Read Article

羽根田卓也のWIKI。中学、高校はどこ?マツコも認めるイケメン

リオデジャネイロ五輪オリンピックで

カヌーにて銅メダル。

そんな事で一躍有名になった羽根田卓也選手ですが、

日本においてカヌー人口はとても少なくマイナーなスポーツ。

リオオリンピックのメダリストなのに

Wikipediaすらない始末です。

こんなの許せません。

また、元々リオオリンピックでメダルを期待されており、

あのマツコデラックスが

「かわいい!なんで今まで気づかなかったんだろう」

そして、

「このオリンピック代表選手を知らないなんて恥よ!」

とまで言わしめてました。

そして、イケメンから来る「キムタク」ならむ

「ハネタク」と命名。

そんくらい、イケメンでメダルに近かった選手です。

そして、今回、無事にメダルをゲット。

Wikipediaもないなら僕が徹底的に調べてあげようじゃあーりませんか!

<スポンサーリンク>




羽根田卓也のWIKI的プロフィール

【名前】  羽根田 卓也(はねだ たくや)
【生年月日】1987年7月17日
【出身地】 愛知県豊田市小川町
【身長】  175cm
【体重】  65kg
【好きな物】日本史
【学歴】  名鉄学園杜若高校、スロバキアコメニウス大学
【所属】  ミキハウス

身長もそこそこ大きく、また体重もベスト。

これはモデル体系ですね。

もちろん、スポーツマンなんで程よく筋肉付いてます。

今回メダルを取ったカヌーは

もともと父がカヌーの選手だった影響を受け、

9歳からはじめたそうです。

羽根田 卓也の中学はどこ?

羽根田 卓也選手の卒業中学校は

朝日丘中学です。

普通の市立の中学です。

ちなみに豊田市立朝日丘中学なんで、

近所にある中学校に進んだのでしょう。

カヌー部があり、特別カヌーに力を入れているわけでもなさそうです。

よくある市立の中学です。

よく、他のサイトでは、

旭ヶ丘中学となっておりますが、そちらは間違いだと思われます。

羽根田 卓也の高校はどこ?<

羽根田 卓也選手が本格的にカヌーに動き出したのは

高校からですね。

高校は

杜若高等学校です。

ちなみに「とじゃくこうとうがっこう」と読みます。

ここにはカヌー部もあり、

学校もカヌーにはかなり力を入れてます。

羽根田 卓也選手もここで力をつけ

高校3年で日本選手権に優勝してます。

ジュニアとか高校生限定とかではなく、

日本選手権ですよ。

すでにこの時から日本を代表する選手だったという事ですね。

18で日本選手権制覇だから凄い!

羽根田 卓也の大学はどこ?<

そして、羽根田 卓也選手は更なる高みをめざします。

日本選手権を制覇しちゃったんだから既に国内に敵なしと

思ったんでしょう。

単身、カヌーの強豪国スロバキアに渡り、

コメニウス体育大学に進学。

この行動力とやる気はんばないないっすよ。

だからリオオリンピックでもメダルまでいったんでしょうね。

18歳でワールドカップでスラローム男子カナディアンで日本人初となる決勝進出。
オリンピック初出場となった2008年の北京オリンピックでは予選14位。
2012年のロンドンオリンピックでは7位入賞。
2014年の世界選手権では5位、同年のアジア大会では金メダル、
2015年の五輪テスト大会では銀メダル、2016年6月のワールドカップでは日本人初の3位の成績を修めた
WIKIより抜粋

僕が調べているうちにWIKIができたみたいで、使わせて貰いました(笑)

羽根田 卓也選手はそんな数々の記憶を作っていきました。

<スポンサーリンク>




羽根田卓也を扱ったマツコについて

また実は羽根田 卓也選手はリオオリンピック前にも

ひそかに注目を浴びる機会がありました。

みんなあんまり飛びつかなかったから、忘れてさられてしまいましたが、

あのマツコが大絶賛してたのです。

それはTV番組「マツコ&有吉の怒り新党」での事。

視聴者から1通の手紙が届きます。

内容は以下の通りです。

私はオリンピックでメダルをとれる競技の選手の友達です。
競技は「カヌー・スラローム・カナディアンシングル」名前は「羽根田卓也」です。
アジアで金メダルもとっています。
こんなにメダルに近い選手なのにどこも彼を取り上げないことに怒りを感じています。
まあまあイケメンですし、もっとメディアは食いつ くべきです!
この投稿をスルーするとリオのあと後悔すると思います。

そんな手紙が来ました。

マツコは実は本人なんじゃん?なんていつもどおりの辛口コメントしてましたが、

実際に羽根田卓也選手が競技を行っている映像が番組内で流れたあとには、

マツコ&有吉の二人とも羽根田卓也選手とカヌー競技を絶賛。

そして、マツコさんがそのルックスに気に入り、

キムタクならぬ「ハネタク」と命名しました。

そして最後にマツコさんが言ってくれます。

「このオリンピック代表選手を知らないなんて恥よ!」

ただ、あまり話題にならず、消えていきましたが、、、、。

羽根田卓也のまとめ

日本では余りなじみのない競技、カヌー。

そんな競技で見事メダルをとった羽根田卓也選手。

本当におめでとうございます。

日本は水が豊かな国なんで、

本来ならカヌーが流行ってもおかしくないはずです。

実際に水を使う水泳はそこそこ強いし。

ただ、こんな風に余り有名ではない競技でも

頑張る人がいてくれて、

そして、それをみた子供たちが興味をもってくれて、

何年後か、いや何十年後に花、開いたりするんでしょうね。

柔道が元々、日本の独壇場だった見たく、

今は他の国が強い競技も長い年月を通し、日本が強い競技に変っていってくれればと思う、

今回の羽根田卓也選手のメダルでした。

羽根田卓也選手には

ありがとうとお疲れ様を心から伝えたいです。

僕がこの記事を書いてる途中に

WIKIができるくらい、今注目の人だと思います。

凄い人です。

<スポンサーリンク>




URL :
TRACKBACK URL :
Return Top