あのホリエモンに新恋人の噂です。

お相手の名前は「大島薫」さん。

そして、驚きの自体でこの人、男なんですよ。

カリスマ「女装男子」といわれているだけあり、

画像を見るとメチャクチャ可愛いですね。

これまで堀江氏は女優でタレントの

廣井ゆうさんと交際中といわれてました。

しかし、また週刊文春がやってくれました。

 大島さんを直撃すると、最初は戸惑っていたものの、

デート現場を確認していることを説明すると

「ウソは言いたくないので」と言葉少なに語った。

――堀江さんとはどのような関係ですか?

「曖昧な関係というか……。この前会ったときは、彼も好意を示してくれました」

――男性同士の愛情ということですか?

「同性でも愛情はあります。そこでセックス出来るか、出来ないかの違いだと思います」

――ホテルに入って行かれましたが、セックスはしているのですか?

「……そうですね」

なんて、レポートしてくれてますね。そして堀江さんにも

連絡したようですが、そちらからは確証は取れなかったみたいです。

そんなホリエモンの新恋人と言われる「大島薫」と今回の件について

色々と調べてみました。

<スポンサーリンク>




大島薫ってどんな人。WIKI的プロフィール

芸名   :大島 薫(大島かおる)
本名   :不明
生年月日 :1989年6月7日
現年齢 :27歳
身長   :165 cm
体重 : 53 kg
スリーサイズ 85 – 76 – 90 cm
(2014年時点)
職業  :元男の娘セクシー女優
     現タレント・文筆家

ざっと、簡単にWIKI的プロフィールを作成してみました。

元男の娘セクシー女優って凄いジャンルですね、、、、。

そして、もう少し踏み込んでみると更に凄いですね。

生まれと育ちはブラジルサンパウロ市、リベルダージ

ですので、日系ブラジル人らしいです。

ただ、日系人家庭同士で結婚が続いたため、

100%の血縁的には日本人だそうです。

ただ、国籍はブラジル籍。

ややっこしいなぁ、、、、・

2歳の時に来日後、5歳のときに一時帰国。その後日本で暮らしてるそうです。

血は100%日本人だけど、生まれと育ちはブラジルなんで、

明るく陽気な感じなんでしょうねぇ!

そして、なぜそんな大島薫がカリスマ「女装男子」と

呼ばれるようになっていったかを見てみましょう!

カリスマ「女装男子」と呼ばれる大島薫

漫画やアニメの男の娘に興味を持ち、15歳から女装をはじめたそうです。

そして生活の為にゲイビデオに出演。この時はまだ男の男として

出演してたみたいですね。

そして、そのままではメジャーになれないと言う事で

女装男子をはじめていったそうです。

そしてその作戦???というか思惑は見事に当たり

史上初となる一般セクシー業界で女性ホルモンなどの投与を受けていない

純粋な男性が専属AV女優となったそうです。

なんとも壮絶な生き方ですよねwww

そして2015年に引退しタレント・文筆家をやってます。

ただ、これだけだとカリスマ「女装男子」とは呼ばれませんよね。

大島薫さんは今年の4/29より

Twitter上で女装講座・完パス講座というのをやってます。

そこでの評判や口コミが凄くてカリスマと呼ばれるまでになったようです。

くわしくは大島薫さんのツイッターをご覧下さい。

大島薫さんのツイッター

フォロワー18万人とか、マジですげ~~~

大島薫の画像や動画

そして、気になるのは大島薫の姿ですよね。

いくつか探してきました。

まずは男バージョン

やっぱり、元々がイケメンだね!

そして気になる女装バージョンを何枚か。

うわーやばいですね。

全然、男には見えないですよ。

これは、もし街中で見ると騙されちゃいますよwwww

また自己紹介動画がありましたのでどうぞ!

もう、訳が分かりませんwwww

世間の声

そして、今回の件をネットでは皆様、どのように受け止めているのでしょうか?

<スポンサーリンク>




みんな、驚きと戸惑いでいっぱいですね、、、、。

まとめ

まだ、真相の程は分かりませんが、

これは驚きの事件ですね。

ホリエモンの新しい恋人にも驚きましたが、

大島薫さんという存在にも驚きました。

大島薫さんは今回の件ではじめて知ったのですが、

こんな事もあるんですね。

男なのに女子力高すぎですwww

絶対に街で会ったら、分かりませんよwww

この場合は末永くお幸せにというのが正しいのか分かりませんが、

まぁ、当人達が幸せならそれでOKなのでしょう。

うん、そういう事にして今回は〆させて頂きますwww

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます。

福袋2017年に予約できるお勧めレディースファッション!

蟹(かに)の通販でお勧めランキング(2016~2017)

<スポンサーリンク>