Read Article

吉川プリアンカがミス・ワールド2016の日本代表。「象使い」の資格とは?

ミス・ワールド2016の日本代表が吉川プリアンカさんに決まりました。

そんなニュースが流れ、皆を盛上げてくれてます。

いやぁ、やっぱり、綺麗だよねぇ。世界大会でも頑張ってほしいよねぇ。

って、ちょっと待ってくれ。

なんか色々とツッコミたいところがおおいぞ。

ニュースの見出しも

像使いの資格を持つが見出しに来てるよ(笑)

そんな資格あるんですか?

それに、ミス・ワールドってなんとなくは知ってるけど、

なんなのか皆さん知ってますか?

それってミス日本が代表で出るやつと違うんですか?

そんなんで、このニュースをみて疑問だらけだったので、

調べてみました。

長くなるのが、気長に読んでくださいなぁ!

<スポンサーリンク>




吉川プリアンカさんのWIKI的プロフィール

本名   :吉川 プリアンカ(Priyanka Yoshikawa)
芸名   :本名と同じ
性別   :女性
生年月日 :1994/01/20
星座   :みずがめ座
干支   :戌年
血液型  :B
出身地  :東京都東久留米市
身長   :176.0cm
スリサイズ:B80・W62・H90
靴のサイズ :26.5cm
職種   :タレント・俳優・女優・モデル・通訳
語学   :英語・ベンガル語・日本語
資格   :免許英語検定二級/アートセラピスト
趣味   :特技英語/ベンガル語
https://kotobank.jp/word/より引用

ざっと吉川 プリアンカさんのプロフィールを纏めてみました。

なんか不思議な部分がいくつかありました。

出身地なんですが、アメリカという説もあります。

今回データを引用させてもらったコトバンクではアメリカとなってました。

ただ、ご本人のFACEBOOKでは東京都となっているので

とりあえず、そちらを採用(笑)

なんでもインド人と日本人のハーフらしいです。

直接はかかれてませんが、父が昔、家にガンジーを泊めた事があると

凄い人だったようです。そうなると父がインド人で母が日本人でしょう。

3ヶ国語を話せるなんてメチャクチャ凄いです。

僕は1ヶ国語、日本語も怪しいのになぁ(笑)

ただ、出身が東京、そして東久留米市ってとっても共感が持てますなぁ(笑)

職業も色々やってるけど、タレント、俳優としてはまだまだ無名でしたよね。

ただ、これを機会に大躍進されるかもしれないですね。

他に気になったのが、資格のところ。英語の通訳できるくらい話せるのに

英検2級て、、、、、。

必要ないからとってないのでしょうが、書かなくてもいいと思います(笑)

ベンガル語についても疑問があります。

インドってヒンズー語じゃなかったっけ?

と思ったら、インドはベンガル語という事馬が使われる地域もあるんですね。

勉強になりました。

あとはご自身の言葉で聞いて下さい。

すげぇ、当たり前の事だけど

英語がとっても流暢です(笑)

「象使い」の資格の資格について

そして、今回かなり気になっている「像使い」の資格について。

3

本当にありました。

しかも僕ら日本人でもとれるみたい。

しかも国家資格になってます。

その資格を与えてる国は

ラオスです。

かかるお金はそれぞれみたいですが、

最短で1日で資格取得が可能らしいです。

マジですか、、、、。

実際は取得する人に合わせて1~6日かけて取得するらしいです。

観光がてら取れちゃうそうですよ。

普通にツアーで募集までしてますよ(笑)

興味のある人はこっちのツアーも見てみて下さいね。

象使いトレーニング1泊2日

ちなみになる方法を調べてみたので、

簡単に紹介します。

象使いになる方法とは?

1.イス付きの象に乗る

2.象の頭に乗る
 象を操るためのラオス語で像に話しかける必要があるそうです。。

3.象にえさやり
 象は草食動物で150kgの草類や100リットルの水を1日に摂取しているとのこと。
 半端ない量ですね。

4.象の水浴び

5.森へのお見送り

以上です。

これらの事をできるようになれば資格はもらえるそうです。

とても難しいように聞こえますが、意外と簡単に取れちゃうみたいです。

実際にとった人のブログはこちらです、

こちら

<スポンサーリンク>




ミス・ワールドについて

そして、今回の吉川 プリアンカさんが日本代表となったミス・ワールドについて。

ミス・ワールドは、世界3大ミスコンテストの中でも最も歴史が長く、
1951年にイギリス・ロンドンで第一回大会が行われて以来、
64年にわたって毎年開催されているミスコンテストです。

そのミス・ワールドを開催する
ミス・ワールド機構(Miss World Organization)(本拠地:イギリス)は

1951年の創設以来、2億5,000万ポンド以上を子供たちへの寄付にあててきました。

そして、ミス・ワールド予選を行うフランチャイズ組織を

世界140カ国で認定しています。
http://missworld.jp/より引用

まぁ、簡単にいうとミスコンの世界大会ですね。

また、ここで混同しがちなのが、

ミス日本とは全然関係ないという点です。

ミス日本の基準は以下の通りです。

日本女性の真の美しさをめざして”

ミス日本コンテストは、日本を代表する美しい女性に栄誉と

実益が与えられる日本最高峰の美のコンテストです。

審査にあたっては、容姿だけでなく、
心の持ちようや社交性など幅広い人間性が問われます。
ミス日本コンテストの始まりは1950年。

初代ミス日本コンテストグランプリに輝いたのは、
昭和の美人の代名詞となる映画女優の山本富士子さんでした。

以来現在に至るまで、輝ける女性たちが歴史ある「ミス日本」の栄誉を手にし、
様々な分野で活躍しています。
http://www.missnippon.jp/より引用

それに対して、ミス・ワールドの基準は以下のようになってます。

ミス・ワールドのスローガンは「目的のある美」。
美貌のほかに知性や個性も選考の基準です。

http://missworld.jp/より引用

まぁ、やっぱりミスコンの世界版って感じですね。

ミス日本は日本女性らしい

ミス・ワールドは世界的に綺麗。

これだけ、いろんな人がいれば綺麗やかわいいって基準もたくさんあるので、

こういう選考ってとっても難しいだろうなぁ、、、、。

吉川プリアンカさんのまとめ

ミス・ワールド2016の日本代表が吉川プリアンカさん。

是非、本線でも大活躍を期待しております。

このミス・ワールドって世界的にとって有名で、

テレビ中継される国は延べ200カ国以上におよび、

視聴者は20億人に達しているそうです。

吉川プリアンカさんはこれをきっかけに

ボリウッド(インド映画界)への進出も視野にいれているそうです。

これだけ、影響力のあるイベントに参加できるんだから

確かに今後は色々な方面で活躍できそうですもんね。

今後のご活躍期待しております。

最後に発表、そして受賞の様子です。

吉川プリアンカさんのインタビューがカッコいい。

もちろんだけど、日本語も流暢で凄い。

是非、世界大会もガンバレ~~~~

<スポンサーリンク>




Return Top