Read Article

十五夜2016年はいつ?お勧めの献立(レシピ)は何?

十五夜2016年はいつ?お勧めの献立(レシピ)は何?

9月。9月といえば「十五夜」ですね。

もう2016年も9月、時間がたつのは本当に早いですねぇ。

9月は他の月に比べてイベントが少ないですよね。

8月ならお盆、10月ならハローウィンといった最近の日本は

イベント盛りだくさんですからね。

しかし9月には「十五夜」があります。

十五夜といえば、月に映るウサギ、それを眺めて団子を食べる。

そしてすすきを飾る。

他のおまつりやイベントに比べて地味なイメージがありますが、

ちゃんと十五夜にも意味があるんです。

今回は十五夜について紹介していきましょう。

<スポンサーリンク>




十五夜の意味や由来など

十五夜のはじまりは実ははっきりと分かっていません。

古来中国で生まれて奈良時代に日本に入ってきたといわれてます。

もともとは旧暦のお盆、8月15日に行う行事でした。

これを現在の暦にすると9月。

9月は夏の暑さも収まり気候的に夜散歩が気持ちいい時期です。

また、9月は秋台風や秋雨のおかげで空気が澄んでおり、とても月が綺麗にみえます。

そんな事から9月に月を見ると文化が始まったといわれてます。

また「十五夜」は別名、中秋の名月とも言われてます。

秋時期に見る、とても綺麗な月という事でしょう。

ちなみに「十五夜」という言葉の由来は

月が全く見えない状態を新月というのですが、

2

(なんか小学校でやったような気がしますよね)

新月から約15日後に綺麗な満月になるので、

十五夜というようです。

(それも小学校でやったような気がしますけど、覚えてませんよね(笑))

ですので、9月中旬から10月上旬に出てくる満月を

十五夜、もしくは中秋の名月といいます。

では、今年2016年の十五夜はいつでしょうか?

2016年の十五夜はいつ?

十五夜というと15日なんじゃないの?とお思いでしょう。

これは実は半分正解で、半分は違うのです。

なんか非常に分かりづらい言い回しになってしまいすいません。

月の満ち欠けを基準にしていた旧暦と、

太陽の動きを基準にしている現在の暦にはズレが生じます。

つまり毎年若干だけど違うって事です。

毎年少しづつ月や太陽との距離がづれていて、それを「うるう年」で調整している、

確かそんなのありましたよね。

ではん、今年はいつかというと

2016年9月15日

あれ、2016年はちゃんと9月15日になってました(笑)

ちなみに今後はこの日程になっております。

2017年10月4日
2018年9月24日
2019年9月13日

本当なら「ほら、違うでしょ」という文章にしようと思ったのですが、

2016年は見事に9月15日でしたね(笑)

ただ、満月は9月17日になるそうです。

これは月の満月になる周期に14日〜16日と振れ幅がある為です。

ただ、満月の日が十五夜じゃないのは納得行きませんが、

月の見える状態ではなく、暦を基準に考えているから仕方がないですね。

十五夜にお勧めな献立(レシピ)

では、ここからが大切な所です。

テストに出るんで、ちゃんとメモをとってください(笑)

十五夜といえば、やっぱり「お団子」

「花より団子」ならぬ、「月より団子」とでもいいましょうか、

団子を気にしている人も多いでしょう(笑)

今回、ご紹介するレシピはこれ!

3
PandaWantan(料理・お菓子レシピ集♪)より引用

「十五夜 月見うさぎ団子♪」です。

普通のお団子なら、別にここで紹介しなくてもクックパットでも見てもらえば

たくさん載ってます。

だから、クックパットで紹介していないレシピを探してみました。

それに、可愛いので小さなお子様がいる家庭にお勧め、

また作り方も非常に簡単だったので、こちらをご紹介致します。

では作り方をご案内して行きましょう。

材料

白玉粉…20g
バナナ…20g
白玉粉…25g
カボチャ(皮なし)…25g
黒ゴマ…6粒

カボチャは皮の部部を取り除いて25gですよ。

作り方

1. 白玉粉20gとバナナを粒がなくなるまで混ぜる。
2. カボチャを電子レンジで500W1分間温める。
3. カボチャを熱いうちに潰す。
4. 白玉粉25gを加え、粒がなくなるまで混ぜる。
5. ひとまとまりにならない場合は分量外の水を足す。(目安は耳たぶ程度の柔らかさ)
6. 白色の生地を3等分し、うさぎの形にする。
7. 黄色の生地で平らな満月を作る。
8. 沸騰した湯でうさぎ白玉を茹でる。
9. 浮いてから2分で茹であがり。
10. 水に入れる。
11. 同様に満月白玉も茹でる。
12. 浮いてから2分で茹であがり。
13. 水に入れる。
14. 冷めたら氷水から上げる。
15. 黒ゴマでうさぎに目を付ける。
16. 皿に盛り付ければ完成。

ポイント
① 生地を纏めた時の硬さは耳たぶ程度の柔らかさがちょうどいいです。
② カボチャは熱いうちに潰す!これが大切。つめたいと混ざりづらいです。
③ 個体差により、カボチャの甘みが薄い場合は、
 砂糖を少し練り込むか、みたらしソースを付けるのがお勧め!
 この季節のカボチャなら甘いとは思いますが、お好みに合わせて調節をどうぞ。

作り方の動画があります。

こちらを見てもらうとよりイメージがわくと思います。

<スポンサーリンク>




ほら、可愛い子供達も大喜びの

月見ウサギ団子の完成です。

十五夜のまとめ

もう、いくつ寝ると十五夜~~~~~♪

かなり無理ある歌でした(笑)

9月は花火大会や夏祭りが終わりほっと一息

「十五夜」という感じではないでしょうか?

やっと涼しくなってきた空に綺麗な中秋の名月でもゆるりと眺めようじゃありませんか?

また、大切なのは「月より団子」

団子の準備もお忘れなく(笑)

この記事を読んだ人は以下の記事もよく読んでます。

スーパームーン2016とは何か?いつ見れて時間や方角などを調べてみた。

十五夜2016年は満月じゃない。ちなみに天気はどうでしょう。

<スポンサーリンク>




Return Top