ついにトランプ次期大統領の就任式が行われます。

日時は日本時間21日午前2:00より。

うーん。どんな事になるんでしょうねぇ。

そして気になるのは日本の株価ですね。

トランプ氏が大統領になる事が決まってから

為替もそうですが日本の株価が凄く動いてます。

このトランプ氏の発言次第ではまたまた大きく動くでしょう。

今回はその辺を取り扱っていきましょう。

スポンサードリンク

トランプ次期大統領の就任式のポイントは?演説だという事

今回のトランプ次期大統領就任式でポイントなのは

記者会見ではなくて「演説」という所です。

「アメリカ・ファースト」を明言しているトランプ氏だけに

「TPP離脱」等と共に「ドル高けん制」への懸念は拭えません。

そうなるとドルの上値を押さえると考えられます。

前回はこのような理由から選挙中に

ドルが売られ、また日本の株価が大きく下がるという現象を

起していました。

ただ、思い出してほしいのが、

選挙が終わりトランプ氏が演説を行った後、

ドルは上昇に日本の株価はV字回復、そしてどんどん上がっていきましたよね。

大統領選直後の勝利演説が「優等生的なスピーチ」だったんです。

あまりに予想外すぎてドルや株価は急上昇していきました。

今回もあの時同様に記者会見ではなく

スピーチ、つまり行うのは演説です。

前回のような優等生スピーチを行えば

更なる動きを見せるでしょう。

演説までは「思惑交錯で揺れ動き」

演説後も「解釈次第で乱高下」の可能性も多々あります。

なかなか方向は決めづらい局面です。

決め打ちは厳禁ですが、期待は募るばかりですね。

さて、どうなるのでしょうか?

トランプ次期大統領の発言により株価にどう影響するか?

現在、日経平均株価を見ると順調に上がってきており

好調といえるでしょう。

20日の終値が1万9137円91銭で

前日比65円66銭(0.34%)高となっており

順調といえるでしょう。

ただ、これはトランプ時期大統領の発言を控え、

短期的に積みあがっていたカラ売りが解消されたからと

見られています。

ここに一つのポイントがあるかと思います。

先程も書いたのですが

演説までは「思惑交錯で揺れ動き」

演説後も「解釈次第で乱高下」の可能性を

大きく秘めているのです。

ツイッターで行ったような日本の特定企業に

何か影響を及ぼすような発言はないでしょうが、

間違えなくドル相場へ影響を与える発言はあるでしょう。

これは良い結果でも悪い結果でも

少なくてもとても大きな影響を及ぼすかと思います。

方向は決めづらい局面ですよね。

しっかりとトレンドが判明してから

手を出すべき相場になるのは間違えないでしょう。

どの株にしても、決め打ちは厳禁。

それは間違えなく言えるのではないでしょうか?

こういう時はどうしたいいか?

そんな時に大切なのは基礎ですよね。

株は実経済よりも

人々の予測や展望で動く事がほとんどです。

その辺に関しては、この無料メルマガを読めばよく分かるかと思います。

株の学校

ですので、今回のトランプ氏の演説が注目されるわけです。

また、難しいのは演説が実際にどのように影響するかという事。

どんな厳しい事をいっても

すでに相場に織り込み済みという解釈になる事もあります。

その場合はほぼ動かないでしょう。

まぁ、今回に限ってはそんな事ないんでしょうが

ただ、相場は動いてみるまで分りません。

では、相場を動かすのはなにか?

それは、トランプ氏の演説ではなくて

人の感情です。

相場に影響を与えるのは集団心理です。

では、集団心理を読むにはどうしたらいいでしょう。

そのヒントにチャートがあります。

例えばこんな感じです。

トレードというのは、人間心理が作り上げる波の行き先を、

確率で予測する行為そのものです。

もちろん、未来予想なんで

100%的中させるのは難しいでしょうが、

過去のチャートを読み解き、勝率をあげる事は十分に可能です。

様々なデータや指標を使い勝率をあげる事も可能でしょう!

チャートには集団心理が詰まっております、

それを上手く活用する事により勝率をあげる事ができるでしょう。

チャートから集団心理の読む方法や「投資」と「トレード」の違いなどは

こちらのメールマガジンからから学ぶ事ができます。

無料で学習できるのでまだ読んでない方は是非、一度お読みする事をお勧めします。

株の学校

まとめ

相場師を殺すのに道具はいらない。

ただ「相場」が動かないだけでいいといいます。

逆にいうと相場師を勢いづかせるには、

相場が大きく動けばいいという事です。

相場は動きさえすれば、

上がっても下がってもいいんです。

売りからでも買いからでも勝負できます。

とにかく相場が動きさえすれば

大きく儲けられる可能性は高いです。

トランプ氏が大統領に就任する事は

久々に大きな相場といってもいいんじゃないでしょうか?

それが上がるか下がるかははっきりいって分りません。

ただ、大きく動く可能性が高い事はまちがえないでしょう。

その時しっかりとした、利益を出せるように

取り組んでいきたいですね。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでます。

株の初心者におすすめの本をご紹介します!

スポンサーリンク