにてワイモバイルを使う際のAPN設定の詳細が掲載されていますので参照ください。

ワイモバイル APN設定詳細ページ

更に細かいことをいうと、ドコモの周波数とワイモバイルが使うソフトバンクの周波数は異なる部分があります

そのため、エリアによってはつながらなくなる可能性もでてきますので
持っている端末の対応周波数を確認しておくと確実だと思います。

ちなみにワイモバイルの対応周波数がこちら

もしドコモの端末のサービスエリア検索をしたい場合には、ドコモ公式サイトの、商品・サービスから端末を選び、スペックの詳細をみるを選択します

対応周波数でより詳しくみることができますよ。

ガラホ・ガラケー

確実とは言えないのですが(なんせ実績にガラケーの記載がない)
ドコモのガラホ・ガラケーもSIMロック解除ができているのであれば使える可能性はあります

経験者でドコモのガラホをSIMロック解除し、APN設定をしたら使えた!という声がありますので
できるとは思いますが、必ずしもとは言い切れませんので、その点はご了承ください。

もしワイモバイルでケータイの契約をしたい方はSIMロック解除の上、トライするのもあり
もしくはワイモバイルで端末も購入するといいと思いますよ。

結構安いのでお買い得かと思います^^

まとめ

ドコモからワイモバイルに変える場合には、周波数やSIMロック解除、APN設定など気にする点もありますが
基本的には使えるので、今使っているスマホを無駄にせず使うことができますね!

更にワイモバイルは安いのでやはりお得!

もしドコモからMNPする際には、キャンペーンなども使ってワイモバイルで安く利用してくださいね!

キャンペーンやキャッシュバックについてはこちらの記事を参照してください↓
2020年1月のワイモバイルのキャッシュバックやキャンペーン

SIM単体契約でもペイペイボーナスがもらえますから、お得ですよ♪

Y!mobile申し込みはこちらから

ワイモバイルに乗換えるならオンラインショップがおすすめ

最後にワイモバイルへお得に乗換えるオススメの方法をご紹介します。

それはワイモバイルオンラインショップを利用します。

 

ワイモバイルオンラインショップは

ワイモバイルショップやヤマダ電機などの家電量販店に比べて

以下のようなメリットがあります。

・頭金が安い
・24時間利用可能で、待ち時間なし
・不要なオプション加入の必要なし
・在庫が豊富
・オンラインショップ限定、OUTLETやタイムセールあり

如何ですか?店頭に比べてかなりメリットが多いと思いませんか?

1つづつ詳しくご紹介していきましょう!

頭金が安い

店頭がスマホの料金表を見ると頭金というものが設定されているかと思います。

この部分です。

頭金というと、高額商品を購入する際の支払い料金の一部と思っている人も多いでしょうが

携帯業界の場合は、頭金というと店舗へ支払う購入手数料の事だったりします。

ですので、オンラインショップでは店舗と比べて人件費がかからない為、

この頭金が安いです。

ショップでは頭金が10800円なのに対して、

同じ商品をオンラインショップでみると頭金が540円 になっています。

店頭が10800円なのに対して、オンラインショップは540円となってます。

約1万円近くおやすくなりますね!

機種や店舗により、頭金にちがいはありますが、ワイモバイルオンラインショップは

店頭と比べて人件費がかからないので最安値の事が多いです。

店頭よりお安く購入できるのが、オンラインショップの1つ目のメリットです。

不要なオプション加入の必要なし

頭金に続いてはオプションについてです。

ショップによっては、オプションに加入する事を義務付けていたり

オプションに加入する事で頭金をオンラインショップと同じ金額にしている店舗もあります。

こちらの店舗では価格表にこんな風に書いてあります。

頭金はオンラインショップと同じなのですがオプション加入を条件としています。

そんなオプション加入をしなくてもワイモバイルオンラインショップならお安い頭金で購入できます。

24時間利用可能で、待ち時間なし

ワイモバイルショップはまだまだ数も少ないです。

ですので、店舗はいつも混雑している事が多く

2~3時間待ちという事も多々あります。

オンラインショップならネットに繋がりさえすれば、

24時間日本全国どこからでも利用可能で煩わしい待ち時間は一切ありません。

お忙しい方はもちろん、

時間を有効的に使えるので、オンラインショップは非常にお勧めです。

在庫が豊富

ワイモバイルショップって、小さい所がおおいですよね?

ドコモやauなどはカウンターがいくつもあって、子供の遊ぶところまで完備しているようなところが多いですが、

ワイモバイルショップはカウンターが1つ2つなんて店舗も多々あるでしょう。

それだけ、店舗が狭いとやっぱりバックヤードも狭く、

あまり在庫をかかえてない事が多いです。

スマホなら欲しい機種がなく、予約という事が多かったり

iPhoneなどなら、希望のカラーがなく、説得されて違う色にするなんて事もあるかもしれません。

在庫の事を考えてもおすすめはオンラインショップです。

オンラインショップなら、広い倉庫に大量の在庫が用意されてます。

もし在庫がなくても、すぐに取り寄せてくれます。

在庫の心配なく、安心してほしい機種を購入する事ができるでしょう。

オンラインショップ限定、OUTLETやタイムセールあり

そしてワイモバイルオンラインショップの

目玉企画の1つがの限定商品です。

とにかく安いスマホを探している人などにはおすすめです。

タイムセールだと5円の機種などがあります。

一度覗いてみると面白いかと思います。

タイムセールはこちら

ワイモバイルタイムセール

OUTLETはこちら

ワイモバイルのOUTLET

困ったらチャット相談

ただ、あんまりオンラインで買い物をしたことない。

楽天やAmazonくらいでしか、買い物したことなくて、はじめてつかうサイトで買い物するのは

不安だったり、分からないという人もいるでしょう。

大丈夫です。そんな方の為にワイモバイルではチャット相談を受け付けています。

購入方法で不安な事があったらこちらで相談すれば答えて貰えます。

サイト使い方以外にも

料金プランやスマホについて何か不安があればこちらで相談にのって貰う事ができます。

ですので、はじめての方やネットでのお買い物に慣れていない人でも

使う事ができると思います

ワイモバイル買うならオンラインショップがおすすめ

ここでもう一度ワイモバイルとワイモバイルオンラインショップについて漫画で見てみましょう。

携帯代金を安くするなら

おすすめはワイモバイルです。

またワイモバイルに乗換えるならオンラインショップがお勧めです!

 

-docomo(ドコモ), Y!mobile(ワイモバイル)
-, ,

Copyright© 人間観察日記 , 2020 All Rights Reserved.