Read Article

武邦彦,死因の病気の病名は? ちなみに武豊の父です。

武邦彦,死因の病気の病名は? ちなみに武豊の父です。

武邦彦さんが亡くなった、、、。

とても悲しく大きなニュースです。

世代によって、武邦彦さんの捉え方は違うかと思いますが、

JRAにとても大きく貢献した事だけは間違えないです。

しかし、なぜ急になくなってしまったのでしょうか?

武邦彦さんの思い出にふれると共に

武邦彦さんの死因を探って生きたいと思います。

<スポンサーリンク>




武邦彦について

武邦彦さんといえば、世代によってとっても印象が分かると思います。

年齢によっては、

あぁ、あの名ジョッキーのという人もいるでしょうし、

あぁ、調教師のという、人もいるでしょうし、

あぁ、武豊や武幸四郎の父親でしょ

と、いうくらい

色々な事をやっており、全てで実績を残しております。

素晴らしいホースマンでした。

では、順番に見て行きましょう。

生年月日は1938年10月20日で北海道函館市に生まれます。

太平洋戦争が終わるまでは、大きな牧場を所有しており、祖父の彦七さんは多くの騎手・調教師を育てた馬術家、

そして父・芳彦さんは北海道馬主協会の重鎮だったということもあり、身近に馬がいる環境で育ちました。

そして、終戦後、京都に移り住んだそうです。

その後、京都競馬場で厩舎を開いていた叔父の関係で騎手見習いとなり、19歳で騎手デビューを果たします。

ジョッキーとしての腕は素晴らしく

「ターフの魔術師」と呼ばれてました。

絹糸1本で馬を操るなんていわれてました。

関西所属騎手では初の通算1000勝を達成し、引退までに1163勝を記録しました。

生涯成績は通算7679戦1163勝です。

そして、1984年に調教師免許を取得し、1987年に栗東トレーニングセンターに厩舎を開業。

数多くの馬を管理してきました。

代表場としては

バンブーメモリー

メジロベイリー

などがおります。

そして、惜しまれつつも調教師を引退。

その後は競馬評論家・解説者として活躍されてました。

武邦彦さんを特集した番組があったので、宜しければご覧下さい。

<スポンサーリンク>




武邦彦と武豊

年齢によっては武邦彦さんがジョッキーだった事を全く知らない人たちもいるでしょう。

調教師も余り表舞台には出てこないので、

やはり、競馬会というと武豊さんのイメージが強いかもしれません。

ただ、そんな武豊さんがデビューの時にいった名セリフがありました。

「今は武邦彦の息子といわれてますが、

いつかは武豊の父親と思わせたい」

有限実行した武豊さんも凄いですが、

そのくらい武邦彦さんも有名で偉大なフォースマンだったという事です。

武邦彦の死因の病気の病名は?

そして気にあるのは武邦彦さんの死因です。

どのニュース見ても死因は発表していません。

ただ、武邦彦さんについて調べていくと分かるのは

大の酒好きだったという事です。

ここからは僕の予想なんですが、

そうなるとおそらく死因は肝硬変、もしくは肝臓系の病気でしょう。

8月13日追記です。

スポニチによると肺ガンだったそうです。

修正し、お詫び申し上げます。

追記も違うみたいです。

武邦彦さんの死因については未だはっきりした情報がないようです。

何か新しい情報が入り次第、追記いたします。

武邦彦のまとめ

また、昭和を代表するような人が一人亡くなりました。

とても寂しいですね。

武邦彦さんがJRAに残した功績は計り知れない物があるでしょう。

それほど、偉大な人だったといえると思います。

心からご冥福をお祈りいたします。

<スポンサーリンク>




Return Top