さきほど記事にした芥川賞に続いて

直木賞も発表されました。

さっきの記事はこちら

芥川賞の山下 澄人「しんせかい」ってどんな内容?ネットで安く買うにはアマゾン

直木賞を受賞されたのは恩田 陸さんの「蜜蜂と遠雷」

芥川賞が文学的な事に比べ、

直木賞は大衆文学とされてます。

今まで直木賞をとった作品はたくさん映画化もされてますね。

今回の恩田 陸さんの「蜜蜂と遠雷」も

近々映画化なんかあるかもしれないですね。

さきほどは芥川賞の「しんせかい」を取上げてみましたが

今度は恩田 陸さんの「蜜蜂と遠雷」を色々調べて見ました。

<スポンサーリンク>




恩田 陸さんについて!「蜜蜂と遠雷」の内容とストーリー

まずは受賞者、恩田 陸さんについてみてみましょう。

誕生 熊谷 奈苗(くまがい ななえ)
1964年10月25日(52歳)
日本の旗 日本・宮城県仙台市
職業 小説家
国籍 日本
最終学歴 早稲田大学教育学部
活動期間 1991年 –
ジャンル 推理小説・ファンタジー
代表作 『夜のピクニック』(2004年)
『ユージニア』(2005年)
主な受賞歴 本屋大賞(2005年)
日本推理作家協会賞(2006年)
山本周五郎賞(2007年)
直木三十五賞(2016年)
デビュー作 『六番目の小夜子』(1992年)

名門、早稲田出身なんですね。

ただ、文学部ではなく教育学部。

そしてもう1つ気になるのは2005年に本屋対象を受賞してるんですね。

他にも多数受賞してますね。

輝かしい経歴だなぁ。

ファンも多いんでしょうね。

そしてついに直木賞受賞といったところなんでしょうね。

有名作家が通る賞は大体受賞しているかと思います。

そして気になるのは作品内容ですよね。

ストーリーや内容は現在分る範囲ではこんな感じです。

俺はまだ、神に愛されているだろうか?

ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。

著者渾身、文句なしの最高傑作!

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。

「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」

ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は

音楽界の事件となっていた。

養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。

かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇し

CDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、

長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。

音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの

高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と

目される名門ジュリアード音楽院の

マサル・C・レヴィ=アナトール19歳。

彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。

第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

さすがに上手いですね。

マンガやドラマのストーリーのようです。

やっぱり直木賞って感じはしますね。

ストーリーや内容が面白い物が選ばれる。

それが直木賞。

メチャクチャ読んでみたいです。

恩田 陸さんの「蜜蜂と遠雷」を購入するには。やっぱりアマゾン?

そしてきになるのは恩田 陸さんの「蜜蜂と遠雷」は購入方法。

やっぱり一番安いのはキンドルみたいですね。

すでに人気作品なんでキンドルでは準備されているようです。

キンドル購入はこちら

いろいろネットを探し回って安そうなところを探しましたが

結局は書籍はアマゾンの一人勝ちです。

アマゾンで買うのが一番安いみたいですね。

書籍を探しているなら以下リンクからいけます。

書籍購入はこちら

なんかドキドキサスペンスみたいなんでメチャクチャ読んでみたい。

そんな気がする作品ですね。

まとめ

そんなんで2016年度の下半期の芥川賞と直木賞が発表されました。

やっぱり、数少ない文学系で盛り上がるイベントです。

ココで賞を取ったのは是非抑えておきたいですね。

うん、僕も少なくても文学部を卒業しているんだから

直木賞と芥川賞を受賞した作品くらいは読んでおこうかと思います。

感想見てても面白そうですよ。

ピアノコンクールを巡り、普通の人々が争う。

そして、その中に見え隠れする人間心理。

これは絶対面白い気がしますよ。

映画化もあるかもしれないですね。

是非、そのまえに書籍を読んでおきたい。

そんな事を思われる内容です。

よぉし、アマゾンに頼もう╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

<スポンサーリンク>