Read Article

広瀬誠がパラリンピックで柔道で銀。なんでこんな人が無名なんだろう。WIKIするない

リオオリンピックの興奮が再びよみがえる

そんな事ではじまったリオパラリンピックですが、

日本勢による今大会初のメダルが決まりました。

その人は広瀬誠選手。

広瀬誠選手はこれで2度目の銀メダルです。

今回はそんな広瀬誠選手にスポットを当ててみました。

<スポンサーリンク>




広瀬誠選手のWIKI的プロフィール

名前  :広瀬誠(ひろせまこと)
生年月日:1976年11月22日(満39歳)
出身地 :愛知県西尾市住崎町
身長  :166cm
体重  :63kg
最終学歴:筑波大学理療科教員養成施設
所属  :名古屋盲学校
過去の成績:2004年 パラリンピックアテネ大会では銀メダル!
      2008年 パラリンピック北京大会では7位
      2012年 ロンドンパラリンピック 5位

スキンヘッドがとってもお似合いですね。

職業は学校の先生が本職みたいですね。

なんか、盲目の先生というとちょうど24時間テレビでやっていた

「盲目のヨシノリ先生」を思いだしてそんな先生が

メダルを取ったという事でとっても嬉しい気分です。

今回も銀メダルを獲ったわけですが、以前2004年にも

獲っているんですね。

そんな凄い人なのにWIKIすらない知名度。

うーん、もっとちゃんと取上げるべきでしょ!

だから僕が取上げてみました!(笑)

本当に目が見えないのかよ、、、

ところで試合見ましたか?

パラリンピックの場合、オリンピックと違い、

柔道は組んだ所から始まります。

だから見ていて面白い。

そして、感じるのは本当に目が見えていないの?という感じです。

目が見えていなくてもあんな動きできるもんなんですね。

もちろん、対戦相手も何か障害を持っているんでしょうが、

お互い全然そんな感じがしないんですよね。

見てみて、本当に凄い。

準決勝の試合なんか目が見えていないとは思えない身のこなしで、

見事な寝技で関節技1本勝ち。

音だけだと相手の動きは予想付かないだろうし、

どうして相手の事がわかるんですかねぇ。

なんか指先や体のセンサーが敏感なんでしょうか?

目が見えないのにどうして、あんな動きができるんだろう。

練習をたくさんたくさん積み重ねてきたのは分かるけど、

凄すぎです。

だって、目をつぶって戦っているようなものですよ。

凄いです。凄く感動しちゃいました。

広瀬誠選手はよく講演会で

ヘレンケラーの言葉を引用して

「障害は不便だが、不幸ではない」というらしいです。

なんか、試合を見ていて凄くそんな事を感じさせられました。

まさに障害は不便だけど、努力すれば跳ね返すことにできるんですね。

まさに「努力は必ず報われる」そんな言葉を体現していると感じました。

<スポンサーリンク>




ネットの声

では、今回の広瀬誠選手の事をネットではどんな評判になっているでしょうか?

2

3

5

みんな賞賛してますね。

そして、やっぱり組み手争いのない面白さをコメントしている人もいます。

僕も本当に面白いと思いました。

今の柔道はなんか、組み手までがとても複雑になってしまっており、

なんか違うスポーツみたいなんです。

やっぱり柔道はこうでなくちゃね!

広瀬誠選手のまとめ

限界のない心という事で、行われている今回のリオパラリンピック。

開会式のパフォーマンスなんか見てても限界というか逆に凄いよ。

車椅子のパフォーマンス見てても

ロケット型のエンジンでもついてるんじゃないと思えるような事を

やってるもん。

他の人たちを見ててもまるでサーカスや手品をみてるような動きしてますよ。

広瀬誠選手の柔道の動きもそうだったけど、

本当に障害を持ってるのかといいたくなるような動きですよね。

「障害は不便だが、不幸ではない」という言葉が

凄く腑に落ちました。

そんな事を感じさせてくれた広瀬誠選手、

本当にありがとうございました。

そして、リオパラリンピック、日本勢メダル1号、

そして銀メダルおめでとうございます。

<スポンサーリンク>




お勧め関連記事

木村敬一(水泳)パラリンピックでのメダル候補です。筋肉ムキムキでツイッターが上手い!

鈴木考幸(水泳)は金メダルでしょ!重い障害なんて全然感じさせない。

山田拓朗は水泳でメダルを取れるか!障害乗り越えて頑張れイケメン!

Return Top