Read Article

蜷川幸雄の死因の病気の病名は何?闘病生活との戦い!

10

本日、5月12日、驚きのニュースが入ってきました。

あの世界的な演出「蜷川幸雄(にながわゆきお)」が亡くなったと訃報が入りました。

本日5月12日の午後に都内の病院でなくなったそうです。

舞台の演出家や映画監督として数多くの作品を手がけその作品は舞台はしらなくても

名前を知っている人は多々いると思います。

また、体調を崩しながらも5月25日より

初日の舞台「尺には尺を」の演出を予定し、

4月の稽古からの復帰を名言していただけにとても残念な結果となってしまいました。

もともと闘病生活を送っており、それでも最後まで芸術家であり、演出家でいようとした

蜷川幸雄さんの闘病との様子は余りに壮大です。

そんな蜷川幸雄さんの死因となった病気はなんだったのでしょうか?

闘病生活とはどのようなものだったのでしょうか?

以下のように纏めてみました。

1、蜷川幸雄さんの死因の病気の病名は何?
2、蜷川幸雄さんの闘病生活との戦い!
3、蜷川幸雄さんからの学び!そしてまとめ

<スポンサーリンク>




蜷川幸雄さんの死因の病気の病名は何?

まだ今回の死因について正式な発表をされてませんが、

去年の12月より肺炎を患っておりました。

すでに80歳という高齢で免疫力そして抵抗力も弱っていたんだと思われます。

過去には心筋梗塞や狭心症で大手術もしており、

かなり弱っていた事が見受けられます。

また稽古場には酸素吸入器をつけて通っていたといわれており、

肺炎の可能性が高いと思われます。

また正確な情報が入り次第追記したいと思います。

正式に肺炎と発表されました。

肺炎による多臓器不全だそうです。

蜷川幸雄さんの闘病生活との戦い!

上記しましたが蜷川幸雄さんが肺炎にかかったのは

去年の12月の事です。

そして、上記もしましたが4月には演出家復帰を目指しておりました。

おそらくこの時もかなりつらい闘病生活を送ったのでしょう。

闘病生活といえば

こんなエピソードがあります。

肝臓などの不調が続き香港公演の途中に緊急帰国して入院した蜷川幸雄さん。

しかし1ヶ月後には鼻に酸素吸入チューブを挿し、車いすに乗ったまま

稽古場に来られたとか。その際も誰よりも大きな声をだして

みんなは「死んでしまうのではないか?」と心配したそうです。

また香港へ行く前からすでに不調は感じており、こんなコメントをされてます。

「体調は良くなかったけど、言えば行くなと言われるので黙っていた。
(下血した時は)やったなと思った。搬送された香港の病院が面白かった。
黒沢明監督の『どん底』の世界。これは頭に記憶するぞと思った」。

どれだけ、舞台、表現、そして芸術に命をかけているのでしょうか。

凄すぎます。

<スポンサーリンク>




蜷川幸雄さんからの学び!そしてまとめ

蜷川幸雄さんにとって、舞台とは戦場という人もいますが、

爆破本当の自分の居場所だったのではないかと思います。

なんでも、、舞台以外では意外とシャイで自宅などでは声も小さかったとか、、、。

ただ、舞台に関する事となると誰よりも元気で大きな声で話したんでしょう。

よく蜷川幸雄さんがマスコミを煙たがっていたのを覚えてます。

だけど、舞台に関するインタビューや質問にはよく答えてくれてました。

確かによく言われる蜷川節はあったけど、それも蜷川幸雄さんらしさではないでしょうか?

男の居場所は「戦場」という人も多いかもしれませんけど、

僕は戦場というよりももっと自分の居場所と思える場所。

例えば、天国にもっとも近い場所だったのではないでしょうか?

だから最後もその近くで迎えたいと思っていたと思えるのは僕だけでしょうか?

どうですか?神様???

神様

お前にしては良い答えじゃないか?

でしょ?それだけ 蜷川幸雄さんの生き方は素晴らしいと思えたんで、

そんな風な生き方見つけたいですね。

最後になりましたが

蜷川幸雄先生、心からご冥福をお祈り申し上げます。

お勧め関連記事

「涙腺崩壊」蜷川実花、インスタグラムで父(蜷川幸雄)への追悼の言葉

蜷川幸雄さんのお通夜。多数の著名人が涙

PS 蜷川幸雄先生の生きる覚悟です。
  とても心に響きますね。

<スポンサーリンク>




URL :
TRACKBACK URL :
Return Top