Read Article

賀来賢人について。親戚に賀来千香子 、父も業界人。エリートなのねぇ

さきほど、賀来賢人の結婚についての記事を書いたけど、

よくよく考えてみると

僕は賀来賢人さんの事、よく知らないや。

前回書いた記事はこちら

賀来賢人と榮倉奈々が結婚。二人の出会いや共演、そしてなりそめなど

カッコいいとか人気があるとかはわかるけど、

それ以外の事、よく分からないので、

このチャンスに調べてみました。

何か僕と同じような点や見習うべき所があれば幸いっす。

<スポンサーリンク>




賀来賢人さんについて

賀来賢人さんといえば、人気俳優。

そこそこ知名度もあり、人気もあります。

なので、賀来賢人さんを語るにWIKIにあるような

身長や体重、作品などは省略したいと思います。

もっと、深いところから調べていきますね。

まずは賀来賢人さんの血統というか

親戚や両親などを調べてみました。

賀来賢人さんはあの賀来千香子の甥っ子

2世タレントではないですが、まずは親戚に有名人いましたぁ・

それは賀来千香子さん。

変った苗字だしもしかしたらと思ったらビンゴでしたね!

出演作品が多すぎでどれを代表作にしていいか分らないほどの

売れっ子さんです。

賀来賢人さんはそんな賀来千香子さんの甥っ子に当たります。

もともとデビューのきっかけも賀来千香子さんだったらしいですよ。

賀来千香子さんが賀来家の家族写真を事務所で見せていた時に事務所の人から一言。

「この子(賢人)に連絡が欲しいと伝えてください」と名刺を渡し、

伝言を聞いた本人が連絡したことが始まりだったそうです。

どんなきっかけで事務所で家族写真を見せたの????

なんて突っ込みたくもなりますが結果オーライ(笑)

晴れてきっかけを掴みました。

そして、その後はいくつかのドラマで共演を果たしております。

『泣くな、はらちゃん』とかアスコーマーチ!〜県立明日香工業高校行進曲で

共演してます。

賀来賢人さんの父親

賀来賢人さんはやっぱり父親も凄いです。

業界人です。

あの「ちびまる子ちゃん」で有名な

「さくらプロダクション」で働いているそうです。

しかもかなりいい位置で、、、、。

やっぱり業界人なんですねぇ。

とこれだけ、終わっては面白くないです。

もともと賀来賢人さんの父親は

セゾングループで働いており、元総帥の堤清二さんの秘書まで

上り詰めたお方らしいです。

そこまでいくなんて本当に凄いですね。

そして、その後、どんな事があったのか知りませんが、

「さくらプロダクション」

どんな人生歩んでいるんでしょう。

とにかく凄いの一言です。

<スポンサーリンク>




賀来賢人さんがエリートな訳

今まで、血統に焦点を当ててきましたが、

やっぱり賀来賢人さん自身も凄いです。

小、中、高と一環教育の学校に通ってます。

学校法人暁星学園です。

そして、青山学院大学に入学。

お坊ちゃまが行く大学ですね。

もちろん、頭の良さも大切ですが、

育ちも大切です。

余談ですが、そうはいいつつも学食は安くておいしいです。
僕も近くいったら全く関係ないのにある振りして食べてます(笑)

で、話を戻すとそんな青山学院大学を中退しております。

自分のやりたい事、芝居の道に進むと決めたんでしょうね。

まるで尾崎豊みたいです。

*尾崎豊は大学ではなく高校ですけどね。

自分の道は自分で決めて突き進む。

それが真のエリートでしょう。

賀来賢人さんがエリートな訳2

2007年にデビューしてからは、数々の映画やドラマで活躍していますが、
実は音楽も得意でショートフィルムの挿入歌を歌ったり、
デビューの前からロックバンドも組んでいるそうです。

こんな動画をご覧下さい。

そして、歌が上手い。

アミューズ所属の俳優さんは基本歌も上手いといわれてますが、

やっぱり上手いですね。

歌が上手い人は何をやっても上手く行きますね。

やっぱり賀来賢人さんはエリートの素質がありますね。

賀来賢人さんのまとめ

こうやって調べてみて思うのは、

20

賀来賢人さんは生まれも育ちも凄い。

そして、自分のやりたい事をしっかりやってると思います。

だから素敵な奥さんを得る事ができたのでしょう。

僕と同じ点は余り見つかりません。

また真似れるポイントもないなぁ。

あ、あった。

性別が同じでした(笑)

いや、そんな事じゃないです。

賀来賢人さんは自分の好きな事を見つけて必死でやってきてるんです。

だから僕も自分の好きな事を見つけて、必死でやろう。

そんな事を思う今回のニュースでした。

お勧め関連記事

賀来賢人について。親戚に賀来千香子 、父も業界人。エリートなのねぇ

<スポンサーリンク>




URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

Return Top